2018年10月22日

メダカを捕る

DSCN9929-メダカがいそうな小.jpg
メダカのいそうな小川

秋晴れの日。メダカ池に注ぐ井戸ポンプの不調により、10月のある日、気づくと池の水が干上がっており、池のメダカが全滅してしまった。

水が漏れない池をと粘土を厚く積んだりして築いた池だが、下からスギナ、上からショウブ、その他の植物の根の伸長などにより漏水するようになった。

重ねて、最深部で30センチ近くあった池は、2年間で堆積した泥で池は深さ10センチ以下に均され、非常時用に魚の避難所として底に敷いておいた鉢までもが泥で完全に埋まってしまっており、水がなくなった池に逃げ場はなく、湿った泥の上にメダカの死骸があった。3日間くらい、目を放していた間に、惨事を招いたことを反省した。

井戸ポンプから池へと水をそそぐ蛇口に付けていたタイマーが冬場の凍結で故障したので、井戸ポンプの蛇口を少しだけひねり、水がごく少量ずつ出るようにしていたところ、それで案外うまくいくので、タイマーは必要ないねとそのままにしていたが、日数が経過するうち、ポンプが水をうまく吸い上げなくなっており、蛇口をひねっても水が出なくなっていた。

そこで、慌てて井戸ポンプに導水する部分のフィルター部を工具を使って開けたところ、鉄分を含んだ赤い泥のようなものが金網のフィルターにびっしりとこびりついていた。この泥を除去したところ、井戸ポンプは正常に動き水を吸い上げ始めた。

設置して2年、井戸ポンプのフィルターを始めて掃除したのだった。これはでいけない。大反省だった。

DSCN9938 ミゾソバの花.jpg
小川に群生するミゾソバの花

メダカは、池のほかにも、庭の鉢や水槽に数匹が生存しているので、ここから子孫を増やして復元する手もあったが、それをしている間に池がぼうふら園になってしまうことも懸念された。池にはミズアオイなどの植物も生やしているから、メダカがいないからといって水を張らないわけにもいかない。そこで秋が深まる前に補充のため捕りに行った。

メダカのような魚を捕るのに、わざわざ車を使う。まったくの道楽だ。

滋賀県では、まだメダカの小川が各地に残っている。そこが、滋賀県のいいところだと思う。

でも、いないところにはひとつもおらず、いる小川は限定されている印象。

大きめの川では、いてもぬかるんだ泥の中を入っていくとか、捕るのが難しいため、小さめの流れを選ぶ。

DSCN9940 川をそっとのぞく.jpg
メダカの小川をそっとのぞいてみる

すこし捕っても絶滅のおそれがないような場所を選んだ。

メダカは群れているので、捕り過ぎないことが大事。
ましてメダカを全滅させてしまった身、せいぜい20匹くらいあれば十分だ。

DSCN9939 捕れたメダカ.jpg
捕れたメダカ(20匹くらい)

ところが、ひとすくいで40匹くらい捕れてしまう。すぐに半数を元の小川に放し、持ち帰った。

DSCN9945 再興メダカ池.jpg
再興メダカ池

泥をいくらか取り除き、水を注いだうえでメダカを放す。10匹は池、5匹ずつくらいを鉢や水槽に放した。
二度と全滅の惨事を招かぬよう池の維持管理につとめたい。







posted by 進 敏朗 at 23:17| Comment(0) | メダカ池記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月27日

ミズアオイ開花

DSCN9905ミズアオイ.jpg

ミズアオイが咲いた。
庭のメダカ池で。薄青い花を、黄緑色の茎の先につけて水上に立っている。

花が、全体に対して小さめなので、控えめな感じだ。
外来種ホテイアオイの仲間の在来の植物だが、もはや生息地が限られているという。

以前、この池には拾って来たホテイアオイが咲いていたが、昨冬のマイナス3度以下に達した冷え込みで死滅した。
それまでは屋外で死んだふりをして越冬していたホテイアオイだが、冷え込みの厳しさには勝てなかったようだ。

ミズアオイは発芽するのがずいぶん遅くて、6月ごろまで気づかなかった。
雑に扱っていたから、全滅したかと思い、もっと大切に扱っていればよかった、許してほしいと思った。
ところがそうではなくて発芽するのが遅い植物らしい。なあんだ、やっぱり雑草だな、と、とたんに安心したような気になる。

でもそんなことを言っていると、来年には見られなくなってしまうかもしれないので、種取りや保存を丁寧にやりたい。

庭で蛇を見た。子供を呼んだらヘビにひかれたのか、いつもと違って即座に出てきた。
1メートルあるシマヘビだった。庭で見るのは初めてだ。
池でカエルの子が次々と誕生したから、それを狙って蛇も来たのも。台風の後だったから、思わぬところに避難していたかもしれない。
カエルの子、いくらかは食われただろうか。
posted by 進 敏朗 at 00:00| Comment(0) | メダカ池記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月12日

氷結池アゾラ

DSC_7986.JPG

厳寒の1月中旬。
この日の朝、気象庁のホームページによると滋賀の9観測地点は軒並み氷点下で今季最低を記録。
彦根、大津でマイナス2.5度だが、琵琶湖の北のほうでは長浜マイナス5.7度、今津マイナス5.9度と、かなりの冷え込み。信楽ではマイナス6.9度まで下がった。

昨晩、凍結に備えて、井戸の水道栓を少しだけひねっていたが、ひねり方が少なかったのか、今朝、様子を見ると、栓が凍結しており水の出がストップしてしまった。

庭の第4次メダカ池を見ると、ごらんのように一面が氷で覆われている。

赤茶色っぽく覆っているのはアゾラ(アカウキクサ)で、これは晩秋から増え始め、黄緑色から赤く紅葉しながらも、増えて池全体を覆ってしまった。

この下に、メダカがじっと冬眠しているはずだが、こうしてみると、メダカは実にタフなものだと思う。
posted by 進 敏朗 at 10:22| Comment(0) | メダカ池記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

サトイモ

DSCN4153-池畔のサトイモ.jpg
池畔のサトイモ

庭のメダカ池のほとりに春、サトイモを1個埋めておいた。
それが育って大きな葉をつけている。

野菜づくりの本などをみるとサトイモは、田んぼのような泥っぽい、じゅくじゅくした環境でよく育つとされ、これは池のほとりに埋めておいたら最適ではないかと思った。

あぜシートで囲まれたメダカ池には、外側には湿地ゾーンも作っていたのだった。そこには粘土を埋めていた。

ふつう野菜づくりに肥料は欠かせないが、池が富栄養化して藻がいっぱいになったりすると困るので、肥料はやらず育ててみた。

11月になり、外側の葉っぱが倒れて来て収穫期を迎えた。さあどうなっただろうか。

DSCN4154 サトイモの根元.jpg
サトイモの根元

根元を見ると、何やらキノコのような形をしたものが生えている。これは何だろうと思って触ってみると硬くて、子芋のようだった。

ふつう子芋は土中にできるのだが、なぜか地上にできてしまった。

DSCN4156 引き抜いたところ.jpg
ほかに子芋はなかった

土中に芋ができているのではないかと、スコップを使い、慎重に掘り泥ごと引き上げたが、芋はなく、地上に出ていたやつが子芋のすべてだった。

葉っぱとか、根元の太り具合をみると、収穫が期待できそうだったけど、肥料なしで育てた湿地のサトイモは、直径1〜2センチの子芋が10個くらいにとどまった。

DSCN4158 ホテイアオイの花.jpg
11月のホテイアオイ

半年かけた実験は期待外れに終わった。
やっぱり野菜づくりに肥料は必要だ。
まあサトイモは、観葉植物としてもいい感じだったのでこれでいいのかも。

この晩、皮をむいてさらに一回り小さくなった子芋を、カブラなどと煮て食べた。味、食感はサトイモだったので、アクセントになって良かった。






posted by 進 敏朗 at 00:00| Comment(0) | メダカ池記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

枯れたミズアオイ

池全景DSCN3869.jpg
池全景(午後1時ごろ)

9月後半から時間がとれずどこにも行けていない。
初秋の釣りハイシーズンが過ぎていくのをただ見ている日々。
こんな時は、庭のメダカを眺めるしかない。

久しぶりに時間が空いたこの日、池をみると、ホテイアオイ(写真右側)の丸い葉はつやつやと緑色をしているのに、在来種のミズアオイ(同左側)は、早くも茶色く枯れてしまっている。

ホテイアオイのほうが、熱帯原産というわりには、もと東北の三陸地方に生えていた種から育てたミズアオイよりも、耐寒性を備えているのが不思議だ。

ミズアオイ花房 DSCN3871.jpg
花房が取れている

ミズアオイのたくさんの花房には、種がついただろう。そう思って水中に垂れた花房を拾い上げてみると、実の部分が取れて、水中に落ちてしまっていた。

この植物は、こうやって枯れると穂先が水中に垂れ下がり、種を水中にまき散らすようにできているのか。
うまくできているものだなあ。

感心したが、この種は、アートプロジェクトの一環として送り返したりする必要があるので、まずいなと思った。

花房確保 DSCN3873.jpg
実が残っていた

そう思って探したら、まだ散逸していない実の房が2本、残っていたのでほっとした。
これを乾かして、種取りをしてみたい。
posted by 進 敏朗 at 13:44| Comment(0) | メダカ池記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする