2019年01月08日

貝殻を訪ねて2019

DSCN0097.JPG
海岸への階段(午前11時半ごろ)

年1回の、貝拾い行を三重県・志摩へ挙行。

大王崎の北にある浜まで約3時間。
1月、いつもいい天気だ。

DSCN0077.JPG
静かな浜

この数年、水辺のオフシーズンとなる冬場の楽しみとして貝拾いを行っているが、はかばかしい成果が出ない。
一昨年は鳥羽から島に渡ったが、ほとんど何も貝が落ちていなかった。
まあ海辺の風景を見てのんびりするのが目的だから結果にこだわらない。
そう言い聞かせてはきたものの、あまりに乏しかったら再考せざるをえない。

「市後浜」におりると浜の砂は上の写真のようにちょっと黄色みを帯びた白色だ。

DSCN0078.JPG
砂の上を見る

砂の上を見ると、このように小さな貝が点在している。
これらを拾って歩くが、同じ種類のやつはいくつもあり、ある程度拾うと、種類数が増えなくなる。

赤い色をした二枚貝でとげのはえたウミギクガイが多い。

DSCN0082.JPG
タカラガイ

タカラガイもたまに見られる。
黒潮洗う太平洋だから、こうした南洋を連想させる貝がたくさん落ちていてほしいが、思ったほどは見つからなかった。

DSCN0087.JPG
岩の上に生えた木

貝をたどって海岸線を南に歩くと、黒い岩が浜から突き出している。
木がけっこう太い幹となっていてたくましい。
岩はごつごつして硬いが、割れ目があって指を差し込むと、いとも簡単にぼろっと欠ける。岩の割れ目に根を伸ばしているのか。

それにしても砂は白いのに、岩は黒くて色調がまるで違う。

DSCN0089.JPG
黒い岩に吹きだまった白い砂

この岩からできた砂なら、もっと黒っぽい浜になるだろう。
砂をどこかよそから持ってきたのかとも思ったが、それにしてはそんな有名な海水浴場でもないし、そこまでするかなと思われた。

DSCN0095.JPG
崩れた岬の上のほうの岩が白っぽく、下部は黒っぽい。

浜の北側の岬の斜面が崩れていて、あらわになった岩をみると薄黄色っぽくて浜の砂と同じ色をしていた。
しかし下半分は黒っぽくて、それがほぼ平行に続いていた。

これは白と黒の別の岩石の層であるように見えた。

これは以前、松坂市月出で見た中央構造線の露頭を思わせた(2016年10月20日記事「中央構造線の露頭」参照)。
黒いもろもろとした岩の質感も、あの場所の黒い岩と同じような感じだった。
あのうす黄色い岩は風化しやすくて、このような細かい砂粒の浜になったのだろうか。

DSCN0106.JPG
国府白浜

さらに北側の国府白浜は、もっと砂が細かく滑らかで色も白っぽかった。
数キロの距離で浜の質感が変わって不思議だなと思った。

DSCN0100.JPG
海辺のバス停付近、なごみのガーデン

とまあのんびりして穏やかな冬の昼間を過ごした。

DSC_8803.JPG
本日の成果

いつもながら、たいした成果はあがっていないが、こうして紙の上に並べてみるとそれなりに見える。

DSCN9913.JPG
シラネタケガイ

この細長い巻貝はシラネタケガイというタケノコガイ科の貝であるようだった。
房総半島以南の、水深20〜60メートルにすむと図鑑にある。
これは初めて拾ったのでうれしい。

こういう細かな貝を集めるには、砂ごと持ち帰ってふるいわける方法もあるようだが、そんなことをしたら環境破壊につながりかねないので、やっぱり一つ一つ拾うのがいちばんだ。


DSCN9921.JPG
(おまけ)悪魔の顔? の巻貝





posted by 進 敏朗 at 00:00| Comment(0) | 貝拾い記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

貝類標本箱

標本箱20180211_114142_HDR.jpg

先月、三重県の伊勢湾に貝拾いに訪れ、拾った貝を見えるところに置いておこうと、標本箱づくりを行った。
従来は、小型のガラスびんに全部を入れていたのだが、貝には薄いやつや厚いやつ、大小いろいろあり、ぜんぶを一緒に入れておくと、薄いやつが割れたりして、分厚いやつしか残らなくなってしまう。

そこで小さなジップ袋に入れたりするのだが、保存にはいいが、観賞にはいまひとつなので、卓上に置ける標本箱を作ってみたくなったのだった。

無印良品に透明なアクリルのケースが数種類あり、その中から選んだ。ただその製品にはふたがなかったので、別にホームセンターで工作用プラ板を買い、寸法を合わせてカッターで切り、両面テープを一辺にだけ貼ってふた代わりとした。

両面テープを2辺以上に貼ると、こんどは中に入れたものが取り出せなくなったり、ケースの中の貝の位置をいいように調整できなくなってしまう。完全にふたが閉まらないので、ほこりの侵入が避けられないが、ここはまた工夫していきたい。

透明なケースだと、光が入るから、当然、色があせたりはすると思うけど、観賞用品として卓上の飾りにしたのだった。
posted by 進 敏朗 at 12:34| Comment(0) | 貝拾い記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

貝殻を訪ねて2018(岸岡山)

DSCN4362 岸岡山の展望台.jpg
岸岡山の展望台(午前9時ごろ)

伊勢湾の千代崎海岸に、岸岡山(45メートル)という低山がある。
3年ちょっと前、この地を訪れたとき(2014年10月29日「赤貝の浜(白子〜千代崎)」、登ってみたいと思ったが時間の都合で果たせず、この日は貝拾いを兼ね、念願の岸岡山登頂を果たした。

といっても、高さが45メートルしかなく、しかも駐車場も中腹にあったため、車を降りて10分もかからず、これまでで最もお手軽な低山めぐりとなった。

DSCN4367 展望台からの眺め.jpg
展望台からの海の眺め

だが周囲は真っ平らな土地で、山頂は海岸から数百メートルしか離れていないので、上の写真のように、海の眺めはよかった。

朝のため東側に面する海は逆光で、晴れていたがもやがかかっており、対岸の愛知県側は見えなかった。

DSCN4369 島のフォント.jpg
案内板の手描きフォント

案内板には、対岸に見えるという島などが描かれているが、水平線が丸く描かれ、水平ではなくて斜めになっている。

DSCN4377 千代崎海岸.jpg
千代崎海岸

さて、そこから真正面の千代崎海岸に出てみる。
やはり以前、見た時のように浜には大量の二枚貝が転がっているが、前回見たときよりは少なくなっている気がする。

主に落ちているのは、白くてたて筋の入ったサルボウガイだが、よく見ると、違う貝もある。
この日は、ナミマガシワという、光沢があって黄色や橙色をした貝を中心に拾った。
なぜそれを集めたのかというと、見た目にきれいだったので、それにひかれたのだった。

DSCN4387 ナメクジのような.jpg
漂着した柔らか生物

貝にまじってナメクジのような形状・質感・大きさの生物が落ちている。触るとかすかに動いて生きているようだ。釣り餌にするユムシに似ているが、たて筋がついている。これが砂浜の随所に落ちていた。

DSCN4399 伊勢型紙2.jpg
伊勢型紙資料館の風景

そのあと白子地区の伊勢型紙資料館を訪れ、伝統の技を見る。ここも、前回訪れた時に気になっていた場所だった。
上の写真は、中庭を背景にしたビデオ上映がシュールな雰囲気を醸し出していたので思わず、ビデオを一時停止してもらって撮影。
この日は型紙彫りの実演もしており間近に技をライブで鑑賞できた。

DSCN4413 ナミマガシワなど.jpg
拾った貝(21日撮影)

このようにしてナミマガシワを中心に拾ってみたら、色にいろいろとバリエーションがあった。
上から4列目左端の茶色い楕円形をした貝はミゾガイというマテガイの仲間で、筆者にとっては新たにゲットした貝と判明した。

今まで、拾った貝はびんに詰めるだけだったけど、ちょっと展示方法も考えてみたいなと思った。

posted by 進 敏朗 at 14:30| Comment(0) | 貝拾い記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月26日

遠州灘

まぶしい日の出DSCN3896.jpg
伊勢湾岸道路の日の出(午前6時16分ごろ)

かなり久々に休日がとれた。
朝5時に、東に向かって出発し、薄明の中を進むと、朝陽が昇ってまぶしかった。

静岡県の掛川市で初めて開かれる芸術祭「掛川茶エンナーレ」を見に行った。
新幹線で行こうと思っていたが、展示は中心部だけではなく山の中のエリアもあり、そうしたエリアへの移動がレンタルサイクルでは坂や距離と時間の関係で厳しく思え、バスだと時間の調整がどうしてもつかない。いっそのこと駅前でレンタカーを借りようかと思ったが、どうせなら自家用車で行き、海を見ようと結論付けた。

栗東インターから新名神経由で、掛川インターまで230キロ少々あり、インターを出たのは7時半ごろ。そこから海岸までが13、4キロくらいあり、朝の混雑のなか浜に到達するのに30分くらいかかった。

砂丘DSCN3900.jpg

コンクリート工場の先を進むと駐車場があった。
この砂丘の向こうが海。

遠州灘、漁船.jpg
浜と海

広がる遠州灘。細砂の海岸。
海には多数の漁船が、海岸に沿って西から東のほうへと進んでいる。
波打ち際からけっこう近くを走っている。シラス漁だろうか。

23日未明に直撃した台風の影響で、川から多量の泥水が流れたのか、波打ち際は濁っている。

DSCN3913-ヤツシロガイ破片.jpg
ヤツシロガイの破片

さあ貝殻はないかと、歩きながら探してみるが、あったのはカキ、バカガイのいずれも破片だった。
北海道南部以南の細砂底にすむと図鑑にあったヤツシロガイの殻が、いろいろな形の破片で散らばっていた。ヤマドリの羽ような模様がある。つやがあるので、死んで間もない殻のようだ。

1個くらいは完形のやつがあるかと思ったが、、、直撃した台風の荒波にもまれて、ことごとく割れてしまったようだった。

DSCN3917 チドリ.jpg
チドリ

DSCN3915 カラフルな破片散.jpg
カラフルなプラスチック片

そのかわり、目立っていたのは赤や黄色、青、緑といった、カラフルなプラスチック片。
鳥取県の浜で、陶片とかを拾ったことがあったが、プラスチック片は、色はいろいろあっても質感がいまひとつで、どうも拾って集めたい気にならない。

DSCN3920 波打ち際.jpg
波打ち際

細砂の浜だったので、貝殻があるのではと期待したが、あまり落ちてなくて残念だったが仕方ない。

DSCN3927 砂の流れ.jpg
砂混じりの流水が草を覆い、固まったとみられる跡

天気が良くて何よりだ。
青い海原を眺めるだけで心が広がるよう。
30分ばかり滞在して、現場を後にした。



posted by 進 敏朗 at 22:14| Comment(0) | 貝拾い記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

海中から戻ったカメラ(水中貝拾い)

DSC_6579 届いたカメラ.jpg

着払いゆうパックで届いたのは、先月購入したばかりの防水コンデジ。
福井県の若狭和田海水浴場から届けられた。

先日、同海水浴場を訪れ、サア帰ろうとしたときに、カメラがないことに気づき、浜や更衣室などを探し回ったが見つからず、ライフセーバーの事務所に紛失届を出して現場を去ったのだった。

見つかる望みは薄いだろうなとあきらめかかっていたところ、後日、見つかったとの電話あり。筆者があきらめて帰った次の日、海の中で拾われたのだという。

届け出た人は名乗らずに帰られたという。カメラはお金で買えるが、思い出を撮りなおすことはできない。お礼のしようもないが、何とありがたいことだろう。届けてくださった方、本当にありがとうございました!

というわけで、1日ほど砂底に横たわっていたカメラから再生されたのは、盛夏の海水浴の思い出だった。

〜〜〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜〜〜 


DSCN3332-若狭和田海水浴場.jpg
若狭和田海水浴場

7月31日に訪れた福井県高浜町の若狭和田海水浴場。
浜が広くて遠浅なここは、若狭湾でも最も人気があるビーチ。月曜日だったので、浜近くの駐車場があいていた。

DSCN3340-夏の日本海の中.jpg

この日は曇りの予報だったが昼前から青空が広がり、海の青みが強まってきた。日本海は、太平洋にくらべるとちょっと緑色がまじっているように見える。

DSCN3341 シマダイ群.jpg
沖の浮き台下にいるイシダイ幼魚

沖の浮き台を目指す。そこは水深3メートルくらい。子供は、浮き輪をつけてだが足が届かないところでも怖がらなくなった。

DSCN3355 ヒトデの裏側.jpg
拾ったヒトデ

海には、琵琶湖にはいない生物がいろいろといるので、観察するのも楽しみの一つ。
砂底には、星形をした平べったいヒトデがはっていた。

DSCN3383-ヤドカリやヒトデ.jpg
砂底でとれたヤドカリなど

あと、砂浜に多いのがヤドカリだ。
エビ、カニは淡水でもいるが、ヤドカリは海にしかいない。
ヤドカリを探しているうちに、砂浜の中でもヤドカリが多いポイントを見つけた。
それは、岸から20メートルほど進んだ地点で、そこはいったん水深が1メートルくらいまで深くなり、そこから先はまた浅くなってひざ上くらいの浅さになる。

DSCN3380.JPG
砂を掘るとヤドカリが

そこの場所では、感触がちょっとふわふわしていて、足が砂に埋まるような柔らかさがあった。そこの砂を掘ると、じゃんじゃんヤドカリが出てくるのだった。

DSCN3379 砂底.jpg
砂底の様子

海底の様子をみると上の写真のようで、貝殻もたまっているようだった。
貝殻は浜に打ち上げられるだけでなくて、海の中でも、貝がたまるポイントがあることを発見した。

このようにして午後3時まで過ごしていたら、すっかり背中が日焼けし、カメラが水中に落ちたのにも気づかなかったのだった。

〜〜〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜〜〜

DSC_6594-海の貝.jpg
拾った貝

かくして海の思い出は届けられた。

貝の一部を、家に持ち帰った。
上の写真の貝は、みな、水中貝拾いによるもの。
ベニガイ(ピンク色)や、つやつやしたマクラガイ(右上)など、いろいろな貝が拾えたのでよかった。

日本海側でこれだけ多彩な巻貝が拾えるとは思わなかった。
これからは、夏場の海水浴を兼ね、水中貝拾いも面白いかもしれないと思ったのだった。

 


posted by 進 敏朗 at 00:00| Comment(0) | 貝拾い記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする