2018年12月23日

歳末市の湖魚

DSCN0039 沖島漁師の会.jpg
市が開かれている旧中山道

旧中山道で開かれている「歳末もりやまいち」。天候にもめぐまれ朝からにぎわっている。
目当ては湖魚の食品だ。

応永25(1418)年に起源をもつという近郷の市を、近年復活させたイベント。何げに、今年がちょうど600周年なのだけど、スペシャル感は特に感じられない。

DSCN0048 ふなずし販売.jpg
ふなずしをその場で切って試食販売

さあ、さっそくふなずしを売っている出店があり、買い求める人が訪れている。

DSCN0031-ビッグふなずし.jpg
ビッグサイズふなずし

ビッグサイズふなずしはニゴロブナではなく、体高が高いゲンゴロウブナをつけたもの。
オレンジ色に見える卵が、輪切りの中におそろしいほどぎっしり詰まっている。

数年前、このビッグサイズふなずしをまるごと、京都のとある忘年会に持ち込んだ(2013年12月23日記事「歳末市ふなずし」参照)。だが、まったくの不評に終わってしまった。
発酵臭が気になってしょうがなかったらしい。
都人にはこの風味、この味の良さが分からんのかと落胆したが、たしかにこのビッグサイズは、一気にほおばって食べるのも難しいし、もうちょっと手ごろな大きさのものがいいのかもしれないと思いなおした。

DSCN0032 竹籠.jpg
竹かご

市で売られているのは主に食品だが、このような手作り工芸品もあった。
市内の女性の手作りという。
形がシンプルで無駄がない。いもの収穫とか、そんな用途で使えば、美しい芋掘りの風景となるのではないか。

DSCN0033 矢島かぶら.jpg
地元の伝統野菜

伝統野菜のかぶらも復活させ、販売している。色がきれいだ。
また賞味してみたい。
だけどこの日、筆者の目は湖魚食品に注がれていた。

DSCN0038 コイフナ煮付け.jpg
コイやフナの煮つけ

コイやフナの煮つけもある。
かなりの砂糖が入っていて、白ごはんに合う湖魚の食品。

DSCN0040 湖魚の佃煮.jpg
沖島からの佃煮やホンモロコ素焼き

沖島からの出店があって、さまざまな湖魚が売られている。
ホンモロコ素焼き、ウロリ(ヨシノボリの小さいもの)の佃煮、ビワマス、コアユ、ワカサギ…と種類が多い。

DSCN0043 びわます刺身.jpg
ビワマス刺身

パック入りビワマスの刺身も。
「昨日つかんだやつや」と漁師のおじさん。ひとパック800円。

近郷の魚に加え、こうして琵琶湖のさまざまな幸が集まる貴重な機会なのだった。

本日の買い物.jpg
買い集めた品

こうして買った湖魚食品いろいろ。
ふなずし3種類も購入。上の写真、右下の「ふな」と赤い字でシールが貼られたふなずしは、ヒワラ(ギンブナ)のメスをつけたもので、ニゴロブナの半額以下だった。
ギンブナは大きくなると骨が固いけど、これくらいのサイズだと固さは気にならないとの琵琶湖大橋近くから売りに来ていたおばさんの説明だった。

これで湖魚三昧の年末年始が過ごせるぞ。
また京都にふなずしを持って行こうか。




posted by 進 敏朗 at 00:00| Comment(0) | 湖魚食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。