2020年06月17日

大雨後の野洲川2

DSCN6168 野洲川.jpg
野洲川(午前9時ごろ)

前日に引き続き、野洲川の同じ地点に来た。
前日切り開いた草原の行路を、さらに切り開いて進んだつもりが、コースを誤り沼地の泥に足がめり込むハプニングも。
川の水かさは幾分減り、透明度も増したように見られたが、前日同様何も入らず、早々にあきらめた。

DSCN6173 落差工.jpg
落差工の下

今回は、これで終了せずに、約3キロ下流の落差工に移動する。
河川敷内に自転車用の舗装路があるので10分くらいで移動できた。

水位上昇ピークから2日半で、河口から7キロ、ここなら遡上しているだろう。

DSCN6174 何匹か捕れた.jpg
いくらかは捕れた

そして網を打ったところいくらかは入った。
でも、盛大な雨の後の割には数が少ない印象。

DSCN6177 19匹.jpg
成果

2投目が1匹しか捕れず、魚影の薄さを感じて終了。19匹だった。
針のように細く、琵琶湖からまっしぐらにのぼってきたとみられる。
野洲川でたくさん捕るなんてことは夢なのか。

DSCN6180 アユ開き.jpg
アユ開き干し(17日撮影)

こちらは、6月10日に捕れた15センチの鮎を開き干しにしたもの。
コアユ料理といえば天ぷらか飴炊きの2本柱だったが、大きめのやつを開き干しにすると、けっこうおいしくいただけることに気づいた。
このようなサイズがまとまって捕れれば申し分ないが…。
このようなサイズをまとまった数捕る計画も構想中だ。

DSCN6189 吾妻川.jpg
吾妻川のコアユ群(17日、画面左下のあたり)

17日、吾妻川をみるとコアユが遡上していて、滝のぼりも見られた。
降雨直後の2日前よりも数が増えている。
もしかすると、雨が降った直後でなくて、少し時間がたってから遡上してくるものなのかもしれない。

posted by 進 敏朗 at 22:44| Comment(0) | 漁撈活動記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。