2017年06月10日

新たな植物

DSC_5600植物の子葉.jpg

池全体を覆って来たトチカガミの葉を一部整理し、池畔を見やると南側の浅場に、見慣れない形をした植物を2株発見した。

春先、ミズアオイの種を、このあたりの浅場一帯にまいたが、まき方が適当過ぎたのか、芽が出る気配がないまま5月になり、6月に入り、不安がつのってきた。
出てきた葉は細長い形で、厚ぼったい質感あり水生植物を思わせる。
これがもしかするとミズアオイの子葉ではないかと期待しつつ、観察を続けている。ミズアオイの生育を調べると最初は細長い葉っぱが出るみたいだが、果たしてこれがそれなのかはよくわからない。ここから、円形でつやつやした葉が出てくれば、ミズアオイ、あるいはコナギではないかとわかるのだが…。

posted by 進 敏朗 at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | メダカ池記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック