2019年09月26日

鉢の不都合な真実

DSCN0222-庭の鉢.jpg
庭の鉢

庭には鉢があり、水を張って、メダカを入れてトチカガミなどの水草を浮かべていた。
夏になるにしたがって、水面に円形の葉を浮かべるトチカガミが密になり、水面から上へと葉を広げ、水面が見えない状態となっていた。猛暑のだるさのなか、様子をみるのもうっとおしい気分になっていたのだが、彼岸も過ぎたこの日鉢の中に目を凝らすと、水がごく少なくなっている。

目をそむけたかったが、意を決して水草を取り除いて中を見ることにした。
鉢を覆うトチカガミを取り除く。すると、水はほとんどなくなっており、黒い泥が底にたまっている。

DSCN0223 鉢の中.jpg
黒い泥だけが残る鉢の底

無残な光景があらわに。
雨も降るし、水がなくなることはないんじゃないかと思っていたが、鉢に満水にしていた水はどこかに行ってしまった。
鉢が割れたんじゃないかと思ったほどだが、どこも割れていない。

メダカなどの魚、エビなどの姿はない。ヒル、ボウフラがはびこる不都合な池に。
最近、いやに蚊が出るなあと思っていたが、これが強力な原因になっていた疑いが濃厚だ。

それにしても自然の蒸発だけでここまで水がなくなるのか。
鉢に繁茂したトチカガミによって、水がより盛んに吸い上げられ、葉から蒸散してしまった、なんてこともあるいは起きるのだろうか?

しかし水辺ファンとしてはあまりにお粗末な事態に目を覆いたくなる。

できれば書かずに隠ぺいしておきたかった不都合な真実。しかしここに向き合うことなしに、今後の展開はあるのだろうか?


DSCN0230 水入れ替え.jpg
水を入れ替え

バケツに地下水をくみ、何回かあふれさせ、だんだんと濁りが薄れて透んだ感じになった。
完全に初期化とまではいかないが、少し底の泥を残した状態で、しばらく置いて沈殿させ、水を安定させる。
タニシは生きていてタフさを証明。

DSCN0229 第4次メダカ池.jpg
第4次メダカ池

いっぽう、第4次メダカ池は、地下水がごく少量ずつの掛け流し状態となっていて、澄んだ水が保たれている。
そのため今季も、春先は7匹だったメダカが数十匹に繁殖している様子が見られる。
同じ庭にいるメダカなのに、鉢にいたグループは汚濁した水のなか猛暑もあって全滅、いっぽうの池では、水温の安定した地下水が真夏でも供給され、快適に生育している。なんという違いだろうか。飼い主の気まぐれな性情が表れていると言うしかない。

この池から、再びメダカを鉢に何匹か移す。

ちなみにこの池のメダカは、湖東地域の農村部の用水路で採取した在来種。
見ていると個体により色合いにじゃっかんの違いがあるが、飼育種と交雑も起きているのかもしれない。

DSCN0228 ジャノメチョウ.jpg
メダカ池のショウブの葉にとまったジャノメチョウ

DSCN0233 やり直しの鉢.jpg
水草も移す

4匹を鉢に移した。ボウフラが何匹かいたが、それらを一掃してくれることを期待。
こんどは二度と、このような失態を起こさぬようにしたい。

トチカガミ、小さなうちは、直径3センチほどの円形の葉がかわいらしいが、これが真夏にはびこってきたときに思い切りよく間引かないと、水面が見えなくなって、この度のような惨状を招くのだった。

トチカガミは絶滅危惧種にも指定されている県もあり、貴重な在来植物だからと、捨てるのが惜しい気持ちになっていたが、それがよくなかった。はびこった時は思い切って捨てて、畑の肥料にでもしたほうがいい。

なぜならこの草は、琵琶湖では比較的よく見られて、盛夏、南湖の漁港にいくと内側のコーナーあたりにたまっている。
だから琵琶湖沿岸では、捨ててもまだ惜しくはない。ひと株だけ残しとけば、そこから旺盛に新しい茎が生えてくるので、捨てて、とにかく水面の様子が見えるようにしときたい。

DSCN0232収穫物.jpg
〈おまけ〉野菜の収穫。エダマメ(左上)は、滋賀の在来種みずくぐり。いっぽうトウガラシ(左下)は、タイの激辛種プリッキヌー


posted by 進 敏朗 at 17:34| Comment(0) | メダカ池記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。