2017年05月15日

温玉とテナガエビ

東郷池.jpg
東郷池(午後5時50分ごろ)

午後から滋賀を出発し夕方鳥取県中部着。

昨秋の鳥取県中部地震で倒れた墓を直す工事があす行われることになり帰省した。

祖母宅への途上、東郷池に着いた。
車を降りると北風が吹いて、いやに涼しい。
午前中、滋賀にいたときはTシャツですごしていたが…。夕方だからだろうか。

調べてみると、この日彦根の最高気温が26.6度だったのに対し、倉吉では21.8度と、5度近くも違っていた。

滋賀と鳥取でこんな寒暖の差が出るとは珍しい。
何も考えずに薄着の服しか持ってこなかった。急場しのぎに作業用長袖Tシャツを着こむ。

温泉たまごづくり設備.jpg
温泉玉子づくりの泉

湖畔から温泉がわく東郷池。
そこには温泉を利用した温泉玉子づくりの泉があった。
80度のお湯が湧き出ているという。隣の温泉スタンドは、これから風呂に利用されるのか、お湯をくむ人の車が列をなしていた。

この温玉泉の存在をこないだの3月に知り、今回これを利用して温玉をつくってみようと、池畔のローソンで6個入りパックを買って持参した。

1個割れた.jpg
1個割れた

たもを手すりに立てかけて、パックから卵を取り出してたもに入れるんだけど、持ち上げるときに手すりに卵がカーンと当たって1個割ってしまうミスをおかす。

でも、1人でたもに卵を入れようと思ったら、たもを地面に置くか、手すりに立て掛けといてから卵を入れるしかない。卵を入れてからたもを持ち上げる際にそろっとやらないと割ってしまう。次、やるときは気を付けたい。

東郷池をみながらの温泉玉子.jpg
東郷池を眺めながらの温玉づくり

雄大な池や空を眺めながらの温玉づくりはリラックス感抜群(笑)。

20〜30分でできるといい、その間、テナガエビ釣りをすることにした。

湖岸とツバメ.jpg
池畔を舞うツバメ

1センチ以上あるユスリカが手にとまった。富栄養の池から発生する豊富なユスリカを追って、ツバメが池畔を飛び回っている。

仕掛け投入.jpg
温排水付近でのテナガエビ釣り

温泉スタンドや温玉施設からの温排水が溝を伝い池に流れ込んでいる。

豊富なミネラルを含んだ温水。深海底の熱水鉱床ではないが、そこには生物が集まりやすいのではないか?
そのようにみて石垣の近くに仕掛けを投入した。

釣れた.jpg
釣れた

すると数分後、ウキが動いていてテナガエビが釣れた。
ちょっと小さ目。

温泉スタンドのサンセット.jpg
湯気舞う温泉スタンドの夕暮れ

温泉玉子をつくりながらテナガエビを釣るとはなかなか新鮮。

夕暮れ.jpg
夕闇迫る池

卵を30分後に取り出し、さらに釣りを続けたんだが、今日はあまり釣れない。

けっきょく、1時間以上釣りをして2匹だった。シーズン的に早かったかも。

7時半に引き上げ、8時閉店のスーパーに駈け込んだ。温玉でうどんを作ろうと思ったが、「大山そば」があったので温玉そばを作ることにした。

あとは、賀露で上がった30センチのサバが198円。
滋賀ではまず手に入らない安く新鮮な魚を手に入れた。

テナガエビ天と温玉そば.jpg

急いで買い物をしたので、野菜果物なしの男料理になってしまった。
温玉は4つつくったので、2つも一挙にそばに投入。
温玉は、黄身がほどよい固さで白身はやわらかく、そばによく合った。

テナガエビ天は、衣がうまい具合に乗らず、見た目が唐揚げと変わらないが、皮のバリバリした感じと身のぷりぷり感がいい感じだった。

こうして東郷池の味覚を楽しんだのだった。


posted by 進 敏朗 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 山陰往還記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

シラウオすくい

春の彼岸である昨日、鳥取県に戻り、昨秋の地震で内壁が一部崩落した空き家となっている浜辺の旧祖母宅を修理。

明けて、この日は雨模様で北風が吹き、気温が上がらない。行楽には向いていない天気だ。

北風吹きすさぶ東郷池.jpg
北風吹きすさぶ東郷池

3月の風が強い日は、東郷池でシラウオが捕れると聞く。

帰り道、昼から訪れた。
西岸の足湯のあたりに来たが人が見当たらない。

東郷池の温泉玉子施設.jpg
野外温泉玉子づくり施設

湖畔から温泉がわき出る東郷池。
公園には足湯のほか温泉スタンドも。温泉玉子づくり施設では、誰かが卵をセット。約80度のお湯で、できあがるまで20〜30分かかるという。たもは備え付けのようだ。

四手網.jpg
四つ手網

南岸の「四つ手網」の場所に行く。この網小屋はシラウオすくいに使われたもので、この辺に接岸するのでは。見るとその脇で男性が2人、たもを持って腰に小型のクーラーボックスをつけ、シラウオ捕りにいそしんでいた。

「捕れますか?」と筆者が男性の1人にたずねると、「今日は波が強くて、なかなか捕れん」と男性は話した。

シラウオがいると、表面に見える。それをたもですくうが、こう波が強いと難しい。
「めくら打ち」でも捕れないことはないが効率は下がる。「群れが来ると、見えるから」。つい先日には2キロ捕った人もいるという「いい人情報」も。

要は群れが寄って来るか来ないかが分かれ目で、いないときはいくら頑張っても捕れない。いるときは捕れる。

それはまるで、春の湖東の川でのホンモロコ捕りを思い起こさせた。

梅花.jpg
桜色の地元梅品種「野花(のきょう)豊後」咲く

本日は厳しいかと思ったが、せっかく来たのでチャレンジ。

男性が持っていたのは釣竿の幹に直径が50センチもある透明な網でできた専門的なたもだったが、筆者が持っているのはどこの釣具屋でも売ってる普及品たも。

シラウオ.jpg
シラウオ捕獲

湖面に目を凝らすが魚らしきものは見えず。

仕方ないので岸近くの表層を、さっと掃くようにスピード重視ですくう動作をしていたら何回目かに、大量のユスリカの抜け殻にまじって、透明な魚体がぴちぴちと跳ねていた。

シラウオゲットだ。

透明で、寒天ゼリーみたいに見える。

それから続けざまに何匹かすくい上げる。

これはいいぞ、と思ったが、再び捕れなくなって岸沿いを歩いていくも捕れない。

すると向こう側からも、シラウオ捕りの人がたもを岸沿いに走らせながら近づいてくる。

岸近くのキンクロハジロ.jpg
岸近くのキンクロハジロ

人を嫌うはずのキンクロハジロが岸から離れず遊泳している。獲物となるシラウオがその辺にいるのかも。

たも一つで、手軽な魚捕りだなと思ったが、捕れないときはいくらやっても捕れない。雨も降る中、作業はハードなものとなった。

3匹とれた.jpg

そうこうしているうちに、3匹がいっぺんに入る。

しかし複数ゲットはこの日、これ1回だった。

30分くらいやったが、計10匹にとどまった。まだ捕りたいが帰る時間となった。

まあ今回は初めてということでシラウオ捕りの感触が味わえてよかった。次、やる機会があれば、もうちょっと粘ってみたい。

本日の成果.jpg
本日の成果

バケツに湖水と氷を入れて持ち帰ったが、やはり生かして持ち帰るのは難しかった。

シラウオ天.jpg
シラウオと菜の花天

少しでもボリューム感を出そうとてんぷらにした。10匹を家族で分けたのでわずかな取り分になったけど、あっさり味で春を感じた。


posted by 進 敏朗 at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 山陰往還記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

コウノトリの郷

未明より、久美浜湾を見、彼岸の墓参に鳥取県へと急ぐ。
久美浜から国道178号線を西進すると、京都・兵庫府県境の河梨峠のトンネルを抜け豊岡市に入る。円山川に差しかかる手前で「コウノトリの郷公園」の看板を見る。すぐ近くみたいだ。

巣塔.jpg
公園前の人工巣塔

先日、東近江市にてコウノトリ3羽を見たので、やっぱりちょっとだけ「本拠地」を見ておこうと10時ごろ着。

駐車場の係員のおじさんが「あそこにいるよ」と、指すほうを見ると、田んぼの中の人工巣塔の上にコウノトリがいる。

先日、滋賀県で3羽見ました、と話すと、「今は北海道にも、徳島にもいるよ」と教えてくれた。中々詳しい。館内で、ネット中継で巣を上から見られるという。

間近で観察.jpg
間近で観察

谷間の棚田のような飼育ゾーンには数羽がおり、間近で観察。ときおり、嘴をカスタネットのように連打するクラッタリングの音が響く。動画に収めたかったが構えるとやってくれない。

多目的室.jpg
多目的ホール

多目的ホールの外側にテラスがあり、そこから望遠鏡で先ほどの巣塔を見ることができる。

双眼鏡からのぞく.jpg
望遠鏡でのぞく

望遠鏡でのぞくと、1羽が戻ってきてつがいになっていた。いま卵が2個あるという。

果たして無事、生まれて育つか。

飼育員の方に話をうかがいたかったが、きょうは祝日で入場者が多く、忙しそうだった。

コウノトリ目撃情報.jpg
全国での目撃情報

全国での目撃情報のパネルも。
それによると北海道から鹿児島、さらには韓国でも目撃されている。鳥には国境は関係ないのだろう。海もひとまたぎ。

東近江市での目撃情報が1羽だけなのは、他の2羽が福井県や、千葉県など別の場所から放鳥されたものであるからのようだった。

コウノトリ繁殖状況.jpg
周辺の繁殖状況

2階に上がると、各種動物や鳥類の剥製があり、昭和40年代まで生きていた日本産最後のコウノトリの剥製もあった。

館内の情報によると、豊岡などに残ったコウノトリは戦後の1956年には20羽となり、1971年には日本産最後の1羽が死んだ。

昭和40年代というとのどかな時代だったと思い返してしまうが、公害が社会問題となり、きつい農薬や生活排水で身近な川や水辺からは急速に生き物が消えてしまったようだ。

豊岡ではロシアから譲り受け、増殖して野生への復活を試みたところ2007年には初の巣立ちがあり、いまでは豊岡から80羽くらいが各地の空を飛んでいるという。

入り口付近で、コウノトリ保護のための募金箱があり、100円玉を入れると透明な筒を通って底の箱にチャリーンと落ちた。

すると館員の方が出てきて、記念品にとコウノトリ折り紙をくださった。

たった100円の寄付なのに申し訳ないような。


コウノトリをここまで復活するのは大変なことだっただろうと思われた。急ぎ足で去ったが、また訪れてみたい。


コウノトリ折り紙.jpg
〈おまけ〉コウノトリ夢幻飛行(22日撮影)

posted by 進 敏朗 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 山陰往還記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月06日

浪の華

荒れた海.jpg
荒れた海

好天だった昨日から一転、本日は「ザザーン」という波の音と、ビュウウウーと吹きすさぶ風の音に目覚めさせられる。布団の中にいて、海が荒れていることがわかる。浜近くにある旧祖母宅。

浜に出るとやはり、冒頭の写真のようだった。風が沖のほうから陸地に吹きつけ、日本海側に冬の訪れを告げている。



波打ち際をみると上の動画のように、凝り固まった波頭がまるでホイップクリームのように、空中に飛んでいる。しかしこれはクリームどころか苦辛いかたまり。これが潮風となって家を直撃するからたまらない。

築40年の浜辺の家は、アルミサッシが腐食して開かなくなった窓や勝手口もある。
とりあえず車は、エンジンを守るべく海に背を向けて停めるのが基本。しかし、後ろや横のガラスを見るとうっすらと潮が浮いていた。

海が見える家は風情があるけど、このように大変な事情もあるのだった。
これが琵琶湖だったら、いくら風が吹き付けようが塩害はないんだが、海なのでしょうがない。

昼前までゆっくりし、定食屋兼鮮魚店で、ハマチのアラ2匹分(無料)、20センチのアジ8匹1盛り(180円)を2パック、カレイ1夜干し5匹(680円)を買い、1040円。激安だった。持ち帰って、荒炊き、南蛮漬けをさっそく調理した。しかし、本日は家人によりハンバーグが予定されていた。魚は保存食とした。

喫茶店.jpg
〈おまけ〉倉吉で流行しているという「ちくわカレー」

posted by 進 敏朗 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 山陰往還記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月05日

帰郷

海岸.jpg
日本海の海岸(午後1時ごろ)

10月21日に鳥取県中部で震度6の地震があって2週間。
はじめて鳥取県を訪れた。
秋晴れの好天。霧の中国道を走る。

空家となっている本籍地の確認で、米子自動車道湯原インターから313号線を北上。岡山県からがけ崩れ片側通行の場所あり。鳥取県に入ると、屋根にビニールシートをかぶせて応急処置をほどこした住宅を多数見る。

今は空き家となっている本籍地の旧祖母宅は築40年。現状確認に米子から訪れた母からは「仏壇が倒れただけで家はどうもなかった」と連絡は受けていた。本当にそうだったらよいが。

地割れ.jpg
地割れ

家の敷地内には、うっすらと地割れのようなものが。

屋内.jpg
落ちてきた壁

奥の階段に回ると壁が落ちてきていた。
何と外が見えている。以前から、水が浸入して膨らんでおり傷んでいた箇所だったが、内壁がなくなると、その外側には直接瓦屋根がむきだしとなっていて、ずいぶん粗雑なつくりだったことがわかった。

室内.jpg
地震の爪痕

倒れた墓石.jpg
倒れた墓石

さらに墓地に行くと、5本ある墓石の1本が倒れていた。
2本は位置がずれて斜め向きになっていたので、これを引きずって向きを直した。灯篭も倒れていた。灯篭は一人で持ち上げられそうだったが、もろい砂岩でできており、倒れた衝撃で壊れてたものもあった。壊れていない灯篭を元通り組み立ててみたが、根元からぐらぐらしており、ちょっと危なそうなので、再びばらして地面に並べた。

墓地では、古い墓石でも倒れているやつがあって、鳥取県中部でマグニチュード6.6という地震はやはり珍しいようだった。

石屋さんは、忙しくて手が回らない模様で直すのは来年以降になりそうだ。

午後は、屋内の崩れ落ちた石膏ボードと土壁の撤去とともに、ホームセンターに行き、梱包用の発泡スチロールシートを買い、それを隙間に詰めて、応急処置をした。

後日、粘土や漆喰などで埋めて直したい。

鳥取県中部ながら震源地とはちょっと離れているのだが、それでも屋根にビニールシートをかぶせた家を見かける。うちの場合は屋根まではやられなかったので良かった。

夕方.jpg
夕方の海(午後5時ごろ)

天気がいいので時間があれば、近くの港で釣りでもしようかなと思ったけど、さすがに今日はそれどころではなかった。

posted by 進 敏朗 at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 山陰往還記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする