2019年06月22日

夏至の犬上川

DSCN0333.JPG
水が流れている犬上川中流(午後3時ごろ)

一年でもっとも日が長いとされる夏至の日。

朝、テレビを見ていると、近畿の梅雨入りはいつなのかと話題にしている。
しかし、昨日も夕立があって、梅雨入りの発表はなくても川は水が豊かだ。

午後から犬上川でアユ捕りを計画。

同川の中流は扇状地で、雨が少ないとたちまちにして水は砂利層に伏流して断流、ということもしばしば。

きょうは流れはあるのだろうかと、県の河川防災ライブカメラを参考にするが、どうやら流れはあるんじゃないかと感じられる。
行ってみると、冒頭の写真のように清流が姿を現しており水量は予想以上だった。

手つかずの自然ではないが、木々が生い茂り、丸石の河原が無造作に広がっている犬上河畔はやすらぎの空間。

さあ川の中はどうなっているのか。


澄んだ水の中には、鮎が群泳していた。
鮎はこんな激流の中を昼も夜も泳ぎ続けているのか。これは大変だな。
(この撮影は投網の後です。到着直後は魚を捕る気満々のため)

到着早々、流れの中に網を打った。
するとぴちぴちとした鮎が捕れた。


上に掲載した動画のような感じで捕れた。
大きいのも捕れてる。

今シーズンの鮎は大きいようだ。
琵琶湖で育ち滋賀県内の川に遡上するコアユは、年によって平均サイズが大きかったり小さかったりするのだった。
小さすぎる年には、筆者の持っている網では掛からないことすらある。
3年くらい補修していないので、網もだいぶ破れ目が目立ってきたが、それにはお構いなしに捕れる。
約1時間後には100匹に達した。

この調子でやれば200、300と捕れるような気もしたが、腹の中の砂を出す処理が大変なので、100匹ちょっとで終了。

DSCN0361.JPG
本日の成果

目方は1600グラムくらいだった。やっぱり平均サイズが大きい。
最大寸は16センチ。

先日、湖西側の湖岸などで捕ったコアユは、体に潰瘍ができて赤い穴が開いてたのも多かったが、この日捕れた魚はみな、きれいな魚体だった。

さばくのに1時間半。
どういうわけか小さいやつほど、ジャリジャリの砂が腹いっぱいに入っている。
川の中でいいポジションが取れずに砂まじり餌を食わざるをえないのか?
一方、大きなやつは大きい石を縄張りにして、いい苔独占。
などと想像。

いつもの天ぷらに、飴炊きを40匹ほど、大きかった15匹くらいは背割りにして塩につけ、干しアユに。

天ぷらは新しい油でつくったところ、後味もさっぱりして瞬く間になくなった。

夏至の日に、清流でリラックスできてよかった。




posted by 進 敏朗 at 23:11| Comment(0) | 漁撈活動記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。