2019年07月16日

ゴムボートからのサビキ釣り

DSCN9907.JPG
若狭湾上のボート(午前6時10分ごろ)

2年ぶりのボート釣行。
若狭湾の、小浜市田烏の谷及の入り江。
梅雨が続いているがこの日は曇りで、波風もなく、絶好のゴムボート日和。
午前5時半に現着、6時すぎに浜から漕ぎ出す。


DSCN9923.JPG
入り江(午前8時半ごろ)

きょうはサビキでアジを釣る。
一夜干しができるくらいの大きさのやつがほしい。

DSCN9908.JPG
エサカゴと餌

餌は、スーパーで買った乾燥アミにパン粉を混ぜたもの。
だいたい300円くらい。
エサカゴは、すぐに沈むようにオモリの大きいやつをつけた。

DSCN9932.JPG
使用したリール

リールは、高校生の時に買った「ダイワマグサーボGSー10」。
当時画期的だった電磁誘導ブレーキ搭載で、「ライギョ釣り」に誘われて買ったのだったが、ライギョは釣れず、今ではボート釣りの時に使っている。

DSCN9913.JPG
小アジ

沖テトラの角っこ付近に碇(石を入れたミカンネット)をおろし、仕掛けを垂らすとさっそく小アジが掛かる。
両軸受けリールは巻き上げの時によりがかからず自然な感じがリラックス感。

DSCN9917.JPG
チャリコ

下に引き込むようなトルク感のある引きはチャリコだった。
大きめのアジもヒット。

よしいいぞ、と大きなアジをびくに入れようとした瞬間、手がすべって大きなアジは海に帰ってしまう。
しかもその時、ずっこけて竿の上に乗ってしまい、先日瞬間接着剤で補修したばかりの竿がバキッと真っ二つに割れてしまった。
なんという大失態。

気をとりなおし、予備の竿で釣りをはじめる。
こちらはスピニングリール。
マグサーボを付け替えてもよかったが、はやく釣りを再開したい一心。

DSCN9919.JPG
アコウ(小さかったのでリリース)

沖テトラの高級魚、アコウも掛かる。
しかしこれは20センチに満たない小さいものだったので、リリース。
昔なら喜んで持ち帰っただろうが、そこは経験を積み、大きくないサイズでは食べるところがあまりないので、海でもうちょっと大きく育ってもらってから捕まえることにしたのだった。

DSCN9918.JPG
再び大きめアジも掛かるが

2つ用意してきたオモリの大きなサビキかごだったが、ぐっと強い引きがあって、上げようとしたら仕掛けごとロスト。
一つめのは根がかりでロストしていたが、こんどのロストは引きから見て、大きなアジかアコウかのようだった。

使いい古しの仕掛けを使っていたのが悪かったか、幹糸の上端から切れてしまっていた。なんということだ。

取り逃がしたくやしさもあるんだけど、海中にごみを増やしてしまったうっかりさや、もしアコウだったらせっかく育った貴重な魚を、仕掛けがついたまま海に放置して無駄に殺してしまうもったいなさに罪責の念も禁じえない。しっかりした仕掛けを使っていれば…。

仕方なくサビキかごを、予備のノーマルタイプのかごに付け替えるが、これは海中に沈んでいくスピードが遅い。
すると、表層に集まっている7センチくらいの豆アジが寄ってたかって、沈下する途中で釣れてしまったりする。

空が明るくなり、大きめのアジはどこかに行ってしまうのか、釣れなくなる。
時合の終わりを告げるネンブツダイも登場、エサもなくなったので、あきらめて終了。
岸に戻るとまだ8時すぎで、釣りをしていたのは2時間弱だった。

DSCN9926.JPG
本日の成果

釣れたてのアジはパールの光沢あり。

40匹、目方は560グラムくらい。
大きいやつは20センチのが2匹。海に逃がしてしまったのもこれと同様のサイズだった。
2年ぶりで意気込んでいた割には、いま一つの釣果。


DSCN9928.JPG
アジフライ

豆アジや小アジは、アジフライにする。
こうするとボリュームが出て、釣果が倍増したような感じに。
アジフライは、食べてもおいしいしね。

20センチのアジ2匹は、促成の一夜干しにした。青みのあるいい色に仕上がった。


…反省点はいろいろあった。
@ゴムボート釣りの場合、現着してからボートを膨らまして出港するのに30分かかるので、その間にゴールデンタイムが過ぎてしまう。
A古い仕掛けを使ったのが災いしたか、大物が掛かった時に仕掛けが切れてしまった。
Bびくを船外に設置していて、釣れた魚を取り逃がして海に帰してしまった。

これらを反省し、次に生かせば、同じコンディションで同じ釣りをしたとしても、成果は違ってくるように思えた。


posted by 進 敏朗 at 00:00| Comment(0) | 漁撈活動記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。