2021年01月01日

天王山初日の出

DSC_7472.JPG
天王山登り口(午前6時ごろ)

2021年が明けた。
世界的な新型コロナウイルスの流行。前年が始まった時には、こんなことになっているとは思いもしなかった。
まったくわからないものだ。世界の先行きはますます混とんとしてきた。
それとは別に、筆者の生活多忙化によりブログの更新頻度が昨秋より大幅に低下してしまった。
コロナとは関係のない事象だが、振り返ると、コロナの流行とともに、水辺行が制限を加えられているような印象も受けないことはない。
これはちょっとは改善の道をさぐりたい。
いちおうは日記として書いているから、あのとき何があったのかを記すうえでも、月2度くらいは書いておきたい。
それには時間も必要だが、いまは正月休みなので、時間があるのだった。

さて、元日は、初日をみようと京都の天王山にのぼった。
前日までの寒波襲来で天気はどうなのかと心配したが、予報では晴れ、路面の積雪もなく、滋賀から車で、6時前にJR山崎駅近くに到着。
電車でも来れるかもしれなかったが、新型コロナ感染予防の観点から車にした。
山上が「密」になってたら、困るなあと思ったけど、先月天王山に予備登山をし、倒木被害の伐採が進んで眺望が開けた地点を発見、これは穴場だと思い、そこに行けば多少、人が来ていても初日が無理なく拝めるぞと踏み、決行することにした。


DSC_7476.JPG
初詣の準備もすんだ宝積寺

まずは山崎駅東側の駐車場に停めると大阪などから10台以上の車が止まっている。
踏切を渡り、急坂を10分ほど登ると宝積寺に出る。
打ち出の小づちで有名な寺。まずは参拝し、登山の無事を祈る。
登山って、天王山なんてそんな大したものでもないのに、と思う向きもあるかもしれないが、暗闇のなか山を登るのは初めてだったので、前日から大丈夫かなあと思っていた。加えて氷点下の寒さもあり(京都市のこの日の最低気温マイナス0.6度)、つま先カイロなど防寒対策をしっかりほどこし、ヘッドライトをつけて踏み出した。

DSC_7479.JPG
真っ暗な登山道

照明のない登山道はしかし、幅も広くてよく整備されていて、最初は急坂の区間もあるが、ライトさえあれば別にどうということはなかった。
いや、一カ所で、登山路が折り返していたのに、こっちかなとまっすぐ行きかけたが、すぐに道が狭くなったので、これは違うなと気づいて引き返したら折り返しの道があった。
日ごろから、登山道をきれいにすべく整備してもらっているおかげだろう。


DSCN7104.JPG
サバンナの夜明けのような(午前6時半ごろ)

天王山の日の出観望スポットは「旗立台」だが、そこにはすでに数十人の人がスタンバイしていた。
10人が入れば満杯となる展望台のほか、鳥居越しに日の出が見られるベンチなどがある。
それを横目に、先月の予備登山で見つけた観望スポットを目指す。
そこでは高校生男子約10人のグループがマスクもせずに大はしゃぎしていたが、筆者は5メートル以上離れた坂の上に立っていた。風向きも、西風が背中のほうから当たり、筆者のほうが風上だったので安心した。彼らの飛沫の影響外にいたとは言えるだろう。
じっと待っている間に、寒さに打ち震える高校生も見られた。

DSCN7122.JPG
山の向こうが明るくなってきた(午前7時6分)

この日の京都の日の出時刻は7時5分。
なんだけども、その時刻になっても太陽が見えない。
雲が邪魔しているのかと思ったが、まだ山の稜線を越えていないだけのようだった。

DSCN7134.JPG
ちらっと光差す(7時10分)

まぶしい光が差したのは7時10分。
まるで溶岩のような、と形容されるのを読むことがあるが、山際から強烈なビームが頭をのぞかせる様子は、有無を言わせぬものがある。
やっぱり太陽のおかげで生きているんだなあと、理屈なしで直感する感じ。

DSCN7147.JPG
日の出(7時14分)

「日の出」をイメージするような太陽の姿は、気象庁の日の出時刻よりも10分ほど後だった。
2021年の幕開け。
混迷広がる中ではあるが、毎日のぼってくる太陽を、無駄にせず過ごしたいと思う。



posted by 進 敏朗 at 10:00| Comment(0) | 低山めぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月06日

天王山からの眺め

駅前DSC_7339.jpg
JR山崎駅前

天王山にのぼることにした。
京都大阪両府境にあって標高は270メートル。
羽柴秀吉と明智光秀が争った山崎合戦の舞台として知られる山。
名神高速道路の天王山トンネルはかつて渋滞の名所だったが、いまではバイパスもできて、ここで渋滞することはほぼなくなった。

宝積寺DSC_7340.jpg
宝積寺

駅前から登れる山天王山。
まずは急な坂道があり宝積寺に着く。
この急な坂道は断層で盛り上がった崖なんだという。
それで、下の方は急坂で、上にいくと平らな地形となっている。

境内の池DSC_7347.jpg
境内の池

師走に入ったが紅葉は盛りといった様相だった。

登り口DSC_7343.jpg
天王山登り口の案内

参拝をすませると、灯篭の根元に「登り口」の小さな看板があった。

DSC_7351.JPG
登山案内図

登山の案内図がある。
「現在地」は、けっこう山の中腹のように描かれているが、じっさいにはまだ270メートルのうち50メートルくらいなのではないか。
きょうの目的地は、山頂ではなくて、見晴らしがよいとされる旗立松だった。

登山道DSC_7354.jpg
登山道

登山道に入る。
大きな石が上から落ちてきたのかごろごろと転がっている。
道は整備されていて、歩きやすい。
幅も広くて、下りてくる人とすれ違っても余裕がある。

旗立松DSC_7359.jpg
旗立松

ほどなく、旗立松に着いた。
一回休んで、ゆっくり歩いても、宝積寺から20分くらいだった。
このあたりは名神の天王山トンネルの真上で、標高は200メートルくらい。
一部急坂のところはあったが、歩く距離自体が長くないから、山に慣れていない者でも、のぼるのはさほど難しくはなかった。

旗立台DSC_7360.jpg
展望台からの眺め

雲一つない晴天だ。
展望台からは東や東南の方角が見える。
初日の出のスポットとしても人気があるという。
しかし、この展望台はさほど広くないので、10人も入れば、満員になってしまうのではないだろうか。
それ以上の人数が立つと、密な状況になってしまう。

南東の眺めDSC_7366.jpg
広い眺めが

展望がある広い場所を探してさらに登山道を進んだところ、木が伐採されて視界が広がった場所に出た。
一昨年の台風で木が倒れ、伐採作業があったようだ。
おかげで視界が広がった。三川(桂川、宇治川、木津川)合流が見える。

posted by 進 敏朗 at 00:00| Comment(0) | 低山めぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月31日

神鍋山

DSC_0204-滝全景.jpg
岩盤を削り滝が落ちる

春の彼岸から10日あまり遅れ車で帰省。
この日は気温は低めながら穏やかな天気。
篠山、和田山経由の9号線ルートの途中、北寄りにそれて神鍋山に向かった。

神鍋は兵庫県北部にある高さ467メートルの火山。
近畿地方では火山というものがめずらしいうえ、この神鍋山には火口が残る。

山の付近に、いくつか滝があるということで寄ってみた。
いちばん立派なのは「八反の滝」。
駐車場から、のぞき込むと向こうのほうに、渓流が岩盤を削り、滝が流れ落ちているのがいきなり見える。

DSC_0208 滝に近づいた.jpg
滝つぼが見えてきた。

滝までは、山を下りていき、50メートルくらいくだっただろうか。
大きな滝つぼが見えてきた。

DSC_0212 滝.jpg
八反の滝

岩壁を流れ落ちる滝、高低差30メートルくらいあるかと思った。
じっさいには24メートル。
行楽客も数人ちらほら。
滝つぼの池が広くて、神秘的だ。
滝は火山地形とも関係しているのであろう。
神鍋山が噴火したとき、川の流路を溶岩がせき止め、水が溶岩を削って滝などができたと思われる。
具体的に、滝が流れ落ちているあの岩が溶岩なのか、滝つぼは何岩なのか。
岩を見て、うーんどうなんだろうと思いをめぐらせる。
岩壁の縦に深く切れ込んだ筋は、溶岩が冷えてできた節理にも見えるが、よくわからず。

DSC_0228 カタクリ.jpg
カタクリの花(ピンボケ)

駐車場付近にはカタクリの花も咲いてた。
山里の春情緒が感じられる。

DSC_0229 神鍋山.jpg
駐車場付近

冬はスキー場のゲレンデとしても利用される神鍋山。
しかし記録的な暖冬のため、積雪はほとんどなかったみたい。
止まったリフトを眺め車を降りる。
登山のはじまりが、すでに標高350メートル付近なので、あと110メートルくらい上がれば火口なのだった。


DSC_0232 登山道.jpg
火口への道

しかも火口へは、このように舗装道路が続いているのだった。
坂も、そんなに急なことはなくて、これは楽だ。
この春、ふたたび鈴鹿山系に登ろうとしている準備運動も兼ねているが、これでは楽すぎて、準備運動の効果がじゅうぶんに得られないかも。

DSC_0240 火口に出る.jpg
火口に出る

15分か、20分もしないうちに、火口に出た。
火星の表面のような、赤茶けた石が覆っている。
ここが、2万5000年前に噴火があったという神鍋山の火口。

DSC_0242 火口.jpg
火口

全景を撮ろうとしたが、広くて収まらない。
フェンスなどはなくて、万が一、落ちても、歩いて登ってこれるくらいの傾斜がある。
底は、湿地のような感じではあるが、池はなくて、水は吸い込まれていくようだった。


DSC_0258 説明板.jpg
立っていた看板

看板を見て、全景を理解。
山の直径約700メートル、比高120メートル、火口の深さは約40メートルで、周囲は750メートル。
ちょうど、1年前にのぼった京都府北部の田倉山と規模が似ているミニ火山だ(2019年3月3日記事「夜久野溶岩台地行(上・下)参照」。

この神鍋山のすぐ周囲数キロには、いくつかの小さな火山があって火山群を形成している。
付近での噴火は約70万年前から始まり、いちばん新しいのがこの神鍋山で2万5千年前。
次の噴火もいつかあるのかもしれない。

この日は、火山の地層や風穴は見ずに、下見程度の低山行に。
つぎ機会があればほかのミニ火山や、滝、地層などを見て総合的なミニ火山学習の機会としたい。


posted by 進 敏朗 at 00:00| Comment(0) | 低山めぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月13日

湖南アルプスの野営

DSCN9952 沢と登山道.jpg
増水した山道

台風接近のため、日程を変更しての大津市南部での野営会。
買い出しの店では連休のレジャーを当て込んで仕入れたとおぼしき大量の牛肉が、半値でバーゲンセール。

天候はなんともしがたく、大量の売れ残りに気の毒な気もするが。関西では当初、台風の直撃も予想されたがコースが東にそれ、雨は13日未明には止み、水害には至らなかっただけでもましか。長野や関東東北では大規模な水害となった。
テントや寝袋、食料品をもち、沢をわたって野営地を目指す。京都や、舞鶴からも参加者があって総勢5人。

DSCN9971 八宝茶.jpg
八宝茶

野営地に着き、テントを設営。
いびきをかく筆者はいちばん奥で、いびきの音により就寝時の獣の近寄りを防ぐ担当? となる。

火をおこし、中国西域の茶であるという八宝茶をいただく。ナツメやクコなどの乾燥果物が入っているほか、砂糖が入っていて甘い。

DSCN9958 ウラムラサキ.jpg
紫色のキノコ

雨の後であるせいか、いろいろなキノコが見られる。
紫色をしたエノキダケのような形のキノコが、砂利の上に群生していた。現地では電波がつながらないためネットの検索もできないが、帰宅後にしらべたらウラムラサキというらしい。食べられないことはないという。

DSCN9974 リベットのような.jpg
リベットのようなキノコ

また、松の木の根元には、直径10センチほどの錆びたリベットのような形、質感のキノコが数個生えている。
昨秋野営した人は、前回もこれを見たという。

松の根元だからマツタケ、だったらよかったが、これは調べたら、コツブタケというキノコが最も近いように思われた。
中を割ったら、たくさんの小さい粒からできているのですぐにわかるということだ。割ってはいない。このキノコは、菌糸が樹木の根に結びついており、木から養分をもらうかわりに、木が必要とする養分を提供し、お互いの生育にとってプラスとなる共生菌なのだという。

DSCN9978 水をくむ.jpg
沢から水をくむ

洗い場をつくるために、スコップで砂河原を掘削、流路のバイパスをつくる。
巨大な砂遊び。

水をくんで調理。
薪は、落ちている松葉や枯れ枝を使うが、雨を受けて湿っていても、温度が上がれば意外に、燃えるのだった。

ごはん、鳥ミンチとすり身、野菜による汁が主なメニュー。
持参したジャガイモを焼いたものが好評だった。

DSCN9984 満月.jpg
満月

夜は雲が切れて満月が出た。
見事な満月だなあ、と思ってい見ていたが、イスラム教徒であるカザフスタンからの参加者は、満月に不吉なものを感じるのだという。
なぜ不吉に感じるのかを聞くと、満月は「終わり」という感じがするという。三日月のほうがいいのだという。

満ちた月は、やがて欠けていき新月となっていく。それが不吉なのか。
筆者も、南中した太陽をみると、とくに日の短い秋から冬にかけては、ああ後は午後になって夕方になるのか、1日も終わるなあという思いを、南中した太陽をみて抱くことがあるが、それに近い感覚だろうかとも類推した。

冷え込みは強くなく、寝袋で、比較的快適に寝る。
悲鳴にも似たシカの鳴き声がする。

DSCN0009 霧.jpg

ガスが垂れ込める

2日目は、未明に降雨がありテントを打つ。
明けてからは、上の写真のようにガスも垂れ込め異界の趣も。
日差しがのぞめたのは1日目の到着直後のわずかな時間だった。
ときおり小雨がぱらつくが、この日は、合羽を新調していたため、降雨もへっちゃらだった。

6月に鈴鹿山系に登山の折、経年劣化した合羽が機能を果たさず「ボチョボチョに」なり、そのあげく下山後、震えが止まらない低体温症を招いたのを反省してのことだった。
これで来季の魚捕りも快適にいけるだろう。

DSCN0008-小さな水晶.jpg
水晶入りの石

河原に転がっている石をよりわけて、きれいな石を拾う。
とくに何というでもない時間を過ごす。静かだ。いろいろな鳥の鳴き声がする。
昼、汁の残りやごはんを食べ、テントを畳み撤収する。
跡に物を残さないとという、徹底した野営だった。
荷物を背負っての山行により終わって数日は、両脚の筋肉痛、そして杖を忘れたことにより、降りるときに何度が岩へと飛び降りた足へのショック感が残る。運動不足を痛感するとともに山に行くときには杖はないといけないなあと理解した。



posted by 進 敏朗 at 11:43| Comment(0) | 低山めぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月04日

キャンプ

DSCN0525.JPG
岩山と平野、奥に琵琶湖

五月晴れの大津市南部で野営した。

DSCN0537.JPG
花崗岩の砂川と水中

京都から渋滞の山科、逢坂山を抜け、昼前に着。
テント、寝袋、食料品、その他の食器や諸道具を持ち、車を止めた地点から高低差約100メートルを
歩き上った。運動不足の身にはこたえた。

上の写真のような澄水流れる谷間。
鳥が鳴き、鹿跳ねる山中。

DSCN0495.JPG
火を焚き湯を沸かす

水は川からくんでわかした。
木切れはそこらへんに落ちている枝や松葉、松ぼっくりを集めてきて燃やす。
乾燥していただけに火の着きは良好だ。
煙がもくもくと出る。煙を吸ったり、火の粉がかかってもいいような農作業用の服を着てきた。

調理器具一式は、京都の友人Sの装備品。
テント、寝袋は、このたび初めて自分で購入し、設営。
火を焚いている場所から30メートルくらい離れて立てる。
これは煙たくなったり、最悪の場合延焼したりするのを防ぐ意味がある。

テント購入の際、中国製品は格安だが「使い捨て品にすぎない」との指摘を受け、国内メーカー品を選んだ。
あまり使わないことも予想されたので相当迷った。しかし今後、湖辺の魚捕りなどで使えるかもしれない。

DSCN0504.JPG
山の夕暮れ

あっという間に夕暮れ時となる。
ヘッドライトは必需品と口ずっぱく言われ、充電式でペンダント型のやつを購入、持参。
ふだんは胸にぶらさげるが頭にも巻いて止めることができる。軽くて首が疲れない。これは夜釣りにも使える。

DSCN0506.JPG
肉を焼く

闇夜の焼肉。火が肉の内部を赤く透かしてうまそうだ。
しかし、盛大なバーベキューではなく、メーンは豚汁で、寒さをしのいだ。
風がほとんどなくて、安全にたき火ができた。


「ピー」と鹿の鳴き声。
テリトリーへの人間の侵入を警戒しているようだった。跳ねる姿も目視。
暗い林のなかを木にぶつかりもせずよく走れるものだ。
ただのコンデジのため暗闇しか撮れない。

フクロウにしてはやや声の高い「ヒー」という鳴き声が遠くで30秒間隔くらいで一晩じゅう途切れることなくなり続けている。カジカガエルの透明なヒルルルほか、3種類のカエルの鳴き声がした。

静かな中に、さまざまな動物の気配が感じられる山中。
われら中年キャンパーが思わず口ずさむのは昭和歌謡。年はごまかせない。改元の世の中も山は静か。
挙句の果ては、いびきバリアーでテントサイトへの獣類侵入を防いだ。


DSCN0490.JPG
足元にヒメハギ

明け方寒くて目が覚めた。
寝袋は3シーズン用、着込んで防寒の備えはしたはずだったが予想以上に放射冷却があったようだ。この日大津の最低気温は10.3度。冷え込むことで知られる信楽は4.9度で、テントサイトは標高300メートルを超す地点だから、信楽とそう変わらない気温になった可能性もある。5月でそんなに冷え込むとは思わなかった。

DSCN0536.JPG
くつろぎの茶

DSCN0515.JPG
ツツジ(ピンボケ)

山を見て、昼前にはさらに2人の到着あり、手製のホットサンドをいただき、初夏のさわやかな空気を楽しんでいたところ、
急に雲行きがあやしくなりにわか雨となった。
まさかこの晴天が急変するなんて。

夕方まで雨が止むのを待って、テントを撤収、片づけて野営地を出るときには暗くなりかけており、車まで戻ったときには完全に暗くなっていた。

このとき、ヘッドライトをかばんの奥にしまいこんで、出すのが面倒くさかったが、下山路を、ライトで照らしてもらわなかったら、濡れた岩で足を滑らしていたのは必至。下手をすれば骨折、入院なんてことにもなりかねなかった。
山で過ごすには熟練者の同伴は不可欠と痛感。

帰路、川沿いで、バーベキュー者らが積み残していった膨大なごみ袋を見る。
誰もいない山道にごみを置き去りにして、回収を誰かがやってくれると思っている非常識さに一同あきれた。
車で来たのなら、積んで持ち帰ればいいのに。釣り場と同様、そんなことで、立ち入り禁止となりかねないマナーの悪さだ。

1日半の山滞在だったが、いつもとは違った趣向で水のある自然を眺めて過ごした体験だった。




posted by 進 敏朗 at 10:43| Comment(0) | 低山めぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする