2013年09月20日

池掃除

DSCN2670.jpg
水草を除去

秋になった。
メダカ池を覆い尽くしていたホテイアオイ、トチカガミの水草の一部を除去し、水面が見えるようにする。夏の間は、メダカが産卵するので、水草を動かすのをやめていたが、もう9月も下旬となると、産卵期も終わっただろう。
池に放ったホテイアオイは二株だったがいま見ると、10株以上に増えており増殖力のおう盛さを見せつけられる。


DSCN2682.jpg

あらためて池の水面を覗いてみると、大小のメダカが見られ、概数で30匹くらいいるように見受けられた。

ほかにも鉢や水槽にもメダカがおり、その表面を覆う水草を除去したり、ひとつの桶を整理してメダカを移したりした。計5カ所で、50匹くらいのメダカがいることがわかった。はたして翌春までに何匹が生き残るだろうか。

DSCN2703.jpg
ホテイアオイなどを一部除去した鉢の様子



DSCN2666.jpg
水槽にいるエビ



posted by 進 敏朗 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 第2次メダカ池 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック