2022年08月16日

お盆のふるさとの海

DSCN8938 浜.jpg
浜(14日の夕方)

7月末に続いて、またまた帰省した。
お盆の期間(8月13〜16日)を、本籍地である海辺の町で過ごす。
お盆とは家の行事。家を引き継いだ者としてやらなくてはいけないことだろう。
何かキャンプとか旅行とか、レジャーの一環みたいに盆のことを思うのは違うんじゃないか。
そんなことでいいのかと、突っ込まれても仕方ないところだが、私にとっては、帰省先に海があることがどうしようもなく大きい。

まずは浜に出る。
家から100歩くらい。
今年は雨が降ったり曇ったり、雷だったりと、ふだんの夏とは違って、天気が目まぐるしく変化する。
浜もそれによって違った表情を見せる。

DSCN8931 夕方の浜.jpg
雨交じり、夕方の浜。一列に浜から引き上げる家族連れ(14日)

お盆期間中は、海水浴はしないのが地元でのならわし。
祖先の霊が帰ってきている期間であり、そのようなときに海に入ると「引っ張られる」と言われたものだ。
しかし今では、素知らぬ様子で海水浴をしている家族連れもいる。
同様に、殺生をしないという観点から釣りも自粛していたものだが、釣りをしている人もいる。
それも、県外ではなく地元のおじさんがスクーターで浜に乗り着け竿を立てている。
習俗は時代とともに軟化した。
それでいいのだ。

DSCN8941 海の水.jpg
きらめく海(15日午前9時ごろ)

私も海に入る。
きらめく透明な海水よ。
朝のうちは風もおだやかで波もない。
町はさびれても、海はいつも新鮮だ。

DSCN8944 ダツ.jpg
ダツ

突堤の先端付近の水面近くを、両あごが長いダツ泳ぐ。
とがった口先はダーツを思わせる、などとおやじギャグ。

DSCN8980 コバルトスズメ.jpg
スズメダイ

日本海の雰囲気とは異なる趣のコバルトブルーのスズメダイも。
南洋の趣が、少しずつ押し寄せてきているのが感じられる。

P8150807 浜から見える大山.jpg
浜の入り口から見える大山

P8130760 迎え火.jpg
迎え火

さて、お盆行事をやるのを忘れてはいけない。
先月末に、帰省した折に買っておいた苧殻を、折って燃やす「迎え火」。
そして、お盆の灯篭セット。本来、2基を仏壇の両脇に立てるが、これは1基に省略。

P8140773 灯篭.jpg
灯篭

仏壇には、キュウリとナスによる「精霊馬」。今回、家で栽培したものを持ってきた。
虫食いがあって見栄えは悪かったが。。。
おだんご、お茶をセット。
花も。
さらに家には、仏壇とは別の部屋に神棚もあって、そちらにもお茶、榊をセット。
神棚があるのは、祖父の義父である曾祖父が神主の家出身だったことによるもの。
私が生まれるずっと前、祖父は、「サザエさん」の磯野家の「マスオさん」のように、祖母(サザエのポジション)と結婚し、曾祖父一家が暮らす家に上がり込んで同居していたのだが、曾祖父の一家は死別や結婚でいなくなっていく。とりわけ「カツオ君」にあたる祖母の弟が結核で病死し、男子がいなくなり、いつしか磯野家はフグ田家に置き変わる。曾祖父は1964(昭和39)年の5月に亡くなる。祖父が現在の家を建てた1975(昭和50)年には、すでに曾祖父はいなかったのだが、そちらの家を継ぐものが誰もいなかったのだが、神棚が設置されたのだった。
ただこの「フグ田家」にも男子がおらず子どもはみな家を出てしまったので、1代おいて孫である私が呼び出されたのだった。
そんな孫とか言ってもすでに、いいおっさんである。

DSCN8997 海と寺.jpg
海の見える墓地

墓参りもする。
水やりを毎日することで、13日にいけた花が、お盆期間中、しおれずに保つことができる。
これをするだけでも、期間中は常駐していなくてはいけない。
夕方には灯篭にろうそくを立てる。

DSCN8995 花の水やり.jpg
筒に水をそそぐ

花の筒に水をやろうとして茎をつかんで上に引っ張ると、筒の中は半分くらい水がなくなっていて、炎天下の花が水を盛んに吸い上げていることがわかる。やはり水やりを欠かしてはいけない。
墓は1基ではなく、後を継ぐ人のいない曾祖父の家や親類など、計5基あって、花を活けたり水をやるのもひと仕事だ。
これを引き継いだのはコロナ禍以降のことだった。
ここのとこ数年は、母の妹で京都に住んでいる叔母が役割を引き受け、帰省がてら友達との飲み会も恒例の楽しみとしていたそうだが、叔母はコロナ以後、帰省を控えるようになり、私の出番となった。
その前の年か前々年の夏、叔母から、おだんごの作り方や墓参りのときにすることなど、お盆の準備やルーティンについてひととおり「講習」を受けた。そのことが役に立った。
叔母は今年の7月、とつぜん心不全で亡くなった。72歳だった。
「講習」を受けた時点では、まだ世の中にコロナもなく、叔母がこんな早く亡くなるとも思わずにいたが、本当にわからないものだ。叔母には毎夏、この海辺の家で出会ってはいたが、コロナ禍以降、ついに会わないままとなってしまった。
今となっては、いろいろと話をしたり、聞いてみたいこともたくさんあったが、かなわぬこととなってしまったのが悔やまれる。
海辺の家は、昔はお盆には都会から帰省する親戚や子どもらでにぎわっていたものだが、今は来るメンバーもほぼ私か母に限られるようになった。
こういう習俗がすたれると、墓をみる人がだんだんと少なくなり、1人でみなくてはいけない墓も増える。
期間中、ひと晩実家の米子のほうに戻って、墓参りをすると、若い人は戻ってこず、近所のおじさんの口から不意に出てきたのは「日本はいずれなくなる」というテスラ会長発言の話。あの発言、思った以上に刺さっているな。
墓参りだ何だと面倒だから、やっぱり田舎の集落には若い人は寄り付かない。嫁は来ない、そうなってしまうのは無理からぬものがある。
まあ世の中が移り変わっていくのは、不可抗力のようなものだから仕方ない。その変化のスピードが早いのが少々気になるとしても。
でも一方、だからといって、いま続いている習俗を、不合理だからとすっぱりと捨て去るのも何か違う気がする。
ひとりうだうだと、酒を片手に思いにふけるお盆の夜。

P8140797 1964年ごろの.jpg
1964年ごろの浜。今より波打ち際が広い

4日間のお盆も、実にあっという間。いつも帰る時は、もっと居たいという気になる。
その昔、浜辺の町は活気があって夏は海水浴でもにぎわう隠れた名所だった。
アルバムにあった58年前の浜は、今よりも広くて遠浅に見える。たたずむ少女はその後、進学とともに町を出て、都会で就職し結婚、3人の子を育て、地域の乳幼児の子育ても長年にわたって支えたのだった。合掌。










posted by 進 敏朗 at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 山陰往還記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月01日

猛暑の浜

P7300678.JPG
蛇行する河口(午後5時ごろ)

鳥取県中部の浜辺の町に、午後到着し、長時間の運転による疲労から横臥、夕方に起きて浜まで歩く。
暑い。南風が陸から海へと吹いていて、こういう時は波が立たない。
水平線がくっきりと見える。
浜につくと河口が大きく蛇行し、みごとなS字を描いて海に注いでいた。

P6070568 ふさがれた河口.jpg
(参考)6月の河口付近

6月に訪れた時には上の写真のように砂で河口がふさがれ、こまかな砂が滑らかな浜を形成していた。それから1か月で、浜は画面右手のブロックよりも沖に数メートル成長していた。

P7300689.JPG
河口

7月に入ってからの大雨で、この川から大量の砂が吐き出されたのか。
河口付近で浜の幅が広くなっていた。
ちょろちょろと遡上していくアユだかボラの子だかの群れがちらほらと見られる。
この日、鳥取県西部の米子市の最高気温は35.9度の猛暑日。

P7300699.JPG
波の模様

強烈な日差しで、打ち寄せた海水がすぐに蒸発し、海水の塩分がのりの役割を果たして波の形が海岸に重なっている。
天然の砂の彫刻は、水の動きを正確にかたどっている。
海は、眺めるだけでも心がなごむのであった。

P7300708.JPG
夕暮れ(午後7時ごろ)

釣りをしようかと思ったが、墓掃除等の疲れから、やっぱりやめることに。
釣り場も、釣り客のマナーが悪く、釣り禁止の看板が立てられていた。
まあ、内陸県では食べられない状態の良い鮮魚が安く売られているわけだから、何が何でも釣りをしないとという感じにはならない。もっと時間と体力があるときに取り組みたいが、だんだんと体力が衰えていっているのではないか。
夕暮れの浜を眺める。
夏は、海いっぱいに夕焼けが広がって、これもまた浜辺の醍醐味のひとつだ。

🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊



DSCN8887.JPG
おだやかな浜

明けて31日は曇り。相変わらずだるくて午前中は横臥。
体力がほんとうに落ちたものだ。
午後から、やはりせっかくなのでと泳ぐことにした。
曇っていて海が青く見えないのが残念。

ここは例年、海水浴場だが、コロナの関係なのか、海水浴場は開かれておらず、親子連れなど数人がいる。
海水浴自体が、レジャーとしては昔ほどの人気はないのに加えて、海水浴場を運営するこの町がさびれている。
約半世紀にわたりほぼ毎年、親しんできたこの海。
シュノーケルをつけ、上の写真の、沖の方向へ泳いでいく。
最初に胸を水に浸したときはひやっとするが、慣れるとそんなに冷たくはない。
この日はクラゲに遭遇せず快適。

DSCN8890.JPG
砂の海底(水深約2メートル)

昔はもっと遠浅だったが、年々、砂が減って深くなっている印象。
それで平成に入ってから沖テトラが入れられ、いっときは浅い海が戻ったが、また砂が沖へともっていかれているようで深くなっている。
砂底というものは、このように一様に砂の文様が続いており、果てしなさを感じさせる。

DSCN8892.JPG
沖テトラ出現

前方に姿を現した海底の要塞。
これが浜の砂の流失を食い止めるために置かれた沖テトラ。
水中で対峙した瞬間、一瞬恐怖を感じるが、そこはよく見るとお魚の観察スポットだった。

DSCN8894 アイゴ.jpg
アイゴ

この日は、磯釣りでおなじみのアイゴがよく見られた。奥のほうには小さいグレの群れも。

DSCN8897-イシガキダイ1.jpg
DSCN8898 イシガキダイ2.jpg
イシガキダイが!

ブロックの間に、イシダイの幼魚かと思ったら、南方にすむといわれるイシガキダイだった。
撮影したら、シャッタースピードの関係でメッシュのような模様に。
この海で見たのは初めて。
日本海の水温上昇の影響なのか。

DSCN8902 オヤビッチャ.jpg
オヤビッチャ

これはスズメダイの仲間オヤビッチャ。

DSCN8903 タカノハダイ.jpg
タカノハダイも

斜め縞模様のタカノハダイも。
コンクリ底にじっとしており撮りやすい。
尾びれの水玉模様が熱帯魚感。
浜からの単調な海の景色からは予想だにしていなかった、南方魚たちが入り乱れる光景が展開されていた。

1時間ほど一巡して浜から上がった。
海パンのまま玄関先で、ホースで水を落とすとき、海辺の家の醍醐味を感じる。すっかり涼しくなった。
着替えて再び畳の上に横臥。
夕方、片づけをして、戸締りをして、車で滋賀県までの300キロを戻る。
渋滞はなかったが眠気を感じ、途中で仮眠して4時間半くらい。
昔は、今よりも道路整備が進んでいなかった中、休憩なしでぶっ通しで運転できたが、やはり年はしょうがないなあと思う。







posted by 進 敏朗 at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 山陰往還記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月07日

浜と河口、波や空

P6080625 浜と空.jpg
浜に映り込む空(午後5時ごろ)

前の晩、深夜から鳥取県の空き家となっている祖母の家に帰省。
初夏の恒例行事、草取りだが、前夜は雨で、風も強かった。
この日は雨はやんだが、引き続き北寄りの風が海から強い吹き寄せる。
波も高く、潮ミスト発生(2014年8月12日「潮ミスト」参照)、車の窓が白くすりガラスのように。
築半世紀の空家のサッシ、海に面しているほうはことごとく腐食、変形して開かなくなるなどの影響を被っている。
お金と時間があったら直したい。
しかし、細切れの時間のうちに生きる身にとって、思うように往復ままならず。長期休みがほしい。
午後、作業に従事。
海鳴りが聞こえる家っていいな。
ふと空家の横を流れる川をみると、ずいぶんと上流に潮目がある。

P6070566 潮目.jpg
川に現れた「潮目」

海べりから200メートルくらいも上流に。
かなり押し戻されたような。
石垣との境目を見ると、水面の位置がふだんより数十センチ上昇している。
ここは干満の差がほとんどない日本海岸なので、満潮のせいではない。
以前にもこのようなことがあり、河口が砂でふさがっているためだと理解した(2017年8月10日「満水川」参照)。歩いて1分の浜に出た。

P6070568 ふさがれた河口.jpg
押し寄せる波と、砂でふさがれた河口

するといつもブロックの横らへんにあるはずの河口がなく、滑らかな砂で覆われていた。
ここは砂の王国鳥取県。
この浜の砂質は幼少の頃から親しんでいるけど、滑らかで足裏にやさしく、それでいて濁らない砂粒はひそかな自慢。
冒頭の写真のような、鏡のような浜の景を独り占めだ。

P6070592 浜と河口.jpg
蛇行し砂を削る川

川は海岸に対して右(東)に蛇行し、50メートルほど進んだところで海に出ていた。
ここまで大規模に蛇行しているのを見るのははじめて。
こうやって河口の砂州が発達するのだなという自然地理の生きた教材。


しかしこれで浜が削られるのは、すぐそばに住宅があるので危ない。
写真手前の水際の直線は、コンクリは浜に車両が下りるために敷設されたコンクリで、これが根元をえぐられると陥没の恐れもあり危険だ。
地球温暖化で海面が上昇するとこの、浜辺の町も安心ではいられない。
はやくまっすぐな河口を掘って対策が待たれる。

P6070595 フランドル.jpg
荒れた海と夕方の空

フランドル地方の海岸を思わせる海と空の色。
実際に行ったことはないがベルギーの画家マグリットが描いてた海や空がこのような感じだったのではないか。
音や色、におい、海はいろんな表情を見せる。厳しい環境という面もあるが、空家が海べりになかったら、これだけ愛着がわくこともなかったんじゃないかと思う。


P6070605 波打ち際.gif
〈おまけ〉雨と浜風で形作られたとみられる発泡スチロール汀線



posted by 進 敏朗 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 山陰往還記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月23日

線香立ての砂

DSCN8172.JPG
海の見える墓地

彼岸の中日、空家となっている祖母の家にて、彼岸の墓参をする。
前夜、午後8時前に京都府の洛西地域を出、深夜に着いた。
朝になり、1人で墓に行った時、母から言われていたことを忘れていたのを思い出す。
線香立ての砂が古くなったので、新しい砂を浜から取ってきてほしいとミッションを受けていたのだった。
徒歩で家に引き返し、ビニール袋を持って浜に出る。

DSCN8162.JPG

きょうは風が強くて、家からでも波の音が聞こえていた。

DSCN8164.JPG
細かな砂

護岸コンクリ壁の近くに吹きだまって、さらさらしていそうなところから手ですくい取って袋に入れる。
波打ち際から遠いやつのほうが粒が細かくてさらさらだ。

DSCN8169.JPG
入れなおした砂

さあこれをもって墓地に引き返し、線香立ての砂を入れ替えた。
さらさらになった。

DSCN8171.JPG
線香を立てる

線香も、さくさくと入り気持ちがいい。
海沿いなだけに、新鮮な砂の調達は容易なのだった(笑)

DSCN8176.JPG
墓の野菊

京都にいる母のいとこが、祖母宅をたずねてきた。
77歳になり、これまでは毎年5回、車で隣町の実家に戻っていたが、80歳になったらもうやめようかなあという。実家の建物は築50年くらいだが雨漏りがするのでつぶす予定と聞いた。
昭和時代はここらへんも人でにぎわっていたのを思い出す。
秋晴れの海辺の町はひっそりとしていた。

posted by 進 敏朗 at 00:00| Comment(0) | 山陰往還記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月14日

海辺のお盆

DSCN6515 海のきらめき.jpg
海のきらめき(13日撮影)

12日の昼ごろから帰省した。
新型コロナ対策のため、帰省をどうするかよく話し合ってと知事も呼びかけている。どうしようかと思ったが、車で行き来し、実家には戻らず、空家となっている祖母の家のほうで、墓のことやお盆のもろもろのため、三日間だけこの家の主となって、ひとりで過ごすことにする。

DSCN6596 空家にも届いた.jpg
空家にも届いたマスク

魚屋で魚を買ってからたどり着いた。
祖母の家には母がおり、窓をあけて、距離をたもった上マスクをして話す。

DSCN6480 アジをさばく.jpg
小アジを開く

滞在日数は長くないし、お盆なので釣りはやらず、鮮魚店でアジを買った。
釣りのエサ代くらいのお金で買える。
スーパーで白イカの刺身も。イカは今年、やや高いみたい。
中くらいのは塩焼きに、小さいのは背開きにして干物をつくることにする。

DSCN6482 海鮮ごはん.jpg
晩ごはん

昔の民宿のような晩ご飯となった。
ここには、いぎすが写っていないが、海藻を原料にした寒天状の健康食品、いぎすもスライス。

🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊

DSCN6490 海.jpg
海の様子

明けて13日。
曇ったり晴れたり、瞬間的に雨もぱらつく。
怠惰に午前9時起床。
コーヒーと白バラ牛乳を飲んだ後、裏庭の草取りをする。すぐに汗と息切れと腰だるさで、11時半の町歌が鳴るまでに、目標の7割くらいを刈った。まあまあだ。
とにかく、ふだん誰も住んでいないので、お化け屋敷にならないように気を付けないといけない。

DSCN6485.JPG
砂上に花咲く(ハマナデシコ)

そこから海パンに着替え、テレビをつけたまま歩いて浜に行く。
海水浴場は閉鎖されていて、人はほとんどいない。海水浴場がやっていても、人は少ない浜だ。
筆者は毎年、泳いでいるのはブイの外。
まずは足をひたし、徐々に腰まで、肩までと浸かる。いちばん緊張する瞬間だ。
今年の浜は浅くて、歩いたまま沖の沈みテトラのところまで行けた。

DSCN6493 イシダイ幼魚の群.jpg
ダンダラ(イシダイ幼魚)がいる

海藻がはえたブロックの上には、地元でダンダラと呼ぶイシダイ幼魚が何匹かいる。

DSCN6525 イシダイと目が合.jpg
目が合う

好奇心が旺盛な魚で、こちらに近づいてくるやつがいる。
正面から見ると割と薄っぺらい。

DSCN6498 カゴカキダイ.jpg
カゴカキダイ

チョウチョウウオの仲間、カゴカキダイもいる。
鮮やかさで日本海の磯では浮いた存在に見えるが、昔からこいつはいた。
単独で行動する魚のようだ。

DSCN6503 正面からみたカゴ.jpg
正面からみたカゴカキダイ

正面から見ると、黄色と黒の模様がひし形になっている。
鬼太郎のちゃんちゃんこを思わせる配色。

DSCN6521 晴れた海の色.jpg
日が差した海の色

最初は曇っててなんだか重たい色だった海に日が差して、明るい感じになった。
潮は西から東に流れていて、海に入った地点からだいぶ東に上陸した。

DSCN6508 海の色.jpg
海の色

自分の足を撮るとこんな感じでガラスの色を思わせる。
海に体を浸す体験。琵琶湖もいいが、波、潮、砂、、と、海はやっぱり違った場所だ。

DSCN6534 チヌ.jpg
チヌ

こんどは突堤の先で泳いだ。
捨て石周りに20センチ級のチヌ。
水中眼鏡で見ると実物より大きく見えるが、となりのイシダイ幼魚の大きさからするとそんなものだろう。
波もあって、シュノーケルから入って来た海水を思わずごくり。
何回か潜水と浮上を繰り返して疲れたので、海から上がる。
浜から戻ったらまだ1時間ちょっとしかたっていない。
歩いてすぐ戻れるのだ。
玄関先のシャワーで砂を落としてから。家とブロック塀の狭い間を進み、勝手口から風呂場に直行だ。
開放的な昭和の住宅よ。

DSCN6537 お盆の夏空.jpg
青い海と赤い甍

昼寝してから、お盆行事に取りかかる。
まずは寺に行き、お供え物をする。父母がこの日までに供えていた花の水を換える。
高台の墓からは寺の三角屋根の向こうに青い海。

DSCN6541 団子の粉.jpg
おだんごづくり

そして家に戻り、おだんご作りをする。
買ってきただんごの粉(250グラム入り)を半分だけ使う。
あきれたことに、台所の棚を見ると過去3年分くらいのだんご粉が出てきた。いつも、その都度買うが、残った粉を捨てきれずに残していたのだ。

DSCN6544 なすときゅうり動.jpg
なすときゅうりで動物もつくる

家から持参したなすと、買ったきゅうりで動物をつくる。
なすは牛、きゅうりは馬で、先祖を迎えるときは速い馬、送る時はゆっくりした牛で、との思いを込めているのという。
このだんごづくりや動物づくり、昨年この場所で、京都から帰省していた叔母から習ったのだった。

DSCN6547 暮れゆく町.jpg
夕暮れの町

さあだいぶ日も暮れてきた。
そろそろ、迎え火をたくのによい時間帯だ。

DSCN6549 迎え火の準備.jpg
折った苧殻に火をつける

玄関先に、苧殻(おがら)を折ったものを重ね、これに火をつける。

DSCN6552 迎え火.jpg
迎え火

最初はなかなか燃えないが、温度が上昇してくると、一気に燃え広がった。
この火をみて、先祖が帰って来るのだという。
だからまあ、夕方までに海で泳いだりするのはセーフ、と思っている。

DSCN6590 夕暮れの海.jpg
浜の夕暮れ

浜に出て太陽が沈んでいくのを眺めた。
雲が赤く照らされて雄大な夕景。
先祖が帰って来たんだなと思わせるような。

🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊

DSCN6602 晴れ上がる大山.jpg
晴れ渡った大山

明けて15日、もう滞在の最終日。
大山が晴れ渡り、山の後ろ(南側)に雲が立ち上っている。
これは南風で、フェーン現象が起きているようだ。
こういう日の海は、風が強いがさざ波が立つだけで白波が立たない。

午前中はのんびりして、午後は洗濯や掃除、片付けに追われた。
店を回って、空家で使う新しいサンダルやスリッパ、ティッシュやキッチンペーパーなどを買う。
またいつ来ても、使える家にしときたい。

DSCN6603 干物完成.jpg
アジの干物取り込み

アジの干物は、最初作ったやつが塩辛かったので、つぎはみりんをまぜて作った。
(しかし帰って食べたら、ちょっと干しすぎだったか身がパサパサしていた)
まだまだ経験不足。これから上手になりたい。



たいたご飯が1日以上もたって残ってしまった。
それらは橋の上から、川のコイにあげて処理するのだった。アジアの水辺よ。

DSCN6606 水平線がはっきり.jpg
水平線がはっきり見える

風はけっこうあるのに白波が立たず、水平線がはっきり見える。
午後はゆっくりと過ぎていくが、やがて夕方近く、日が傾きかけ、出発の時間となる。
2泊の滞在は、あまりに短いものだった。
しぶしぶといった感じで、帰路につく。
だがまあ、今年の夏も、ここで過ごせてよかった。







posted by 進 敏朗 at 13:31| Comment(0) | 山陰往還記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする