2021年08月28日

招かざる生物

池を見たら、繁茂しているはずのトチアオイなどの水草がなくなっており、おかしいなと思い、嫌な予感がした。
先日池の中に小さなザリガニがおり、よく見ると、1匹ではなくたくさんいた。

お盆前後に数日間降り続いた大雨の際、水路を歩いて上がって来たのだろうか。
池の水を地下からくみ上げ、少量ずつ掛け流しとしていたが、この間、少々水量が多くて、ザリガニのいる用水路まで水がつながった状態が、長期間にわたって続いてしまったのかもしれない。溝には段差があるが、水かさが増えた時には、ザリガニはどうにかして上がってこれるようだ。
あるいは、やつらは雨の夜なんかは、陸上を歩いて移動しているのかもしれない。

ザリガニは水草を食べるのだ。
招かざる生物と言えば、ツチガエルもかなり繁殖して、この8月、にぎやかな脂ぎった鳴き声を大合唱していたが、隣家がわりと離れていることもあって、まだ許容できた。
カエルはダンゴムシや蚊だって食べてくれるのだ。
しかしザリガニはそうした益もないうえ、筆者は苦手であった。
小学生のころまでは捕獲して飼う等していたが、死んだ姿のグロテスクさが耐えられなくなった。
ザリガニを放逐すべく、メダカを掬ったうえで水抜きをするしかないだろう。
posted by 進 敏朗 at 00:00| Comment(0) | メダカ池記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月20日

スイレン再び開花

スイレンの花が水槽で咲いた。
このスイレンは昨年か、一昨年までメダカ池の中にあったものを移し替えた。
それまでは咲かない年が続いており、だいぶ年数がたったから、衰えたのかと思って、池から除去して水槽に移したところ、白い花を再び咲かせるようになった。夏の陽射しに、白い色が映える。
なぜ咲くようになったのかを考えると、メダカ池は、地下水を引いているので、水温が低くて咲かなかったのではないか。
それに対して水槽は、気温と同じくらいには水温が上がるので、池に生えていたときよりも、スイレンにとっては適温となったのではないだろうか。衰えていたわけではなかったのだ。
メダカ池で最近、稚魚の増え方が少ないのも、水温がやや低いせいもあるのかもしれない。
写真を撮ったはずなのだが、なぜか見つからない。

posted by 進 敏朗 at 00:00| Comment(0) | メダカ池記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月03日

メダカの越冬数

メダカ水槽DSC_8237.jpg
メダカ

屋外に出したアクリル水槽でメダカを飼育し数年。
アクリルサンデーで、水槽部は長さ90センチ、幅30センチに、だいたい10センチくらいの水深で、高さ60センチの台の上に置いている。


水槽の泥DSC_8245.jpg
横からみたところ

水草の遺骸やふんなどが沈殿、泥状になって、2、3センチ堆積。
春の芽がまた出てきた。これは、自然の池とかの状態に近いのではと思う。

泥底のメダカDSC_8243.jpg
泥にもぐるメダカ

さて、メダカはこの水槽に何匹いるのかと見ると、3匹くらいしかいないように見えた。
4〜5匹はいたはずだが、冬場にいっとき、水深が数センチに減ったこともあったし、過酷な環境で3匹も生き残るなんてすごいなと思った。
しかし実際は、全部で6匹いた。汚泥をすこし取り除こうとしたときに水が濁り、メダカが表面近くに浮いてきたが、それを数えると6匹だった。
このような過酷な環境で、冬が越せるのかと驚いた。水底の泥も、メダカは潜るなどして、越冬に利用しているのかもしれない。
やはりメダカはタフな生き物だ。

メダカ鉢_8238.jpg

いっぽう、庭には鉢もあって、こちらは直径46センチ、内側は38センチ、水深は20センチくらい。
10センチくらいを庭に埋めているので、夏や厳冬期に温くなったり、凍りつくことはない。
こちらは、かつて酷暑の時期に水を補給せず放置しておいたら、水が真っ黒くなっており全滅の惨事を招いたことがあった。
しかしそれからは反省し、水が少なくなって来たら補充するようにし、その結果昨年は多数の稚魚発生、この春数えたら12匹もいた。
数匹をメダカ池に移した。

メダカ池は、南北1.6メートルあり、深さは平均で10センチくらい。メダカの生存にはいちばん適した環境だったが、この冬、水の供給がストップしたことが一度あり、水が引いてしまったが、少なくとも2匹のメダカは確認できた。もう少しいるかもしれない。

トウガラシ苗DSC_8241.jpg
〈おまけ〉トウガラシの苗も育ってきた(赤・タカノツメ、緑・ハラペーニョ、青・万願寺とうがらし)
posted by 進 敏朗 at 00:00| Comment(0) | メダカ池記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月13日

暖かな2月の日

DSCN7381メダカ.jpg

この時期にしては異常に暖かとなり、大津で最高気温が18.2度、彦根は18.3度。京都では20度近くになったようだ。
もう春うららの陽気。この陽気で、コロナも収束してほしいものだが、まだそうは行きそうにない。
庭の鉢を見ると、メダカが水面に浮いてきていた。水温の上昇に反応し、活動を始めたようだ。

posted by 進 敏朗 at 00:00| Comment(0) | メダカ池記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月29日

晩秋池

DSCN7060.JPG

もう11月が終わろうとしている。
環境の変化により、水辺でぶらぶらする機会が激変した。
それなら庭でメダカ池の観察でもしておればいいのだが、秋以降は、話題が乏しくなる。
冬から春、春から初夏、盛夏にかけては盛り上がっていき、お盆ごろにはミズアオイが咲いてピークといった状態になるが、9月の彼岸を過ぎると水草も弱っぽくなっていき、それにつれて関心も失ってしまう。あんまり目を離していると、水が抜けていても気づかないことがあるかもしれない。

朝、ふと池をみた。表面に浮いているメダカはおらず、泥底のほうでごそごそとした動きがあったが、オタマジャクシかもしれない。水辺シーズンの終わりを感じる。

DSCN7063.JPG
〈おまけ〉今年はタカノツメが豊作だ
posted by 進 敏朗 at 00:00| Comment(0) | メダカ池記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする