2019年10月01日

イカを求めて

DSCN0234 出航.jpg
ボート出航(午前6時半ごろ)

9月のアオリイカの釣りピーク時期を休日の台風到来等で逃し、10月1日、ようやく釣行。
この日は4時半に出、6時ごろに浜に着く。
ボートをフットポンプで膨らましたりしだいたい到着から出航まで30分かかる。
もうだいぶあたりは明るくなってきた。
地元のおばさんが堤防から海をのぞき込んで「今日は潮が澄んでいる」と話しているのが聞こえる。


DSCN0241岩と海.jpg
岬の岩

いつもなら、まずサビキをして、とりあえず持ち帰りの魚を確保するが、この日はそれをせず、餌木だけを持ってきた。

アオリイカを狙っても釣れなかったらいやだからと、いつもは何か小物を釣ってしまう。
しかしそれだとボウズは防げる一方、サビキ釣りなどをしている間にイカを狙う時間も限られてしまう。
そこでこの日は、そうした日和る心を抑え、イカオンリーで行こうと決めたのだった。
竿も1本、ボートに持ち込む物も必要最小限にとどめ、あれこれ考えるのをやめ、すべてを餌木に集中する。

DSCN0252 餌木.jpg
餌木など

餌木には、早く沈むやつとか、ゆっくりしずむやつとか、いろいろの違いがあるが、このような波のない潮の澄んだ朝にはどれがいいのか?
かつて、釣れた時は、あまり何も考えずに適当にやっていた気がする。
そこで今回も適当に、岩の近くとか、沖テトラに沿ってとか、投げ、引き続けるが、反応なし。

DSCN0247 スズメダイに囲ま.jpg
朝マヅメの終わりを告げるスズメダイの群れ

スズメダイの大群に取り囲まれる。
朝、明るくなると姿を現すスズメダイは、薄暗い時間帯、朝のゴールデンタイムが終わったことを告げている。
視力の発達したアオリイカはだいたい夜とか、朝マヅメ、夕マヅメによく釣れるから、本気で釣ろうと思ったら暗いうちに到着して、夜明け一番に出航するのがいちばんいいだろう。

DSCN0259 鏡のような海面.jpg
鏡のような水面

だけど日が上がっても、釣れないことはない。投げ続ければ1回くらいはあたりがあるんじゃないかと思ったが、まったくの無反応だった。
波はまったくなく、ボートでのんびりするには最高のコンディション。
山の稜線から太陽が顔を出すと急に気温が上昇し、だるくなってきた。

DSCN0256 海の中.jpg
海の中(水中撮影)。イカはいずこに

あきらめて9時頃に終了。
結局釣れなかった。イカしか狙っていないので本当にゼロだ。

釣果が手ぶらというのは、、すがすがしさにも似た感じがあった。



DSCN0264 魚市場.jpg
小浜港のお魚屋

さあここで、ひとつ考えが浮かんだ。

車で走ること約20分、小浜港の埋め立て地にある鮮魚店街に着いた。
ここには鮮魚を売る店が並んでいるていろんな魚介類が並んでいる。

DSCN0267 アオリイカ.jpg
まだ生きていたアオリイカ

アオリイカも何店かに置かれていて、上の写真は、まだ生きていて小さかったが7ハイで800円。
餌木1個分の値段。
これを買えば新鮮なアオリイカを食べるという目的は達成されるのだった。

釣れなかったのは残念だったが、こいつを買って、イカ料理としたのだった。




DSCN0269 雲城水.jpg
〈おまけ〉小浜港の名水、雲城水をくむ







posted by 進 敏朗 at 00:00| Comment(0) | 漁撈活動記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。