2019年06月16日

京都迎賓館の池

DSCN0274.JPG

京都を訪れた母の希望で京都迎賓館を見学した。
京都迎賓館は京都御苑の中の北東のあたりにあった。
当日、10時前に入口前につくと、テントがあって受付をしており、受付をすると地下に駐車スペースへと連れて行かれた。

DSCN0262.JPG
截金の室内装飾

ガイドの案内で迎賓館を回った。
パーティー会場や、最後には豪華版の料亭のような部屋を見学。

京都工芸界の総力を結集した調度品に見入った。
江里佐代子氏の截金(きりかね)の装飾が見事だった。仏像を飾るために発達した技術が、仏像を離れ純粋に室内装飾として成立している。シンプルで木の肌に合って豪華だった。早世が惜しまれた。

DSCN0283.JPG
スイレン生え、ニシキゴイ泳ぐ

迎賓館は平屋で「ロ」の字をしていて、池を取り囲む形となっていた。
ロの字の内側のほぼ全部が池で、その真ん中を、屋根の付いた木製の渡り廊下が通っている。
ここまで広々とつくられた池のつくりに驚いた。

池はたいそう広い。ガイドの人に聞くと、水は隣の梨木神社と同じ水源で、地下から引いて、それを循環させているのだという。
いまこうした池ではニシキゴイよりもメダカを放す池が多くなってきたが、京都迎賓館の池では色とりどりのニシキゴイが泳ぐ。
小さな稚魚もいる。
池底は角ばった石でできていて、緑色の苔がついている。

DSCN0287.JPG
池遊び用舟

ブータン国王夫妻が遊んだという船も。専用港がかっこいい。
これだけ広い池なので、舟もこぎがいがあるだろう。ただ、池が浅いので平底の小舟だ。

池で舟遊びは平安朝から伝えられる。広い池の庭園は、もともと盆地内の各所に池がみられた京都ならではのものかもしれない。
池に目が奪われた迎賓館めぐりとなった。

posted by 進 敏朗 at 11:57| Comment(0) | 水辺を見る(滋賀以西) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月26日

トンボ池

DSC_9138.JPG
京都御苑のトンボ池(午後2時ごろ)

京都御苑のトンボ池が公開されているというので見に行った。
トンボ池は御苑南東の丸太町通に近い場所にあった。

DSC_9112.JPG
池へのゲート

このような池があることを知らなかった。
京都は先日が34.2度、この日も33度を超す5月としては記録的な猛暑。
だけど湿度は低めで、木陰に入るとだいぶ涼しさを感じた。

DSC_9119.JPG
循環水と、地下水も混ぜているという流れ込み

池は一辺が20メートルくらい(目視)で全体に浅い。
西半分は植物に覆われている。
上の写真のように、管から勢いよく水が流れ込んでいて、これが池を巨大な淀みと化するのを防いでいる。
勢いよく出ている水は、循環式で、地下からくみ上げた水も混ぜているという。

DSC_9126.JPG
ハンゲショウ

広い葉っぱの植物はハンゲショウということで、湿地に育つ。
背の高い細い葉っぱはガマ。
これらは植えたものではなくて、自然にまかせているうちに生えてきたのだという。

細くて水色などの色をしたイトトンボも飛んでいる(技術的に撮影できず)。

DSC_9129.JPG
モリアオガエルの卵

そして池の上に伸びた枝には、モリアオガエルの卵があった。

DSC_9123.JPG
モリアオガエル

モリアオガエル、見学者の注目が集まっているので、それは草の中にいることが知れた。
黄緑色で、滑らかな質感の皮膚。まるで草餅のよう。いつまでも草の上の同じ場所にじっとしている。

モリアオガエルがこんな街の中にいるとは思わなかった。
係員の人に聞くと、モリアオガエルは、産卵の時には池に集まってくるが、それ以外の時期は、森の中で過ごしているという。案外、水辺から離れた環境を好むのだそうだ。

平地田んぼ地域に育った筆者としては、身近なカエルとしては、トノサマガエル、ツチガエル、アマガエル。
自宅のメダカ池は、ツチガエルが優勢となってきて、夜、ディーゼルエンジンのような鳴き声に悩まされる。
しかし、モリアオガエルの鳴き声はそこまで油感はなくて快適とさえいえる。


DSC_9140.JPG
トンボ池の説明

このトンボ池は、もとは苗木を育てる場所だったのが、今から25年前に防水シートを敷いて池としたのだそうだ。
人為的に動植物を持ち込まず自然にまかせて、生えてくる植物や入り込んでくる動物、昆虫を観察しているという。
するとこのようにモリアオガエルや、何種類かのイトトンボが見られるようになった。

魚ではドジョウ、モツゴがいるとのこと。そして案内看板では、メダカも生息しているらしいが、水面を眺めて魚は見られなかった。
これだけの規模の池で、魚が見られない池というのは意外な感がする。

池の主役は魚、と思っている筆者のような人間にとっては、魚の見られない池はまるで、具があって麺がないラーメンのように思われた。
しかしそれは池というものをせまくとらえた見方なのかもしれない。

DSC_9139.JPG
池の生物の説明版

京のまちなかにたたずむ本格ビオトープ、トンボ池。
貴重植物を守るという理由で公開は年数日に限られている。
水草の生え方なども年によって変わるのだそうで、長期にわたる生態の変化が観察できる。
公開日が少ないが、日が合えばまた訪れてみたい。













posted by 進 敏朗 at 00:00| Comment(0) | 水辺を見る(滋賀以西) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月25日

梅津

DSC_9010.JPG
JR太秦駅南側の下り坂

京都市右京区のJR太秦駅で下車、南に歩くと急な下り坂があって、桂川がかつて嵐山から京都盆地へと東流していた跡だという。

DSC_9012.JPG
京福電鉄の踏切から北側を見る

2月というのにすっかり春の陽気。
地球温暖化を肌で感じさせる暖冬。梅の咲きも例年より早い。

梅の名所では京都の北野天満宮が有名だが、右京区の梅宮大社には550本といわれる梅が植わっていて、
「梅津」という一帯の地名の由来になっているという。

「梅津」にはもうひとつ説があり、桂川の土砂が一帯を埋めた津「埋め津」という話。
保津峡から嵐山へ出た桂川の流れは東流したあと南に向きを変え、ひらがなの「し」の字を描くようにカーブしている。
その「し」の字カーブ内側の一帯が梅津。
低地なのが特徴で、地図を見ると嵐山の渡月橋の北詰が海抜37メートルに対して、梅津では29メートルしかなく、となりの桂川の河原とほぼ変わらない。
川の土砂が埋まってできたという説明もさもありなん。

さらに梅津のなかに「罧原(ふしはら)町」という地名もあり。
「罧」は、水の中に木の枝などを沈めて魚を捕る柴漬け漁の柴のことという。
漁ができるワンドとか池があったとしてもおかしくない。

DSC_9013.JPG
古墳と幼児

住宅地の中に踏み入ってほどなく、フェンスに囲まれた大きな古墳の石室が見えてきた。
これが京都府最大といわれる横穴式石室の蛇塚古墳だと、案内板にあった。

DSC_9020.JPG
古墳を円形に取り囲む道路と住宅

DSC_9015.JPG
航空写真

周囲の住宅が円形に取り囲んでいて、もとは前方後円墳だったことが航空写真から見て取れる。
有名な奈良の石舞台古墳よりも玄室幅が広いということで、首長クラスの墓だったとみられている。

この場所、冒頭の坂の南側で、低地の中にある。
古代に一帯を治めた渡来人の秦氏の治水技術をもって桂川を堤防の内側におさめ、
豊かな村に変えたというアピールなのだろうか。
土地との結びつきを強く印象づける古墳の場所選びだ。

DSC_9025.JPG
西高瀬川

蛇塚古墳からものの2、3分で、西高瀬川の橋に出た。
西高瀬川は丹波地方の木材などを京のまちなかに運ぶために整備された運河だ。
千本三条まで開通したのが1863(文久3)年、伏見で鴨川につながったのは1870(明治3)年とのこと。

わずかな地面の凹凸をなぞっているのか、微妙なカーブがいいね。
などと感興にふける。

幅4メートルくらい(見た目)の水路に、澄水がゆるやかに流れる。

もともと桂川が東流した関係で、土地は東に向かってゆるやかに低くなっているから、
東に向かう水路を掘るのは理にかなっていたと言えよう。


DSC_9031.JPG
西高瀬川にかかる住宅用の橋

すこし東側に歩くと、川がウオータースライダーのようになって深く掘り込まれ、その東側は住宅用の小橋が多数、懸けられていた。橋の下から川の水面は3メートルくらいあってけっこう高い。
そのため橋には転落防止のため高さ1メートルのフェンスがかけられている。

DSC_9038.JPG
有栖川

西高瀬川の南を東南向きに流れる有栖川も、水遊びができそうなくらいきれいだ。
昭和から平成になり、川がきれいになったことはこの時代の美点と言えるのではないだろうか。

DSC_9037.JPG
まちかど水族館

住宅の外側に、水槽が展示しているかのように置いてあり、
フナ、オイカワ、ナマズ、ドンコ、カマツカといった魚が泳ぐ。
近くの川で捕れたのだろうか。

DSC_9041.JPG
野菜ショップ

周囲はまだ農地もわりと残っていて、家の軒先などに、野菜販売所を数か所見かけた。
のどかさを感じさせる。右京の平野。

DSC_9049.JPG
梅宮大社の楼門

とまあ各所で足をとめながら、小一時間、歩いているうちに、梅宮大社の楼門に着いた。
朱塗りではないのでお寺の門みたいに見える。立派な門だ。

DSC_9057.JPG
紅梅

全体としては五分咲きだったが、それでも早咲きの品種ではもう散り初めもあり。

DSC_9052.JPG
白梅

紅、白、ピンク、大きいのや小さいのでは盆栽まで、各種の梅が楽しめた。
観光客の数もほどほどで、ゆったりと鑑賞できる。

「埋め」と「梅」。ごろ合わせのような、地名の二説。。
しかしここでは低地に梅が咲いているので、二つの説が融合しているのであった。

DSC_9058.JPG
庭園の池

梅宮大社は庭園の池の水が豊富だ。
やはり桂川近くの低地という地の利が生かされている。

梅宮大社の所在地は梅津フケノ川町といことで、わき水があったんじゃないかと思わせる地名。
池の水量を見てそれも納得させられる。

梅を見ながら池の周囲を一周。
このメーンの池のほか勾玉(まがたま)池もあって、カキツバタの季節には、そうとう見応えがありそうだ。

DSC_9079.JPG
ニシキゴイ泳ぐ

メーン池は真ん中の島を周回するつくりで、流れ込みもあって、
ニシキゴイもすいすい泳ぐ。
広くてフレッシュな水のいい池に気持ちのいい日差しが降り注ぐ。

DSC_9105.JPG
松尾橋からみた桂川(下流方向)

神社を出て、四条通を西に行くとほどなく松尾橋があって桂川を渡る。
ワンドでは野ゴイが川底をさかんにせせっている。
古代の梅津でもこういう光景が見られたのではないか。

水辺の早い春を楽しんだ。

(参考文献)「地図でみる京都 知られざる町の姿」(海青社)





posted by 進 敏朗 at 11:16| Comment(0) | 水辺を見る(滋賀以西) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月07日

山科疎水・毘沙門堂

DSC_8849.JPG
山科駅ホームから北のほうを見る

滋賀県から京都に行く手前に山科がある。
京都市だが京都盆地ではなく、別の川筋に広がる小盆地。
大津駅付近から車窓を見ると、北側に琵琶湖が広がっているのに対して、山科は北が山となっている。
冬場は、滋賀県は曇っていたりしても、山科に入った途端に晴れていた、なんてことも珍しくない。

DSC_8855.JPG
山科疎水。東側をみる

山科駅で下車、線路をくぐり毘沙門堂への一本道を北上すると、疏水の橋がある。
コンクリ底の水路はゆるやかなカーブを描き、水は少しだけ流れている。

DSC_8858.JPG
谷川

毘沙門堂に入る石橋の川。

DSC_8864.JPG
毘沙門堂の石段

まるで山科盆地を見下ろす要塞のような立地の毘沙門堂。ひろい高台があって境内となっていた。

DSC_8867.JPG
庭園の心字池

池泉回遊式の庭園(有料)の心字池は、山からの水を引いている。
お堂の左奥に滝がこしらえてあった。
水が絶えず供給されるから、池の底は泥底で浅くなっているのに水は澄んでいる。
夏に来たら、サルスベリが水面に映えてきれいだという。

DSC_8881.JPG
山科疎水の説明版

さて、山科駅へ戻る途中、もういちど疏水をみる。
大文字山(465メートル)から山科盆地へと南下する安祥寺川が、山科疎水と交差する地点があるが、どう交わっているのかが見たかった。

DSC_8895.JPG
安祥寺川(手前)の上を横切る疏水(前方が南)

それは上の写真のように、川の上を疏水が横切っていたのだった。

琵琶湖の水面が海抜86メートルで、京都の銀閣寺道交差点が、国土地理院の地形図によれば76メートル。
琵琶湖の水を京都に通す疏水は、なだらかな勾配で東から西へとつながっている。
地図の等高線をみると山科のあたりでは標高80メートルと90メートルの間をとおっている。

DSC_8887.JPG
安祥寺川の人工三段滝

安祥寺川の流路も、疏水建設に際して人工的に変更されたようだ。
交わる地点のすぐ上流に上の写真のような三段滝があった。
かなりの時間が経過して、川幅の中央のほうがへこんでいい感じになっている。

このくらいの規模の山からはこれくらいの川の流れができるのかと妙に納得した。
ほどほどに水量がある。

DSC_8899.JPG
ゆるやかなS字カーブを描く疏水

山が突き出した地形に沿って、疏水はゆるやかなカーブを描いている。いい感じのS字だ。

今回は山科の疏水を初めて見た機会だった。
posted by 進 敏朗 at 13:58| Comment(0) | 水辺を見る(滋賀以西) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月24日

曽爾高原

DSC_8646-鎧岳と兜岳.jpg
鎧岳(左)と兜岳

奈良県の曽爾高原に行く。
瀬田から信楽、伊賀市、名張市と南下するが、青蓮寺湖のダム湖沿いを通り曽爾に至る県道81号線が通行止めになっており、険道を通って国道368号線に抜け、東回りに名張川沿いを南下。
廃校の小学校を見、回り道をして曽爾村に到達したら、出発から3時間近くがたっていた。

見たことのない尖った形をした山が見えてきた。鎧岳(894メートル)だ。

DSCN9948 曽爾高原.jpg
曽爾高原

曽爾高原は俱留尊(くろそ)山(1037メートル)の西側斜面に広がるススキが原。
なぜここに、ススキが広がっているのか。毎年、山焼きを行って草原を維持しているようだった。

DSC_8652 曽爾高原とお亀池 - コピー.jpg
お亀池

高原はすり鉢状の地形になっていて、くぼんだ場所があり池があった。
谷を人工的に仕切っているのではなくて、天然のくぼ地で、水がたまっており池となっていた。

DSC_8661 ススキの穂.jpg
穂が広がりかけたススキ

ススキは池の周りでよく育っていた。
この池の存在が、ススキが原と関係があるように思われた。

DSC_8655 池の水面.jpg
池の水面

池はだいぶ浅くて、水の中をみると、陸地の植物が生えていたから、昨晩の雨で増水したものだとわかった。
おそらく山から流れてきた泥が、池底に厚くたまっているのではないだろうか。


DSC_8669 山の景色.jpg
山里の景観

切り立った巨岩の風景。火砕流が固まった溶結凝灰岩でできているという。
かつて日本海ができた1500万年前のころは、このあたりから紀伊半島にかけて、大規模な火山活動があった。それの跡だという。
どれくらい大規模な火山活動かというと、このような火砕流が厚さ数百メートルも堆積するくらいだから、それはもう破滅的な火山活動だったに違いない。
ここらあたりで堆積した火砕流を、「室生火砕流堆積物」という。
溶結凝灰岩は、その火砕流が冷えて固まった岩にほかならない。

火砕流に覆われた地形はもともと、もっと平らだったはずだが、そうした火砕流が固まった岩はそんなに固くないので、雨で削り取られるなどし、固い岩の芯みたいな部分が残ってこのような山になったと考えるという。

曽爾高原の池、なぜあそこに池があるのか。
それは、山崩れなどでくぼ地状の地形ができたのが原因とみられるという。火砕流からできた岩はもろいから。
ということは、大地震になると、こうした険しい形をした山は、大規模に崩れるおそれもあるということなのか。恐ろしい話だ。

いまでは近畿地方のこのあたりには火山はないのだけど、昔の陸地のつくりは、だいぶ違っていたみたい。

DSCN9960 鎧岳.jpg
鎧岳を東側から見る

それにしても緊迫感を誘う形だ。

こんな険しい山、登ることはできるんだろうかと思ったが、調べると西側のほうから登山道があるみたい。

DSCN9957 鹿.jpg
鹿

里を流れる青蓮寺川に降りようとしたら、鹿に遭遇。もう1頭、河原のほうから出てきてほうにのぼっていった。
ジャンプが軽やかだった。遠目に見ると、鹿は軽快な動物だ。
山の中でだいぶ増えているのだろう。

DSCN9971 河原の岩.jpg
河原の岩

鹿の足跡が残る河原には、灰色をした岩が横たわっている。
こういう灰色の岩は滋賀県ではあまり見ない気がする。
これもあの山と同じ岩なのか。

よく見ると、岩の中に、別の石が閉じ込められたような模様がある。
もと火砕流なのか。火砕流、固まって岩になるなんて、まったく大地の働きはすごいもんだなと思った。





posted by 進 敏朗 at 09:35| Comment(0) | 水辺を見る(滋賀以西) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする