2024年01月06日

5日後の東伯耆の海浜

P1060204.JPG
伯耆の東、鳥取県中西部の浜(午後2時ごろ)

能登半島の巨大地震から5日後に鳥取県に帰省。空家となっている海辺の祖母の家を訪ねた折、浜に出てみた。

石川県尾震源地近くの海辺では、最大5メートルの津波が襲ったのではないかという。津波が押し寄せる映像がニュースで流れていた。

津波は日本海側の広範囲に押し寄せ、気象庁の発表では鳥取県の境港では最大60センチの潮位変動が観測された。
日本海はあんまり潮汐の変化がないので、60センチ水位が上がったら、満潮の最高潮位よりも高く水面が盛り上がったのではないか。

さてわが本籍地の浜はどうなっているのか。

P1060206.JPG
波が駆け上がった痕跡。画面右下に漂着した果物

堤防のゲートを抜け、浜に降りるコンクリートのスロープに出たところ、波が押し寄せた痕跡があり、黄色い果物が漂着している。

P1060210.JPG
波の到達点か

梨かと思ったらミカンだった。
昔、この浜で貝拾いをしていた時、規格外の二十世紀梨が大量に打ち捨てられていたのを思い出したのである。

ミカンは水ぶくれしており波に運ばれてきたようで、ここが波の到達点であろう。
堤防の根元には吹き寄せられた砂が盛り上がっているが、波によって崩されたようにも見える。
上の写真ではスロープの傾斜がわかりにくいので、波打ち際から見た写真を下に付してみた。

P1060242スロープ.jpg
波打ち際からみたスロープと堤防

これでスロープの傾斜が見やすくなった。
ミカンはスロープの上り口に近いほうに留まっていたのである。
写真は波が打ち寄せた瞬間を撮ったものなので、平均的な海水面はもうちょっと低いと考えると、ミカン漂着地点は海水面より2メートルくらい高いのではないか。

はたして、津波が駆け上がった痕跡が確認されたのか。
そうではなく冬の季節風を受けた通常の荒波の跡なのか。
判断する材料はないが、もし津波の跡ではなかったとしても、ふだんの季節風でここまで波が来ているとなると、堤防の内側はすぐ町なので、それはそれで危ないんじゃないか。

鳥取県の津波観測地点はこの境港と、東部の岩美の2カ所しかないそうである。日本海側では従来、津波のことをあまり心配しなくてもいいだろうということなのかもしれないが、この地震を受け鳥取県知事は、津波観測装置の増設を要望しているそうである。
岩美での津波の高さ20センチだった。また、隣の兵庫県豊岡では40センチ、京都府の舞鶴でも40センチで、それらの地点よりも震源から遠い境港で高い波が観測されたことには奇妙に思えた。

だが調べてみると、これが津波の不思議というか、距離が遠いからと言ってそれに正比例して津波が低くなるかといえば必ずしもそうはならないのだそうだ。

P1060236.JPG
滑らかな海浜

とりあえず浜を確認した。被害はなかったが、波はすぐそこまでやって来たようだった。

P1060253.JPG
海抜を知らせる看板

浜から100メートルほど内陸を走る旧道沿いに、海抜を知らせる表示が電柱に貼られている。
きわめて海岸に近いところに住んでいるわけだが、古くから町があったので大丈夫のような気がしていた。

過去の日本海側の津波の歴史を調べると、島根県の益田で今から千年前に津波が襲い、内陸の数キロまで達したそうである。
隣の島根県ではいくつか津波の記録が確認できたが、鳥取県ではそうした記録は今のところ探し出せなかった。
それで、まあ鳥取県には大津波は来ないだろうと高をくくってきたのだが、実際のところはよくわからない。

このたびの能登半島地震では地面が4メートルも隆起するなど、数千年に一度規模の断層の動きがあったとも語られている。
そうなってくると歴史資料では解明できず、地質調査的な手法で調べるしかない。
数十年の人生では想像もつかない大地の動きの前には無力というほかはない。
せめて察知を早く、できるだけすみやかに避難。
そのような年の幕開け、被災地のお見舞いと、早くの復旧を願うばかりだ。

P1060256.JPG
<おまけ>空家に咲く白いサザンカ


posted by 進 敏朗 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 山陰往還記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月02日

藤ヶ崎龍神

P1020127.JPG
田園の向こうの比良山系(午前9時ごろ)

2024年が明け、元日の夕方に能登地方を震源とした大規模な地震があった。元日から、被災した地域ではたいへんな年の幕開けとなった。
滋賀でもかなりの揺れがあったが、家の棚のものが落ちることはなく、幸いにして被害はなかった。
被害の全容はいまだわからないが、家屋やビルの倒壊、火災など、たいへんな状態であることは間違いない。
被災地にお見舞いを申し上げたい。

温暖な冬だが2日の朝は霜が降り、風のない晴れた日になった。
琵琶湖を見に行った。
初詣を兼ねて、近江八幡市の藤ヶ崎竜神を目指す。
比良山系は雪を戴いて、晴れた空に美しい山容を見せていた。

P1020152.JPG
水位が低下した琵琶湖の眺め。前方は長命寺山・奥島山

琵琶湖の水位はマイナス76センチ。
大晦日から元日にかけ雨が降ったが、それほどの降水量はなかったとみられる。
ふだんより水位が低下した湖岸は静かで、岸辺の石が露出している。
石は大きさ・形がそろってる感じで石材のようにも見える。

P1020129.JPG
トンビやカモ休む湖辺

穏やかな朝にトンビも木に止まり休息している。
湖面では鴨類もじっとしている。ここでの景色は平穏そのもの。

P1020130.JPG
真っ赤な鳥居が見えてきた

さて駐車場から程なく、前方の湖岸に真っ赤な鳥居が見えてきた。
藤ヶ崎龍神。
今年は辰年ということで、龍神に参詣しようという趣旨である。
琵琶湖で有名なのは、竹生島や、湖西の白鬚神社だろうか。
白鬚神社はインスタ等で有名になったのでたくさんの人でごった返しているはずである。

P1020132.JPG
内宮の洞穴

陸地側には岩の洞穴があって内宮となっている。
人の並びの関係でこちらから参拝した。

P1020133.JPG
狭い洞穴の内宮

人一人がやっと入れる広さ。
岩陰の湿った洞穴は隠微な雰囲気。
湖岸に転がっていた石を見ると、このへんの岩山は掘られていたかもしれない。
ところで藤のつるが左側から伸びているが、藤はこうした岩場でも生えてくる強い植物だ。

P1020144.JPG
藤ヶ崎龍神

数組の人が並び、順番で鳥居をくぐる。
鳥居が朝日を浴びて赤色が青空に映える。
人がかろうじてかがまずに通れる小さな鳥居。
その向こうにはしめ縄をした岩が、そして琵琶湖がある。
たいへんな年の幕開けとなったが、今年の水辺との出会いを祈る。

P1020155.JPG
湖岸からの比良山系

このあと、数キロ西の野洲市吉川の湖岸に移り、比良山系を砂浜越しに眺める。

P1020188.JPG
湖面に山容が映る

こういう、青い空をバックに、雪山が広い水面に映る景色というのが、琵琶湖のスケールを物語るひとつの風景ではないかと思う。
今年も水辺とのいい出会いを期待したい。


















posted by 進 敏朗 at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 琵琶湖・内湖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする