2013年09月25日

共存の池

DSCN2755.jpg

朝、庭のメダカ池を見るとトノサマガエルがいる。
水中にじっとしており緑色の模様もあって水草に擬態しているのかもしれないが、その存在は丸わかりである。

しかし、そこにメダカが数匹通りかかるのだが、メダカは全く警戒心がない。平気で体や足の上を泳いで渡っている。カエルがもしメダカを食べようと思えば難なく食べることができるように見えるが、カエルはメダカを食べようという様子が見られない。
カメラを取りに家に戻るとカエルは池から外に出ており、人が近づいてきたのに気づいて池の水中に飛び込む。
きょう以外の日でもカエルは池の縁のしめった土手にいることが多かった。カエルはどうも水べりの土の上にいて、ダンゴムシとかそういった小さな虫を食べるのを好むようである。

陸上のほうがエサになる小さな虫が多いのだろうか。両生類として水中から陸上へと歩を進めたカエルの陸上を志向する様子が感じられる。

posted by 進 敏朗 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 第2次メダカ池 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月20日

池掃除

DSCN2670.jpg
水草を除去

秋になった。
メダカ池を覆い尽くしていたホテイアオイ、トチカガミの水草の一部を除去し、水面が見えるようにする。夏の間は、メダカが産卵するので、水草を動かすのをやめていたが、もう9月も下旬となると、産卵期も終わっただろう。
池に放ったホテイアオイは二株だったがいま見ると、10株以上に増えており増殖力のおう盛さを見せつけられる。


DSCN2682.jpg

あらためて池の水面を覗いてみると、大小のメダカが見られ、概数で30匹くらいいるように見受けられた。

ほかにも鉢や水槽にもメダカがおり、その表面を覆う水草を除去したり、ひとつの桶を整理してメダカを移したりした。計5カ所で、50匹くらいのメダカがいることがわかった。はたして翌春までに何匹が生き残るだろうか。

DSCN2703.jpg
ホテイアオイなどを一部除去した鉢の様子



DSCN2666.jpg
水槽にいるエビ



posted by 進 敏朗 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 第2次メダカ池 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月04日

ホテイアオイ開花

DSCN2338.jpg
ホテイアオイの花

朝、庭のメダカ池を見ると、ホテイアオイが開花していた。
紫色をした薄い花びらが清涼感をさそう。

厚ぼったい濃緑の葉とは対照的な印象。
花をよく見ると、6枚の花びらがあり、6枚のうち一番上の花びら1枚だけに黄色と青の模様がついている。その花が10個くらい、一本の茎にまとまってついており、遠くからでも虫を呼び寄せようという植物の苦心?が見て取れる。

しかしこのホテイアオイは、種子で増えるほかに株分かれして増殖し、5月に小さな株を2つほど入れておいたものが、今、気づくと全部で6株になっており、サイズも大きくなった。南米原産、驚異の増殖力。

数年前、琵琶湖の赤野井湾で夏、ホテイアオイが一斉に咲いているのをみたが、ウキになっている茎はまるでビール瓶のような大きさだった。

今はすっかり駆除されてしまっている。ホテイアオイは冬になると大部分が枯死し、水底に沈んでしまい富栄養化の原因となってしまう。

琵琶湖で見たやつに比べればまだ小さいのだが、池はあっという間に、トチカガミとホテイアオイによって覆い尽くされてしまった。

メダカの生育には影響はないと思われるが、水中の水草の生育に多少、影響があるかも。
水草の物理的な大きさがあるので、池をつくるには、ある程度の大きさがないと、いろいろと不都合が生じることを思わされる。






posted by 進 敏朗 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 第2次メダカ池 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月02日

学校池

DSC_0109.jpg
中庭にあった池

所用で草津市内の小学校に行くと中庭に池があり、スイレンが覆っている。
スイレンだけでなくヨシも生え、水中にはオオカナダモが茂りメダカが泳いでいる。
そこにギンヤンマがつがいで飛んできてスイレンにとまる。
見事な学校の池にしばし見とれる。入念に手入れをされている

DSC_0121.jpg
スイレンに止まったギンヤンマのつがい

池は縦長の十字型をしており、ひとつの辺が手を広げてはかると一辺が約3メートルだったので、たてが9メートル、よこ7メートルくらいだろうか。水深は目視で40aくらい。
これくらいの規模があると、夏でもそう簡単には水草に覆い尽くされることはないだろう。メダカがよく見える。

DSC_0122.jpg
午後になり閉じたスイレンの花とメダカの群れ

コンクリで固められ州浜はなく垂直に壁が落ちている。
これは元々ビオトープとして設計されたものではなく、おそらく当初はコイの池だったものがビオトープにつくりかえられたものと想像する。
ビオトープとして作るのなら、もっと州浜状の地形があってしかるべき。
学校の池からもコイがどんどんいなくなり、メダカの時代がやってきたのではないだろうか。


posted by 進 敏朗 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 第2次メダカ池 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月20日

夏池

DSCN2033.jpg
池の水草を一部刈って水面が見えるようにする

7月上旬に湖国を襲った猛暑はこのところ勢いがおさまり、けさの彦根の最低気温は21.4度とまるで6月に戻ったような気候。
最高気温も30.6度と夏の晴れた日としては涼しいほうで、何より湿度が低めの様子で日陰が涼しい。

毎年のことだが梅雨時期以降、庭に蚊が濃くなり、軽減策として草刈りを挙行。きょうはそれほど暑くないのを見込んでのことだが、きょう1日ですっかり刈ることはできない。

メダカの第2次池は昨年同様漏水を始めたが、このところ小康状態を保っている。
午前7時半ごろと午後5時半ごろに給水をしているが、給水から約7時間後の午後2時半にみると、水位はマイナス約2.5センチとさほどの減水ではない。
夏至の前後ころはもっと漏水が激しかったような気がする。水位が減るのは漏水だけではなく、やはり植物が根から水を吸収して茎をのぼり、葉っぱから蒸散させるといった作用や、表面からの蒸発もある程度は影響しているのではないだろうか。そのことはまた、来年の早春にでも底を掘り返してみて、樹木の根がだいぶ粘土層に伸長していたら裏付けられるだろう。

池の表面は成長著しいホテイアオイはじめ、トチカガミで水面がほぼ覆われてしまった。これでは水の中が観察できないので、トチカガミの葉をちぎって、水面が見えるようにする。

DSCN2036.jpg
水草の根に似たメダカの背中

すると陽が差す場所を求めるかのように大小のメダカが集まってくる。数ミリのやつから1センチくらいのもの、3センチ以上ある親魚までいろいろだ。
メダカの背中には白い筋が走っているが、これが水草の根とまぎらわしく、なぜメダカの背中にはこのような筋が入っているのかを理解した。
水中からくぐもった「ケケケケケ」とという音が聞こえてくるので水底を見るとツチガエルがいた。カエルは水中でも鳴くことができると初めて知った。

DSCN2023.jpg
トノサマガエルと目が合う

DSCN2022.jpg
〈おまけ〉梅を干す


posted by 進 敏朗 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 第2次メダカ池 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする