2018年09月02日

9月初旬の琵琶湖岸の憩

DSCN9917ビニールシートテン.jpg
ビニールシートと竹棒での日よけ屋根設営

友人Sらとともに琵琶湖岸レジャー。
堅田に集合、湖西の浜へ行く。
もう9月だから、あまり人はいないだろうと思って行ってみると、バーベキューの人らがいる。

家にあった、園芸の作業に使うビニールシートと竹の棒でテントを設営。
ビニールテープを四隅に張り、さらに支柱からも外側に2本を張り、ぴんと張った状態で屋根ができて間に合った。

支柱となる竹は、直径3センチ以上ないといかんな、と確認。


DSCN9953琵琶湖に浸かる.jpg
琵琶湖に浸かる

9月初旬といってもまだ暑いのだった。
足を投げ出して琵琶湖の石浜に浸かった。

DSCN9969足に寄って来る.jpg
筆者の足指に集まるゴリ

すると足指に底生魚ゴリが集まってくる。
体長2、3センチの、石模様をした魚らは、ここは白っぽい石が多いためか半透明な体色となっている。
ふにゃふにゃした筆者の足指の皮膚が餌だと思ったのだろうか。貪食な魚たち。

DSCN9933ゴリ.jpg
石の間から顔を出すゴリ(水中撮影)

川の流れや湖流れでたえず洗われる浜には藻が生えず、石は白いままだ。




DSCN0005コアユ群れ.jpg
湖岸に集まったコアユの群れ

さて浜の波打ち際を見やるとコアユの大きな群れがいる。
これらは産卵のため川に遡上する機会をうかがっているのだ。
こんな場面で投網をしたら一網打尽ということになるが、
滋賀県では、9月1日から漁協管理区間を除き、すべての水辺でコアユ捕りは禁止となる。


だから捕ってはだめだ。
ところがこの日は、川の水量が少なくて、河口部分で流れが川に砂に吸い込まれて、あと1メートルのところで切れてしまっている。

DSCN0028河口開鑿.jpg
河口を開削

そこで我々の手で河口を開削し、コアユが遡上するのを補助することにした。
ところが沖合の水上バイクの波が来るたんびに、砂が押し寄せてせっかく掘った河道が埋もれてしまう。
近年のコアユの産卵数の減少、水上バイクも関係しているんじゃないの、なんて考えちゃったりする。



流れを開削して、遠巻きに見ていると、そのうち打ち寄せる波とともに威勢よくのぼってくるやつもいた。
だが流れは次第に、弱まっていき、遡上するやつは少なかった。

まあ、あさって4日には今年最大級の台風21号が接近するというので、そうなれば雨も降って、たくさんの水流が呼び水となってコアユは遡上するだろうから、この日の我々のやったことは、ほとんどコアユの産卵行動には影響しないだろう。

DSCN0054湖岸の空.jpg
広がる空と雲

夕方近く、広がる空と雲を眺めた。

琵琶湖に入って洗剤でバーベキューの後の金網を洗う信じられない光景を見たと友人Sは言った。
帰る時にビニール袋に入れられたごみが道路に放置されているのも見た。
そのようなことは本当にやめてほしいものだ。
このような風光を愛でるので十分ではないだろうか。

9月というのに意外と渋滞していた。

posted by 進 敏朗 at 21:50| Comment(0) | 琵琶湖・内湖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月12日

うみのこ

20180312_141934_HDR-うみの.jpg

大津港に前日引退セレモニーのあった学習船「うみのこ」が停泊していた。

昨日の午後、大勢の人に見送られて港を後にしたが、セレモニーの後で戻って来たようだった。

ここが停泊港なので、それもそうか。すぐに解体のドックに送られるわけではなかった。造船所のドックには今、2代目の「うみのこ」が建造中で、それが出てくるまで停泊しているのだろうか。

1983年に就航し、35年で50万人以上の児童が乗船したという「うみのこ」。
滋賀県では小学5年生になると、この「うみのこ」に乗船して1泊するのだった。うちの子供は3人ともお世話になった。毎回冬の時期だった。筆者は鳥取県出身のため乗船体験はない。年齢的にも、筆者が小5の時にはまだ「うみのこ」は就航していなかった。「うみのこ」に乗船したことがあるかどうかで、滋賀県出身の人は年代に線引きがされるという話を聞いた。

目の前の船は、エンジンもかかっていて、まだまだやれそうだった。
あと2か月したら、2代目「うみのこ」がここに係留しており、この目の前の船はドックで解体されるだろう。まったく信じられない感じだ。

車を廃車したときの気持ちがよみがえる。まだまだ走れた車を、部品交換の費用がかさむから、危険な故障が発生しないうちに、と更新した。ディーラーに引き取ってもらったときの惜別の情が浮かぶ。

目の前の「うみのこ」はもう、子どもを乗せて琵琶湖を行くことはない。思い出を秘めながら、解体されるのを静かに待っている。あと2か月。短い余生だ。このまま港に係留して記念館に、という案もあったそうだが、維持するのに多額のお金が掛かるため解体やむなしとなったという。

長年の疲れから解放された船に、春の日差しが降り注いでいた。

20180312_141047_Burst01 カ.jpg
カンムリカイツブリ









posted by 進 敏朗 at 22:47| Comment(0) | 琵琶湖・内湖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月24日

湖岸のロマン

DSC_7712 24日湖岸.jpg
湖岸

大津駅から北に歩き、琵琶湖岸にたどり着くと、穏やかな光景が広がっていた。
穏やかな時間。

3時までは薄日が差していたが、それ以降は雲が厚くなった。

DSC_7749 カンムリカイツブ.jpg
カンムリカイツブリ
posted by 進 敏朗 at 00:00| Comment(0) | 琵琶湖・内湖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月28日

湖都水鳥景

DSCN4265-琵琶湖.jpg
琵琶湖(午後1時半ごろ)

風がなく晴れた晩秋の日。
昼休みに湖岸を眺める。
すると穏やかな水面に水鳥が浮かんでいる。

浜大津付近では北向きに琵琶湖が広がり、太陽を背にする形で眺める湖は青っぽく見え、趣が増して見える。
寒くなかったが、あとで大津のこの日最高気温を調べると14.0度でさほど高くなかった。風がなかったのと日照のため、寒さを感じなかったのかもしれない。

山をはさんだ京都では18.0度で4度も違っていた。なぜこんなに開きがあったのだろう。


DSCN4273 いろいろなカモ.jpg
いろいろな鴨

水面に浮かんでいる鳥を見ると、今月の初めごろよりも種類が多いような気がする。
茶色い羽をしたやつのほか、黒と白のやつがいる。
コンパクトデジカメでズームにして撮っているので判別が難しいがキンクロハジロではないだろうか。

DSCN4281 カンムリカイツブ.jpg
カンムリカイツブリか

鴨群のちょっと沖めには、鴨にしては首の形がスマートな水鳥がいる。
これは何だろう、鵜にしては色が白っぽいなと思っていたが、あとで調べるとカンムリカイツブリのようだった。
調べるとカンムリカイツブリは冬の渡り鳥だが琵琶湖で夏、繁殖するやつも少数いるらしい。

このようにいろいろな鳥が見られ楽しい。
種類を同定する楽しみもあるが、こうした水鳥がぷかぷかと浮かんでいる情景を見るのはリラックス感にあふれる。

DSCN4286 湖都の鳥たち.jpg
湖都

湖岸近くまで迫る山並み、市街地。
海とちがって水面がすぐ近くにあって静か。
こうしてみると大津の湖岸景観、なかなかほかでは見られないような気がする。

DSCN4288 湖岸の紅葉.jpg
〈おまけ〉湖岸近くで見ごろを迎えた紅葉
posted by 進 敏朗 at 21:37| Comment(0) | 琵琶湖・内湖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月25日

湖岸と琵琶博

DSC_7489 琵琶湖博物館.jpg
烏丸半島の湖岸(午前10時ごろ)

天気の穏やかな土曜日の午前中、湖岸を見に行く。
琵琶湖の水位はプラマイゼロを少しだけ上回っているのではないかと思う。

10月下旬の台風の際に水位が上がった影響か、大量の水草や折れたヨシが打ち上げられている。

DSC_7480 波.jpg
波跡

波の形に固まった漂着物は水位の上昇を物語っていた。

DSC_7514 ヨシ.jpg
ヨシを拾う

漂着したヨシには、つや・弾力の失われていないやつもあったので、これは何かに使えるかもしれないと思い、しばし拾って回った。竹よりも軽くてソフトな質感。何に使えるかはわかならない。ホームセンターで売られているよしずのヨシよりも太くて丈夫だ。

DSC_7475 オオバンとホシハジロ.jpg
ホシハジロやオオバン

水上には、茶色と灰色の羽をしたホシハジロが休んでいる。オオバンは、休まずに餌を探し回っている。

DSC_7463 ツグミ.jpg
ツグミ

梢に止まっているのはツグミだった。これも冬の使者。

魚捕りのシーズンが終わり、冬季の琵琶湖には、入れ替わるように冬鳥がやってきて、ウオッチするのも一興かも。
このようにして1時間以上が経過した。


DSC_7523 紅葉と水路.jpg
琵琶湖博物館前の紅葉と水路


隣には琵琶湖博物館がある。

DSCN4248-琵琶湖博物館から.jpg
琵琶湖博物館から

琵琶湖博物館では「樹冠トレイル」の工事が始まっていた。
空中に渡した回廊で樹木のてっぺんが見て回れる回廊で来秋の完成という。

DSCN4256 潜水夫.jpg
池には潜水士も

琵琶湖博物館には、琵琶湖のエッセンスが凝集している。
年間パスは1500円で、2回分の入場料とほぼ同じなのでこれはお得だ。筆者のように割と近くに住んでいる者にとっては、暇なときに来て、見たいところだけを見て帰る。こんな使い方ができる。

「バイカル湖の生物」の展示をみた。すると、昨年にはそこにいた巨大ヨコエビが滅亡していた。
固有生物だけに、いちど死んだら取り寄せるのが大変だろう。
バイカル湖底のライブカメラ映像を見ることができ、見ていると、200メートルの湖底を映したそこではヨコエビだけでなく、小さな魚が泳いでいるのを見ることができた。

流れる水槽では、ビワマスのつがいはいなかった。湖岸の川にビワマスがのぼって来る映像があり参考になった。

DSCN4249 レアなテーブル.jpg
レアなテーブル

A展示室にあるテーブル。
天板に、県内各地で採れた石のタイルがはめ込まれている。
今まで何度も見ていたはずなんだが、よく見ると、こんなに手のかかったものが何気に置いてあるところがすごいなあと気になりだした。

漁撈シーズンの終わった天気のよい日、琵琶湖博物館と湖岸で午前中を過ごしてくつろいだ。
年間パスの期限が12月初旬までだったので、期限切れまでにいちど来ようと思って、訪れたのだったが、またパスを買うことにしようと決意を新たにした。



posted by 進 敏朗 at 22:34| Comment(0) | 琵琶湖・内湖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする