2020年07月13日

野洲川予想外の豊漁

DSCN6303 野洲川.jpg
野洲川(午前9時半ごろ)

梅雨明けは見通せず雨が続く。
朝、久々に野洲川に行くといつもより水量は多かったが水は濁っていない。
午前中から小雨。
昨日は珍しくまる1日雨が降らず、川の水位が下がった間隙を狙う。

DSCN6306 網に入った.jpg
網に入った

雨は午前中にかけ強まる予報だったので、川が増水する前に、10か20捕れればいいなと。
流れは早く、手前の瀬で投げると網が流されてゆく。
そこで、網が流されないような緩い瀬を探して打つと何匹かの魚が入り、コアユやハエだった。

DSCN6308 川と網、魚.jpg
川と網

この野洲川では、ポイントを厳選してもほとんど何も魚が入らないことも多いがなんか違う。
3回しか投げていないのに数十匹は捕れた。

DSCN6309 大漁だ.jpg
意外な豊漁

ここらでやめといてもよかった。
だけどもう1回だけ、と思って網を打ったら、たくさんの魚が入ってしまった。
ミニクーラーに移すと半分以上埋まった。
この野洲川で、こんなに魚が捕れるはずはないんだが…と一瞬目を疑ったが、捕れていたのは事実。

DSCN6318 コアユ天.jpg
コアユ天

家を出てから、帰宅まで1時間。
その間に、スーパーで買い物もしたから、現場にいたのはわずか30分くらい。
1,160グラム、120匹以上捕れていた。

仕事に出る時間が決まっているので、捕れすぎはむしろ困った。
10時40分ごろから最速モードで調理に取り掛かった。

DSCN6319 あめだき.jpg
飴炊き

ぜんぶを揚げるとたいへんなので40〜50匹を飴炊きにするが、煮汁がじゅうぶん煮詰まらなかった。
ついに昼飯を食べる時間がなくなった。

鮎の数では、ぱっとしないことが多い「近江太郎」こと野洲川。
しかしここのところの増水続きで、鮎遡上が盛んになったようだった。
これ以上増水すると、浸水とかの危険が増大して大変なので、梅雨、このへんで明けてほしいが…。まだ梅雨明けは見通せない。

筆者はこうした時期、野洲川に行く際には、かならず川の水位(琵琶湖河川事務所HP)や上流の甲賀地域の天気の推移を確認してから向かい、滞在時間も最短になるよう心掛けている。
野洲川での釣りや投網、くれぐれもご注意を!


posted by 進 敏朗 at 00:00| Comment(0) | 漁撈活動記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。