2020年08月27日

コウホネを採る

DSCN6705 ミズアオイ群落.jpg
第4次メダカ池のミズアオイ

メダカ池でミズアオイが多数咲いている。
植え付けて4シーズン目で、年々増えて今季は群落という感じになってきた。
全国的に絶滅が危惧されているが、池では特に何も手を掛けなくても池底から発芽して花を咲かせる。
たくさん生える場所では当たり前に見えるような環境が、じつは得難いものであることを物語っているのかも。
ミズアオイの生えているメダカ池では地下水がわずかずつだが途切れずに注ぎ込み、農薬はいっさい入ってこない。それだけでだいぶ違うのかもしれない。

8月から9月にかけては、川で水草の花がよく見られる。
水路の水草観察。これは水辺に恵まれた滋賀県南部で味わえる楽しみだ。

DSC_0389 コウホネ群落.jpg
用水路のコウホネ

野洲市内の3面張り用水路でコウホネ(河骨)の群落がみられる。
きょう環境省のレッドデータで知ったが、コウホネは滋賀県でも準絶滅危惧種であるという。
在来植物だから滋賀では特に珍しくはないだろうと思っていたがそういうものでもないらしい。

DSC_0397 コウホネの群落.jpg
繁茂するコウホネ

しかし、訪れた用水路や近くの川では、数百メートルにわたってコウホネが繁茂していて、これを見る限りすぐには絶滅という事態にはなりそうにない感じだった。
用水路は、田んぼからの水を琵琶湖に流す排水路で、栄養分の多い水が流れている。
日照り続きというのにほ場整備の完成した田んぼには豊富に水が注がれ、排水路には水が勢いよく注がれている。

DSC_0402 水面と水中の葉.jpg
水面の葉と水中の葉

先日、草津の水生植物公園でコウホネの展示を見て、コウホネには水面に出ている葉っぱのほかに、水中の葉っぱもあって、水中の葉っぱは柔らかく波打ってひらひらしていることを知った。
用水路の上から眺めると、たしかに2種類の葉っぱがある。
黄色い花が咲いているのは、こんもりと葉っぱが繁っている所には少なく、水中葉のところに多い。
1秒間に数十センチの流れがあり、水中葉がひらひらと揺れている。

DSCN6738 コウホネの花.jpg
コウホネの花

コウホネの黄色い花は小さめだが目立って、存在感がある。
濃緑の葉ともマッチしている。
コウホネを、畳一畳分の広さもないわがメダカ池に植えようものなら、あっというまにあふれかえってしまうだろうと思っていたが、先日、水生植物公園での展示を見ていたところ、小さめの鉢に収まっていて、一株だけなら案外コンパクトに育てられるのだなと思い、これを採取してみることにした。

DSCN6736 コウホネ至近距離.jpg
水路に降りて撮影

それで用水路に降りて採取できそうな場所を探すが、たいていは、浅いといっても30センチくらいは水深があって、しかも、棒を差してみると数十センチほどめり込んだ。うっかり踏み込もうものなら、足がめり込んで抜けなくなってしまいそうだ。

流れの緩い川に厚くたまった泥は、そのままにしておくと川を浅くして洪水を引き起こしてしまうから、定期的に浚渫が必要だろう。三面張り水路で重機を使えば浚渫は難しくないだろう。
するとコウホネの生息地は狭まってしまうことになるだろう。

どこか泥と格闘せずに降りられる場所はないかと探し回ったところ、水深がさらに浅く、3面張り用水路で底面が「田」の形にコンクリートが組んである場所があり、足をめり込ませずに降りることができた。

DSCN6739 川から抜いた.jpg
コウホネを抜き取る

株を引っ張ると太い根っこが途中から切れる。
手で持てるほどの大きさで、これなら小さい鉢にも収まりそう。

DSCN6740 川の骨.jpg
名前の由来となった白い根っこ

白い根っこは、たしかに骨のようにも見える。
コウホネという響き、かわいらしさはないが、昔から日本で人と関わり合ってきたのだなと感じさせる。

DSCN6741収穫.jpg
バケツに入れ持ち帰る

3株を抜いて、これを川の水で洗い、持ち帰る。
いま池には買ったスイレンがあるが、これを植え替えてコウホネとミズアオイ、トチカガミ、ショウブの組み合わせにしようと。

コウホネ、あらためて生息場所を観察すると、生えていたのは水路の流れがある場所だった。果たして池で「池骨」(?)として生育することはできるのだろうか。
posted by 進 敏朗 at 00:53| Comment(0) | 水生動植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月18日

コウホネ展

DSCN6674 コウホネの花.jpg
コウホネの花

草津の水生植物園みずの森でコウホネ展をしているというので見に行った。
鉢に黄色い花が咲いている。プラスチック造花のような質感が、間近に見れて楽しい。

DSCN6675 ボリューム感.jpg
葉っぱのボリューム感

コウホネ(河骨)は、スイレン科の在来植物で、滋賀では三面張り用水路なんかに生えていることがある。
上の写真のように、花にくらべて、葉っぱのボリューム感が圧倒的に大きくて、これを池に植えようものなら、あっという間に一杯になってしまいそうだ。

DSCN6673 コウホネご飯.jpg
コウホネご飯

コウホネの根は、薬や、食べ物としても利用されたと説明があって、かつて明治時代の北海道の屯田兵は、食糧不足の際に、ご飯にコウホネの根をカットしたものを混ぜた「コウホネご飯」を食べていたそうだ。その模型が展示されていた。
現在、それが流行っていないところを見ると、あまりおいしくないのではないか。
でもどんな味・食感なのかと興味をひかれる。
展示はコウホネと日本人とのかかわりがいろいろ説明されて、家紋の一覧もあった。

DSCN6681 ヒメコウホネ鉢.jpg
ヒメコウホネの鉢

さきほどの屋外のコウホネの鉢のボリューム感を見て、わがメダカ池に植えるのは無理だなと思っていたが、屋内のヒメコウホネの鉢の展示を見ると、案外と小さくて、これだったら池にも植えられるのではと思った。現在は店で買って来たスイレンの鉢植えを池中に埋めているが、コウホネを植えているほうが、かっこいいような気がする。

DSCN6690 巨椋コウホネ.jpg
オグラコウホネ

オグラコウホネというコウホネがあった。
水草にくわしい係の方にたずねると、オグラコウホネは、その名の通り、京都の巨椋池(おぐらいけ)に自生していたことから名付けられたという。
今は巨椋池は埋め立てられ、オグラコウホネはそこでは見ることはできないが、近くの淀川のワンドなどで一部生えているという。
コウホネは、水面の葉と水中の葉の形が違っていて、このオグラコウホネは波打った水中の葉がもっさりと茂っている。
水生植物園では、コウホネを約20種類も育てているそうな。在来植物を大切にする姿勢に好感を持った。
そのあとコウホネの自生地について意見交換。


DSCN6693 フサタヌキモ.jpg
絶滅危惧種のフサタヌキモ

在来の水草の展示も数種類。
上から水を垂れ落として水の流れをつくった水槽で、フサタヌキモがくるくると回転している。展示方法が凝っていて、しばらく見入った。



posted by 進 敏朗 at 22:10| Comment(0) | 水生動植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月06日

八幡堀のホテイアオイ

DSCN9976.JPG
ホテイアオイ群落

久しぶりに近江八幡を訪れたら、八幡堀に、ホテイアオイの群落が見られた。
琵琶湖岸から駆除されて久しい特定外来生物ホテイアオイだが、少し隙を見せると、ひと夏でそこそこの広さの群落になっていくのか。
掘の角の、流れが緩くなった場所に密集している。

DSCN9975.JPG
群落遠望

かつて八幡堀にはホテイアオイがびっしりとはびこり、それが冬になると枯れて沈澱ということで、八幡堀の環境汚染の元凶のような見方があった。今の観光地としての八幡堀はホテイアオイを官民あげての除去から始まった、という面もあろうか。

ちょっとした群落なら、けっこう紫色の花もきれいで見栄えがするし、アクセントにもなろうが、繁殖力が強いから、放置しておくわけにもいかないだろう。

DSCN9955.JPG
〈おまけ〉街角すてきなアート




























posted by 進 敏朗 at 00:00| Comment(0) | 水生動植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

ホシハジロ

DSC_7341ホシハジロ群.jpg

琵琶湖をみるときょうも鴨の群れがいる。
吾妻川河口に、だいぶ近づいていて20メートルくらいの距離しかなかったので、手持ちのレンズでも比較的大きく写すことができた。

手持ちのレンズは、ニコンのミラーレスで110ミリで、これは一眼レフでいうと300ミリくらいのレンズに相当するのだろうか。望遠レンズでも、大きくならず軽いのでありがたい。

この鴨は何という種類だろうかと調べるとホシハジロのようだった。

DSC_7321 潜る瞬間.jpg
潜ろうとしているところ

一群のなかで、より岸寄りで潜ったり浮かんだりを繰り返している集団がいた。

そこが餌場のようだった。何を食べているんだろうと思ったが、調べるとこのホシハジロ、小魚を食べることもあるが主に水草を食べているということだった。

この日撮った別の写真では、嘴から水草を垂らしているやつが写っていたりしたので、やはり水草を食べているようだった。

DSC_7333 浮いたところ.jpg
浮かび上がったところ

野鳥なので、不用意に近づくと沖の方に頭を向けて遠ざかっていく。
だが彼らにとって餌場は岸近くにあるので、そこは離れがたいようだった。
じっと動かず立っていると、すぐに振り返って餌場に戻って来た。
もぐったり浮かんだりする様子をしばらく見続けた。


posted by 進 敏朗 at 22:13| Comment(0) | 水生動植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

カマツカ

野洲川の河況.jpg
野洲川の河況(午前11時ごろ)

午前中、時間があったのでちょっとだけ野洲川に行く。
守山、野洲市境の堰堤は、工事中にもかかわらず釣り人多し。
その下流、川田大橋まで行くと、先日の雨で水量が回復していた。

河原のヨシの中ではギョギョシ、ギョギョシとオオヨシキリ鳴く。

カマツカ.jpg
カマツカ

1投目、50センチ級のニゴイが網の中を暴れまわった。
連休明けはニゴイの季節であることを忘れていた。そいつは暴れた末、網から外れていった。

2投、3投するもコアユらしき魚影はみられず。
連休中の夕方、割とまとまって捕れたんだけど、今回は水量が増した分、もともと少ない魚が川の中に分散してしまった、なんてことがあるんだろうか?

田んぼの濁り水が割と入ってきていているのも影響しているのか?
そして5投目か6投目に魚が入ったと思ったら上の写真のようなカマツカだった。



体長は10センチくらい。
ときどき外道で入ることがあるが、今年は割と多いような気がする。

きょうはコアユは駄目だなーと思い、カマツカをしばし観察。
すると1匹の腹が大きくてニゴイ同様産卵期のようだった。

コイ、フナ、ドジョウ、ナマズ…有名な川魚にくらべ、はっきりいってカマツカはマイナーだ。

形はフナにしては細長くドジョウにしてはふつうの魚っぽい。
なにか、なりきれていない感をかもしだす魚。

でも案外、近所の用水路でも砂底にじっとしているのを目視することも多く、昔は、こういうほかとちょっと違うがあまり知られていない魚が面白かった。

絶滅が危惧されているとかいうことはなく、案外たくさん生息しており、タナゴ類ほど見て美しいとか可憐だということもないので話題にのぼることは少ない。そんな魚につかの間のスポットを当ててみたのだった。

味は悪くないのだが…2匹だけ持って帰るのも面倒で、放流するとササササと尾を左右に振りながら忍者のように川の中を戻っていった。

この日はコアユは捕れないとみて、これで引き上げた。




posted by 進 敏朗 at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 水生動植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする