2016年03月19日

草津川雑感

改修中の草津川.jpg
緑地へと改修中の草津川

京都からの帰り、久しぶりに草津川の堤防を上がると、天井川の中は緑地への改修工事たけなわだった。
ショベルカーがまるでミニカーのように見え、砂の築山とか、まるで巨大な箱庭のようだった。

ちょうどいま家で改修中の池の改修をしているので、光景がダブって見えた。

付け替えで廃川となった旧草津川を緑地として整備する草津市の事業で来年3月まで工事とあった。

完成予想図.jpg
完成予想図の看板

中年の女性とおばあさんが連れ立って、看板を眺めている。
「29年3月やて」と、看板を見ながら完成時期を確認していた。「エレベーターもあるらしいで」「どこに付くんや」と熱心に見ている。「これができるまで、長生きしてや」と、おばあさんの娘らしい中年女性はおばあさんに呼びかけていた。

なじみのある近所の店に行くと、店の人はあまり期待感はなさそうで、「桜の木がなくなっていたでしょう」と、右岸側にあった桜の伐採を残念がっていた。長年慣れ親しんでいた風景が改変されるのに抵抗があるようだった。まあ、それらの桜の木が、寿命なのか樹勢がおとろえていたんだけど、とも付け加えていた。

堤防.jpg
「草津温泉」前から撮影した堤防

完成予想図を見たが、どこかに水辺はないかと探してしまう。ちょっとした流れのようなものが設営されるようだった。


posted by 進 敏朗 at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 廃川訪ねて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック