2018年04月28日

湖西湖岸行

DSCN4677-ウグイの群.jpg
河口をゆくウグイの群れ

今シーズンは漁労活動がほとんどできていない。

もうコアユは接岸しているだろうかと、湖西方面に行く。河口にいたのはウグイの群れでコアユはいなかった。


場所を移し、萩の浜に行く。夕方の木漏れ日が差す。

DSCN4685 和田打川河口.jpg
浜の木漏れ日


河口では、ハスの稚魚、オイカワや、ゼゼラもとれた。コアユはおらず。ホンモロコも2匹捕れた。


これはまだ、早かったか。釣りの人の姿もあまり見ない。
DSCN4692 コアユ.jpg
コアユが捕れた

最後に、北小松ではどうだろうと、行ってみると、湖面に波紋立つ。

しかし、まだ沖めのほうで、水深があるから網が下りるまでに逃げられてしまう。

DSCN4694.JPG
北小松の夕暮れ

近めの湖底にキラキラしている群れが見え、投げたところ、3匹捕れた。初めてのコアユだ。

昨年に引き続き、今年もコアユがかなり少ないと聞くが、存在だけは確認できた。天ぷらにして食す。

やはりハスよりは、コアユのほうが柔らかくておいしい。
posted by 進 敏朗 at 11:04| Comment(0) | 漁撈活動記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。