2020年08月14日

海辺のお盆

DSCN6515 海のきらめき.jpg
海のきらめき(13日撮影)

12日の昼ごろから帰省した。
新型コロナ対策のため、帰省をどうするかよく話し合ってと知事も呼びかけている。どうしようかと思ったが、車で行き来し、実家には戻らず、空家となっている祖母の家のほうで、墓のことやお盆のもろもろのため、三日間だけこの家の主となって、ひとりで過ごすことにする。

DSCN6596 空家にも届いた.jpg
空家にも届いたマスク

魚屋で魚を買ってからたどり着いた。
祖母の家には母がおり、窓をあけて、距離をたもった上マスクをして話す。

DSCN6480 アジをさばく.jpg
小アジを開く

滞在日数は長くないし、お盆なので釣りはやらず、鮮魚店でアジを買った。
釣りのエサ代くらいのお金で買える。
スーパーで白イカの刺身も。イカは今年、やや高いみたい。
中くらいのは塩焼きに、小さいのは背開きにして干物をつくることにする。

DSCN6482 海鮮ごはん.jpg
晩ごはん

昔の民宿のような晩ご飯となった。
ここには、いぎすが写っていないが、海藻を原料にした寒天状の健康食品、いぎすもスライス。

🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊

DSCN6490 海.jpg
海の様子

明けて13日。
曇ったり晴れたり、瞬間的に雨もぱらつく。
怠惰に午前9時起床。
コーヒーと白バラ牛乳を飲んだ後、裏庭の草取りをする。すぐに汗と息切れと腰だるさで、11時半の町歌が鳴るまでに、目標の7割くらいを刈った。まあまあだ。
とにかく、ふだん誰も住んでいないので、お化け屋敷にならないように気を付けないといけない。

DSCN6485.JPG
砂上に花咲く(ハマナデシコ)

そこから海パンに着替え、テレビをつけたまま歩いて浜に行く。
海水浴場は閉鎖されていて、人はほとんどいない。海水浴場がやっていても、人は少ない浜だ。
筆者は毎年、泳いでいるのはブイの外。
まずは足をひたし、徐々に腰まで、肩までと浸かる。いちばん緊張する瞬間だ。
今年の浜は浅くて、歩いたまま沖の沈みテトラのところまで行けた。

DSCN6493 イシダイ幼魚の群.jpg
ダンダラ(イシダイ幼魚)がいる

海藻がはえたブロックの上には、地元でダンダラと呼ぶイシダイ幼魚が何匹かいる。

DSCN6525 イシダイと目が合.jpg
目が合う

好奇心が旺盛な魚で、こちらに近づいてくるやつがいる。
正面から見ると割と薄っぺらい。

DSCN6498 カゴカキダイ.jpg
カゴカキダイ

チョウチョウウオの仲間、カゴカキダイもいる。
鮮やかさで日本海の磯では浮いた存在に見えるが、昔からこいつはいた。
単独で行動する魚のようだ。

DSCN6503 正面からみたカゴ.jpg
正面からみたカゴカキダイ

正面から見ると、黄色と黒の模様がひし形になっている。
鬼太郎のちゃんちゃんこを思わせる配色。

DSCN6521 晴れた海の色.jpg
日が差した海の色

最初は曇っててなんだか重たい色だった海に日が差して、明るい感じになった。
潮は西から東に流れていて、海に入った地点からだいぶ東に上陸した。

DSCN6508 海の色.jpg
海の色

自分の足を撮るとこんな感じでガラスの色を思わせる。
海に体を浸す体験。琵琶湖もいいが、波、潮、砂、、と、海はやっぱり違った場所だ。

DSCN6534 チヌ.jpg
チヌ

こんどは突堤の先で泳いだ。
捨て石周りに20センチ級のチヌ。
水中眼鏡で見ると実物より大きく見えるが、となりのイシダイ幼魚の大きさからするとそんなものだろう。
波もあって、シュノーケルから入って来た海水を思わずごくり。
何回か潜水と浮上を繰り返して疲れたので、海から上がる。
浜から戻ったらまだ1時間ちょっとしかたっていない。
歩いてすぐ戻れるのだ。
玄関先のシャワーで砂を落としてから。家とブロック塀の狭い間を進み、勝手口から風呂場に直行だ。
開放的な昭和の住宅よ。

DSCN6537 お盆の夏空.jpg
青い海と赤い甍

昼寝してから、お盆行事に取りかかる。
まずは寺に行き、お供え物をする。父母がこの日までに供えていた花の水を換える。
高台の墓からは寺の三角屋根の向こうに青い海。

DSCN6541 団子の粉.jpg
おだんごづくり

そして家に戻り、おだんご作りをする。
買ってきただんごの粉(250グラム入り)を半分だけ使う。
あきれたことに、台所の棚を見ると過去3年分くらいのだんご粉が出てきた。いつも、その都度買うが、残った粉を捨てきれずに残していたのだ。

DSCN6544 なすときゅうり動.jpg
なすときゅうりで動物もつくる

家から持参したなすと、買ったきゅうりで動物をつくる。
なすは牛、きゅうりは馬で、先祖を迎えるときは速い馬、送る時はゆっくりした牛で、との思いを込めているのという。
このだんごづくりや動物づくり、昨年この場所で、京都から帰省していた叔母から習ったのだった。

DSCN6547 暮れゆく町.jpg
夕暮れの町

さあだいぶ日も暮れてきた。
そろそろ、迎え火をたくのによい時間帯だ。

DSCN6549 迎え火の準備.jpg
折った苧殻に火をつける

玄関先に、苧殻(おがら)を折ったものを重ね、これに火をつける。

DSCN6552 迎え火.jpg
迎え火

最初はなかなか燃えないが、温度が上昇してくると、一気に燃え広がった。
この火をみて、先祖が帰って来るのだという。
だからまあ、夕方までに海で泳いだりするのはセーフ、と思っている。

DSCN6590 夕暮れの海.jpg
浜の夕暮れ

浜に出て太陽が沈んでいくのを眺めた。
雲が赤く照らされて雄大な夕景。
先祖が帰って来たんだなと思わせるような。

🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊

DSCN6602 晴れ上がる大山.jpg
晴れ渡った大山

明けて15日、もう滞在の最終日。
大山が晴れ渡り、山の後ろ(南側)に雲が立ち上っている。
これは南風で、フェーン現象が起きているようだ。
こういう日の海は、風が強いがさざ波が立つだけで白波が立たない。

午前中はのんびりして、午後は洗濯や掃除、片付けに追われた。
店を回って、空家で使う新しいサンダルやスリッパ、ティッシュやキッチンペーパーなどを買う。
またいつ来ても、使える家にしときたい。

DSCN6603 干物完成.jpg
アジの干物取り込み

アジの干物は、最初作ったやつが塩辛かったので、つぎはみりんをまぜて作った。
(しかし帰って食べたら、ちょっと干しすぎだったか身がパサパサしていた)
まだまだ経験不足。これから上手になりたい。



たいたご飯が1日以上もたって残ってしまった。
それらは橋の上から、川のコイにあげて処理するのだった。アジアの水辺よ。

DSCN6606 水平線がはっきり.jpg
水平線がはっきり見える

風はけっこうあるのに白波が立たず、水平線がはっきり見える。
午後はゆっくりと過ぎていくが、やがて夕方近く、日が傾きかけ、出発の時間となる。
2泊の滞在は、あまりに短いものだった。
しぶしぶといった感じで、帰路につく。
だがまあ、今年の夏も、ここで過ごせてよかった。







posted by 進 敏朗 at 13:31| Comment(0) | 山陰往還記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月02日

小魚フライ

DSCN6284.JPG
小サバ

鳥取県中西部の漁港で、3.6メートル延べ竿のサビキ仕掛けで釣りを楽しんだ。
雨続きのせいか、漁港内を見ると水がにごってはいないが透明度が低い。
以前、地元のおじさんから「潮がにごっているほうが良く釣れる」と聞いたが、この日、話をした別のおじさんは「きょうは濁りすぎだ。こういう日は釣れん」と言った。

その通りに、小さいやつしか掛からない。
まわりに数人、釣りの人がアジを狙っているが誰も釣れていない。
小サバがよく掛かる。しかし、入れ食いとなったのは10センチくらいのフグだった。

DSCN6286 夕日.jpg
夕暮れの海

夕方に一縷の望みを託したが魚信ないままに終了。
大きめのやつを釣って開きをつくる計画は水泡に帰した。

DSCN6289.JPG
釣果

バケツに入れて持ち帰った魚だが、近くの海なので鮮度には自信。
わずかな釣果だが…。

DSCN6291.JPG
フライにしてボリューム感

これをフライにすると上の写真のような感じとなり、ボリューム感が増した。
まったくフライという料理は、小魚しか釣れない初心者にはうってつけだ。

DSCN6293 料理.jpg
海鮮定食

すでに昼のうちにスーパーで買っておいた地元食品会社製のイギス(写真右の黒っぽいスライスした物体)やイワガキ、さらには刺身などもあり、ボリューム感たっぷりの海鮮定食になったのだった。


DSCN6294 庭掃除.jpg
庭掃除

明けて、空家となっている祖母宅の掃除。
庭の向こうでは廃業して何年かになる酒蔵が解体工事中。
内部はこうなっていたのかあ、と眺めつつ、次々と幼少時からの記憶につながる建物がなくなっていくことにさみしさも。

DSCN6296 カニ.jpg
草むらからカニが出てくる海辺の空家

新型コロナ感染がまた、東京で広がりつつある。まだ近畿では増えていない。お盆に向けた掃除を名目としての帰省だったが、果たしてお盆には感染の状況はどうなっているだろうか。

posted by 進 敏朗 at 00:00| Comment(0) | 山陰往還記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月12日

お盆の海


DSCN0101 町川.jpg
河口近く。吹き寄せられた砂が形作るワンドにコイも

お盆の帰省。
空き家となって久しい母方の祖母の家だが、仏壇も墓地もあり、お寺の壇家関係もそのままで、先祖供養の行事は今も続いている。

それを取り仕切ってきた母も高齢になってきたから、今後どうしていくのか、筆者がそれを考えなくてはいけない立場なのだが、とりあえずはお盆の準備作業等を一緒にすることにして、まず前日の12日夕方、墓や仏前霊前に供える花やシブキ、サカキを米子から運び込み、墓地への花飾りなどの作業をした。

これもお盆が始まる13日にやればいいんだが、13日は米子の実家のほうのお盆行事が忙しいから、母は前日のうちに実家であるこちらの準備を終えておこうという段取りだった。

DSCN0105 浜.jpg
夕方の浜

しかし筆者の関心は、お盆のことよりも、家のすぐ近くにある浜や海にあった。
到着すると、とりあえず浜に出て海の様子を見る。
海の見え方は、毎回、違うのである。
この日は波が突堤を洗うほど強いわりに、水平線がいやにはっきりと見える。
この日鳥取市は全国で気温がいちばん高くて38度だかあったというから、フェーン現象で中国山地を吹き下ろした風が来ていたのかもしれない。


DSCN0108 墓地からの夕景.jpg
墓地から夕焼けをみる(午後6時50分ごろ)

海の見える墓地で、草を抜いたり、花をいける筒を洗ったりしてから、花を飾る。
墓がひとつだったら楽だが、母の母方の実家など、親類関係含め5基もあるために、作業が5倍となる。仏式と神式がひとつの区画に同居している。
筆者は恥ずかしながら、シブキとサカキは違う植物であることを初めて知った。シブキの葉っぱにはギザギザがあって、サカキはギザギザがない。これを仏教用、神道用と使い分けていたのである。毎年、お盆の準備を欠かさない人なら当たり前のことが、筆者などはまったく知らぬまま育ち、中年になった。

やっている間に夕方となって、きれいな夕焼けとなった。

DSCN0125 浜夕景.jpg
夕暮れの浜(同7時25分ごろ)

夕焼けはさらに深い色となって、浜に出て、深い青と赤のコントラストを見た。
近くの駅から汽車(ディーゼルカー)で母を送り返し、ひとりの夜を過ごす。
楽しく語らい眠ったことを思い出す。

🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊

DSCN0140 海と甍.jpg
赤い甍と海

明けて、やはり気になるのは海。
朝、墓地のやり残した掃除と花の水替えに行き、ふと海を眺める。
石州瓦(せきしゅうがわら)の明るい茶色が、青い海に映える。
いいね石州瓦。
この寺自体も「海見山」というのだった。
いやがうえにも海が目に入る立地なので、開祖か誰なのかは知らぬが、そう名付けた気持ち、僕にはわかります、と名付けた人に言いたい気持ちになった。

瓦に引きたてられて海がいっそう青く見えたから、海水浴したい気持ち(海水欲?)も高まった。

DSCN0141-浜に近づく.gif
浜に出る(午前11時ごろ)

台風が南洋上を接近している影響で、風が強めで白波も立っていたが、海水浴場のブイの内側は人が泳いでいて遊泳禁止というほどではなかった。

お盆には泳いだり、釣りはせんもんだ(しないものだ)といわれていて、それを言い聞かされて育った筆者の中にも禁忌の心はじゃっかん残っているのだが、迎え火を炊くまでなら泳いでもいいんじゃないかと思いなおす。

やはり泳ぎたい心がまさり、禁忌の心はどこかに消し飛んだ。


DSCN0147 海の波.jpg
海に入る

とはいえ波もあるから、ちょっと入るだけにした。

海は、季節、天候、時間帯によっていろんな表情があり見ていても飽きないが、やはり海は、そこに浸かることで直接つながるというかぜんぜん違ったものになる。



苦い海水が鼻から入る。
昔と何も変わっていない。ちょうどよい冷たさ。
幼少時からの夏の恒例行事はやめられないのだった。もはやレジャーというより神事のようなものかもしれない。

砂の上をサンダルばきで、あたかも近所の公園から戻るように家に戻る。

🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊

午後から京都のおば合流、お盆の供え物について学び、提灯の準備も。
墓に備える砂糖を固めたカラフルな菓子や、お膳に供える煮しめ一式等、必要なものは、すべて地元のスーパーで売られていた。

DSCN0162 迎え火.jpg
迎え火

夕方から、米子に引き返すため、まだ明るいのに迎え火をたく。
迎え火に使うおがらも、スーパーで100円くらいで売られており、それを半分だけ使って迎え火とする。
残りの半分は16日に送り火に使うのだが、その日までには滋賀に戻ってしまうのだった。





posted by 進 敏朗 at 13:15| Comment(0) | 山陰往還記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月24日

浜の梅雨明け

DSCN9937.JPG
広くなった浜

今年の梅雨明けは遅くて中国地方で25日だった。
その前日の24日、鳥取入りし、空き家となっている祖母の家から浜に出ると、これまで記憶にないくらい浜が広がっていた。
3月に訪れた際にはこのようになってはいなかった。短期間で砂が吹き寄せたのか。

DSCN0003.JPG
砂搬入作業(25日撮影)

いやそうではなく、砂の搬入が行われたようだった。

重機が浜に溝を掘り、トラックが溝に砂を落とす。川の対岸側の浜はこの繰り返しが行われていた。
昔は、浜がもっと広かったという。幼少時の記憶では、確かに広かったような気もするが、それは自分が子供だったから何でも大きく見えていたせいもあるかもしれない。ともあれ、浜は年々縮小を続けていて、場所によっては民家のちょっと手前まで波が来るような事態にもなっていたから、何かの手を打たねばいけないタイミングだっただろう。広がった浜の砂質には目立った変化はなく、近隣の浜から持ってきた砂と思われた。


DSCN9948.JPG
サビキ釣り

日中は草刈り、剪定に精を出し、夕方になると、恒例の釣りをした。
漁港からのサビキ釣り。この日は足元がポイントで投げなくてもよかった。
同じ場所で昼すぎから釣っていたおじさんが、撒き餌をしてくれていたおかげで、小アジが次々にかかってくる。

DSCN9954.JPG
釣果

1時間ほどの釣りで、40匹近く釣れ、いちばん大きなやつは20センチくらいだった。
これでは先日、若狭湾でボートに乗っての釣果と変わらない。それが、足元に糸を垂らしただけで得られたのだった。


DSCN9956.JPG
塩焼きや空揚げ

大きめのやつは塩焼きに、小さいやつは空揚げにして食べた。
鮮度がいいだけあって味はよかった。

DSCN9952.JPG
玄関先を、セミが土の中から出てきた


DSCN9959.JPG
梅雨明けの朝(午前9時半ごろ)

明けて25日朝は海水浴。
ちょっと涼しくて、水もまだ冷たい。まだ泳いでいる人もいない。

DSCN9963.JPG
力尽きたムラサキダコ

魚かな、と思ったらタコだった。
波打ち際に、力尽きて横たわっている。様子から見て、昨晩から未明にかけ漂着したみたいだ。
胴体がタコにしてはしっかりとした形になっている。ムラサキダコのようだ。

DSCN9966.JPG
漂着の情景

これを引いて撮るとこのような情景になっている。
河口のへりに横たわっているのが見えるだろうか。
どうやら波打ち際で産卵をするようで、少し離れたところに米粒のような卵塊があった。
産卵を終え力尽きたタコよ。やすらかに。
人里の足元では、生命のドラマも繰り広げられているのだった。


DSCN9967.JPG
グレやチヌ

泳ぎ初めは冷たかったけど、徐々に慣れてきて、突堤の先のブロックや捨石の周りを泳いだ。
グレやチヌらしき魚、根魚などがみられた。

DSCN9983.JPG
小魚泳ぐ



DSCN9995.JPG
晴れ間のぞく

海から上がるころに晴れ間がのぞいてきた。本格的な夏到来だ。

DSCN0007.JPG
昨晩のセミが

昨晩、玄関先で見かけたとおぼしきセミの幼虫が羽化していた。
いつもの夏がやってきたことが喜ばしい。
posted by 進 敏朗 at 00:00| Comment(0) | 山陰往還記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月12日

海水浴

DSCN9910.JPG
浜(午前10時ごろ)

空家となっている祖母の家に墓参り。浜は海水浴場だ。
浜と住宅が近い日本海。
浜はけっこう幅広いが、ブイに囲まれた海水浴場の範囲は狭く、これ以上狭くなりようがないという意味で日本一小さな海水浴場かもしれない。

昔は海中に鉄製の飛び込み台や海の家があった。筆者の生まれる以前には、ブランコやぼんぼりなんかもあったことが写真に残る。


DSCN9916.JPG

波があって、昔は、浮き輪につかまって、波を上下するのが遊びだった。
大人になった今となっては、浮き輪はしない。

島根半島の入江など、波のあまり来ない海水浴場で、海底の様子を見るのも楽しいが、波のある海水浴場は、波のザザーンというサウンドがあって、それが海感を高めているんだなとあらためて思った。

波が強かったせいか、懸念されたクラゲにまったく遭遇しなかった。

DSCN9923.JPG
休息

泳ぎを覚えた5歳のとき、ここで溺れかけて救助された。
兄らに見せようと得意になって泳いでいたら、足が届かず、もがいていたところを、網のようなものですくわれた。
浜はその当時から変わっていない。いっとき、砂がずいぶんえぐられて、丸石がだいぶ目だったこともあったが、沖にテトラが沈められて砂がたまるようになった。


DSCN9924.JPG
砂粒

砂は、裸足で踏んでもまったく痛くないほど細かく、かといって細かすぎて泥っぽくなることもない。
ちょうどいい粒だ。

拡大すると、透明な、ガラス質? の粒がけっこう多かった。
この砂で育ったので、水泳場の砂質にはけっこううるさい。琵琶湖の湖西の浜は、これに比べると、色が白いのはいいが、砂質が粗くて足裏が痛い。

波があったので、水中撮影をあきらめて、1時間半ほどで家に戻った。



DSCN9991.JPG
開山1300年、大山南河原橋からの夕景(午後7時ごろ)

posted by 進 敏朗 at 00:00| Comment(0) | 山陰往還記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする