2021年05月25日

水無瀬の滝


五月の心地よい天気の中。
大阪府島本町を訪ねた。
島本は京都府大山崎町に隣接していて、阪急の大山崎駅でおりると、水無瀬離宮はあちら、という道標が立っており、駅前の西国街道を大阪方面に歩くと、5分もしないうちに府境に出る。
DSC_9069 水無瀬川.jpg
水のある水無瀬川

水無瀬川は、その名が表すように下流部は、水が伏流して流れがないはずだが、2日前の大雨の影響で、この日は豊かな流れがある水有り川だった。
DSC_9083 水無瀬神宮の森.jpg
島のような水無瀬神宮の森

水無瀬神宮には平日ながら、ポリタンクに名水をくむ人がたえない。この日の島本来訪の目的は、後鳥羽上皇の水無瀬における滞在地の探索。
かつて水無瀬離宮だった神宮は桂川から近い低地にあり、船でのアクセスが便利だったとみられる。
船着き場もあったはずだが、それはどこだか分からない。川の地形も、800年前とは変わっている。

DSC_9088 森のまわりの湿地.jpg
森の周りの堀

神宮は濠に囲まれていたような感じで、低地の趣があった。
離宮はいちど、桂川の洪水を受け、その後は近くの高台に建て直された。それが承久の乱の5年前の1216年のことだったという。
その場所は、10年前くらいの調査で、大手製薬会社の研究棟が建っている高台のところから庭園跡が出てきた。
ちょうど水無瀬神宮からは真西の方向だった。

さて、そうした水無瀬離宮関係の施設を確認した後、滝に向かった。
五月の午後はさわやかで、少しだけ暑かった。
西国街道の水無瀬川の橋から、少し山崎方向に進んで、セブンイレブン前を山手に進む。

DSC_9155 滝への入り口.jpg
滝へ誘う名神下のトンネル

住宅街の道を行くと、名神の下をくぐる道があった。名神の向こうが滝だった。

DSC_9157 名神高速.jpg
名神高速道路には島本町の看板が

DSC_9159 滝近づく.jpg
滝が近づいてきた

滝は、高低差は20メートルくらいだろうか。岩を削って見事な景観。

DSC_9165-水無瀬の滝.jpg
水無瀬の滝

これも2日前の大雨の影響で、天王山からの水量が多く、涼をさそった。
やっぱり滝は、水が多い時に見るに限る。
後鳥羽上皇や定家も訪れただろう。その時は静かな滝だっただろう。
西国街道の分岐から徒歩10分とアクセスもよくて、地元のシンボル的な景観ではないかと思われた。

DSC_9174 名神.jpg
滝のすぐ前は名神高速道路

すぐ脇が名神だったとは知らなかった。注意していれば、運転していても、左ルートの左車線からは一瞬、ちらっと見ることができるのではないだろうか。
だから通過車両の音も相当するので、音環境はあまりよろしくない。

少し暑い日.jpg
少し暑い日

こうして歩いてみると、後鳥羽上皇の鎌倉時代には存在していた街道や滝などがあって、高速道路から見るのとはまったく違った空気感があった。





posted by 進 敏朗 at 00:00| Comment(0) | 水辺を見る(滋賀以西) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月16日

紀州の浜と川

今年は承久の乱から800年。
京都文化博物館でそれを特集した展覧会が開かれているのを4月下旬に見た。後鳥羽上皇や藤原定家の筆跡はじめ、後世に描かれた合戦の絵図。後鳥羽天皇の下がり眉、など、味わい深かった。ほどなく緊急事態宣言で閉館となり、展覧会もそのまま終わってしまった。ぎりぎり見れてよかった。

歴代皇族の中でも行動的だった後鳥羽上皇。僧侶への弾圧も行っていることも知り、それは残念な気がしたが、歴史上の人物の実像のほうを自分がイメージするキャラクターへ落とし込むことはできない。展覧会の説明だと、ねたみから女性に人気の若手僧侶らを捕えて処刑、流罪としたというが、そういうこともやったのか。まあそこは昔と今は社会も違うので、現代の感覚で昔の人の行いを断じてはいけないということだろう。

後鳥羽上皇は24年間で28回も熊野詣をしたそうである。いちど旅立ったら1か月くらいの行程となり、これを毎年、行っていたわけだから相当な体力で、定家らお伴の人もだいぶ消耗しただろう。それだけ世の中も平穏だったのか。
熊野に行っている間に女官が出家してしまい、それが法難につながったがったということもあったそうだが、ひと月も家を空けるようなことが定期的にあったら、目が届かなくなることも仕方ないだろう。

さて後鳥羽上皇らは熊野に参詣しただけでなくて、行った先で和歌も詠んだ。そのときの紙が「熊野懐紙」といって今でも残っているからすごいものだ。
その現場に行ってみたくなり和歌山を訪れた。滋賀から和歌山はけっこう遠いのだが、行ける時に行っておきたい。後鳥羽上皇ではないがお朋を連れて。

DSCN7791 千里の.jpg
千里の浜

高速道路で出ること約3時間。
和歌山県に入り、和歌山市から海南、御坊と南下した。
高速道路は山を突き抜けてトンネルの連続だ。
御坊市より南から海岸に近づき、印南で降りて海辺に出た。
そこには王子という、熊野大社を本拠地とする神社が海岸にあった。
和歌山の道沿いに王子社が続いている。
千里(ちさと)浜に面していたが、浜は波が打ち寄せ不気味だった。
ウミガメも産卵にやってくるようでキャンプ禁止などとなっている。
筆者は山陰の日本海を海の基準としているためウミガメ、さすが太平洋側だと思った。

DSCN7777 貝の王子.jpg
置かれた貝類

ここにも後鳥羽上皇らご一行が来ていたことが伝えられる。
貝の王子ともいわれ、貝が奉納されていた。
柵の上に、この浜で拾われたと思われる小安貝といわれるタカラガイ類や、イモガイがびっしり並んで印象的な光景をかたちづくる。

DSCN7807 小安貝.jpg
小安貝の口を並べてみた

この神社、これだけ海に直面しているから、津波が来たら流失してしまいそうだが、過去にそのようなことはあったのだろうか。
そこで私と朋も、貝を拾って奉納した。

DSCN7806 拾った貝.jpg
拾った貝

そして一部を持ち帰った。
砂浜の植物をいろいろと見学。
また、崖を見ると礫岩のような、石が集まってできたピーナッツチョコのような黄色っぽい岩で、これがために、このへんの浜の色は、紀伊半島に多い黒っぽい砂利ではなくて、黄色いやつと黒いやつの二つの色の場所からできていた。

DSCN7793 礫岩.jpg
崖から落ちてきたとみられる大石


DSCN7817 滝尻王子.jpg
滝尻王子社

そこから、田辺を通り過ぎ、富田川沿いを上ること約10キロ。
中辺路の入り口に滝尻王子があった。
そこで後鳥羽上皇のご一行が和歌を詠んだ。
そこは川沿いの静かな社だった。その場所までは谷沿いに、わりと平坦な道を進むが、そこから先は峠道となり、さあいよいよここからだ、というポイントであったようだ。
歌を詠む興趣も盛り上がったのだろうか。

DSCN7818 富田川.jpg
富田川

富田川の水は透明であった。鮎は、まだ遡上していないみたいだった。

翌日はかなり早い梅雨入り。田辺にある南方熊楠邸を見た。
朋が、子供の頃熊楠が好きだったといい邸宅訪問に興奮気味だった。
町の一等地らしく大きなお屋敷が並んでいた。
熊楠邸も敷地が広くて母屋や別棟、収蔵庫となっていた倉庫を備えた立派な邸宅だった。
小屋の一角には年月がたって色褪せた貝もある。

広い庭園には多種の樹木があって、新種の粘菌を発見した柿の木などが残っていた。
安藤ミカンというミカンがあり、そのミカン汁を熊楠は毎日飲んでおり、地域での栽培をすすめたということだった。

粘菌と言えば先日、田上の山中で、友人らと山をめぐり、それらしきものを源流部で見たばかりで、粘菌づいている。
熊楠邸では梅雨がはじまって、蚊も出現したが、熊楠は夏季、裸ですごしていた上に、蚊屋に入らなかったとある。どうやって蚊の来襲に備えていたのだろう。刺されても平気だったのか、刺されないような蚊取り線香類、薬などの対策が入念だったのか?

標本箱のありようについて、マッチ箱のような方式がきれいだなと朋と話す。
海と山、川、入り江や谷間に広がる町や集落。
田辺の町は、駅前の規模や雰囲気からは滋賀でいえば近江八幡か、長浜くらいの感じの大きさに感じられた。

熊楠邸DSC_3757 .jpg
熊楠の書斎

熊楠は和歌山城下で生まれ、進学で東京、その後アメリカ留学、イギリスに渡ったのち、帰国して、住んだのが和歌山県南部の中心都市、田辺で、明治から大正、昭和初期にかけての時代にこれだけ世界を見て回った人が、帰国後に地方の町に住み続けて、わりと食べて飲んで自然に分け入り、やりたいことをやって心安らかに生活を送っていたように見受けられた。
そのころ田辺にはまだ鉄道も通っておらず、交通手段は汽船だった。背後には古くからの信仰を集めた熊野の森があって、港がある田辺の町は汽船の便があり、新聞社や慰楽の場もあって、文明世界との結節点のようだった。こうした地域の中心地に定住して、中年以降晩年までをすごした人生を思い浮かべた。










posted by 進 敏朗 at 00:00| Comment(0) | 水辺を見る(滋賀以西) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月25日

箕面大滝

DSCN6886.JPG

有名な箕面の滝を見に行った。
まだ紅葉シーズンに入っていないのでそこまで人出はなかったが、大阪府なのでそれなりに混雑していた。
天気がよくて、滝の水面近くに虹がかかっていた。
滝が南側に面しているから昼ごろ、日差しが当たるのだった。
水しぶきのミストがスクリーンとなって虹が出るようだった。思ったよりもいいものだ。
江戸時代の頼山陽の漢詩の碑もあって、数人で大人の遠足で訪れたようだった。昔から景勝地だったようだがそれもうなずけた。
これは12月の雨の後の晴れた日の正午前ごろに来ると、虹が高くなっていいかもしれない。



posted by 進 敏朗 at 21:35| Comment(0) | 水辺を見る(滋賀以西) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月15日

犬川

DSCN6869.JPG

長岡京に犬川という川があった。
西山山麓から発し、小畑川と合流して、桂川に注ぐ小さな川だった。
滋賀県には犬上川という川があるが、動物の名前そのものずばりの名前とは。
あと、滋賀県には狼(おおかみ)川という川もあるが、これは地名の「老上(おいかみ)」から来ているとされている。
犬川にはどういう由来があるのだろう。


DSCN6868.JPG
鴨や亀が見られた犬川

堤防は高くて、角度もあり、川の中に近づくのは難しい。
大雨になると水かさが増すのかもしれない。

posted by 進 敏朗 at 00:00| Comment(0) | 水辺を見る(滋賀以西) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月17日

法金剛院のハス

DSC_0330 ハス.jpg
満開のハスの花

山陰本線・花園駅は雨の中。
京の花の名所、法金剛院を訪れた。
花園、ここは30年以上前、受験のため鳥取県から京を訪れたときに泊まった宿があった思い出の地。
丸太町通にあったその宿はなく、古かった駅舎も高架駅に。
でも妙心寺前の丸太町通のカーブやアップダウンの感じは昔のまま。
そこで初めて知った「餃子の王将」も、二階建ての建物になって繁盛している。

DSC_0331 庭園.jpg
ハスで埋め尽くされる庭園

ハス見学は2日前までに予約が必要で、受付では検温も。コロナ対策で庭園だけの見学となった。
そのためか見学者はそれほど多くなくて、静かで庭園の情趣を楽しめた。

DSC_0368 境内図.jpg
境内案内図

平安初期に貴族の別荘として開発された法金剛院。
その由来を、下の写真にアップした。
「法金剛院」と名付けたのは平安末期の待賢門院で、今に伝わる庭園とかはこの時に造営されたのではということだった。
京都で平安時代のようすがわかる庭園や建築は案外少なくて、貴重な機会だった。

DSC_0387 説明.jpg
法金剛院の案内看板

ホテルなどの観光開発が近年急速に進む京都だが、右京の花園駅前は案外静かだ。
法金剛院は丸太町通の花園駅正面にあって、静寂に包まれる。
右京の静寂はうちが守ると主張しているような。

DSC_0355 傘の花咲く.jpg
傘の花

塀の外の車の音も庭園の緑に吸いとられ、俗界とは遮断された浄土のような庭園。


DSC_0379 ハスと寺.jpg
庭園のハス

庭園のハスは水面から高く伸びて繁茂し一風変わった風景だ。

DSC_0337 青女の滝.jpg
現存する国内最古の人工滝、青女の滝

そして見たかったのが、現存する国内最古の人工の滝「青女の滝」。
どんなだろうと見てみたら、巨石を組み合わせ、まるで古墳の石室のような趣だった。
もしかしてその石室づくりの技術が転用されたのか。あんまり自然のミニチュア再現といった感はなく、いかつい見た目だ。
石は垂直よりも内側にへっこんで水が空中に落ちるようになっている。
そのサイズ感、部屋のようにくぼんだ滝の形状から、もしかして、滝の下に人が立って、水ごりができるように設計されたのかも、などと思ってしまう。
ともあれ、池の上流に滝があって、やっぱりこれは、水が山の源流から来て池に注いでいることを表しているのではないかと思った。

DSC_0382 洲浜とコイ.jpg
池の洲浜とコイ

滝の下流にある池は、説明板によると昭和45(1970)年に発掘されたとある。上に建物が立っていた時代もあったようだが、池は平安時代の形をとどめているとみられる。

一角には丸石を用いた洲浜があって、コイが浅瀬に群れていた。
池の洲浜は、近年平安時代のつくりが復元された平等院鳳凰堂の池にも見られるが、この洲浜も平安時代の意匠だったのか。

やせたコイが背中を出して、浅瀬の石についた藻のあたりを盛んに食んでいる。
必要以上の餌は与えないのだろう。なんというか寺全体から質素な雰囲気がにじみ出ている。

DSC_0386 水滴.jpg
ハスの水滴

鉢植えのハスは間近に見られて良い雰囲気。
小雨の中、葉に落ちる水滴がころころとはじかれていくのも趣があった。
やっぱり庭園に池は必須であったのだなあと、平安貴族の庭づくりを思った。


posted by 進 敏朗 at 00:21| Comment(0) | 水辺を見る(滋賀以西) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする