2023年01月29日

ワカサギ展示

P1290527.JPG
湖南平野の雪景

3日間にわたる降雪がいったん明け、青空が広がった。最低気温は氷点下。
琵琶湖博物館で、ワカサギの展示をしているというので見に行った。

P1290531.JPG
館へ続く道

1年間の有効期間があるパスポートが先月で切れたところだったので、1600円を払い購入する。
来年1月までにもう1回来れば元が取れるのだ。近距離に住んでいる者としては、これはお得だ。

P1290540.JPG
ワカサギ

水族展示の「流れる水槽」のところで、そこには夏場はコアユが泳いでいるのだが、本日は、コアユに似た魚が泳いでいた。
ワカサギなのだが、素人目にはコアユとの違いを見出すのが難しい。ほとんど同じに見える。強いていえばコアユよりも細いような。銀光りが強いような気もしなくもない。体をくねらせて泳ぐ様子もそっくり。


ワカサギはこの季節、産卵期を迎え、日没後に湖岸の河口付近を目指して接岸する。その機をとらえての展示とのことだが、たもですくっただけで弱る繊細な魚ということで、連日、弱ったやつを入れ替えるなどして元気に泳ぐさまを生態展示しているのだという。
水槽には、群れですいすいと泳ぐワカサギ。水槽の底の砂利、どのように管理しているのかわからないが苔が生えておらず見事だ。

夜に湖岸に行くと、実際にワカサギがたもですくえるそうだが、寒いし、暗いし、自分としてはやる気が起きない。
しかし、こうして泳ぐ姿を間近に見ると、捕ってみたいなあという気も少し起きる。
風がなくて月が出ているなどの気象に恵まれれば、場合によっては行くこともあるかもしれないが、また検討したい。

P1290548.JPG
モロコ竿

本日の展示ではさらに、B展示室でモロコ竿の展示があった。
高槻からの寄贈で1950年代ごろのものらしい。
竿は京都でつくられた京竿という。大きいほうは12本継で、1本30センチとして3.6メートル級くらいだろうか。小さいやつのほうは9本継で1.8メートルくらいか。光ってて保存状態がいい。大事にされていたのだろう。

P1290553.JPG
馬井助作のウキ

そしてこのウキ、京都の「馬井助」の作という。釣りのウキを作るウキ職人というものがいたことに驚いたが、形とか模様とか繊細なつくりだ。

P1290554.JPG
琵琶湖の釣り場案内図

釣り場案内図や、漆塗りのびく、ウキ職人作のモロコウキ、さらにはモロコ釣り入門書が展示。
1950年ごろの琵琶湖南湖、いまでは埋立地との水路として残っているような、瀬田の大萱付近の小さな河口がモロコのポイントだったようだ。エリなんかもある。旧集落以外は田んぼだ。
その頃は瀬田駅も近江大橋もイオンもなかったので、京都からの釣り客は石山駅で降り、バスか徒歩で瀬田川を渡って釣り場に向かったのだろう。
地図を見ながら、のどかな風景を想像した。ホンモロコ、近年は徐々に数が琵琶湖で回復しているというが、将来南湖でも捕れるようになる日も来るのだろうか。
ただホンモロコが減った原因としては水辺環境の変化だけではなく、もともと琵琶湖にいなかった移入種ワカサギの大繁殖が影響しているのではという見方もある。1990年代にホンモロコの漁獲量が激減したのち、ワカサギが大量に捕れるようになったのだ。
きょうの展示を見る限りワカサギは細くていかにも弱々しく、春に川で捕れるホンモロコのほうが魚体も大きくて、たもですくった程度では死なないし、どう見てもホンモロコのほうが強そうな気がするんだが、個体ではなく総体としてのワカサギは、侮りがたい強さがあるのかもしれない。
こんな厳冬期に産卵するところをみると、産まれたての稚魚を狙う他の魚もじっとしてそうだし、一気に増えて従来のホンモロコの地位を奪ってしまったのか。湖岸に行って、産卵期のワカサギの繁栄ぶりを見てみたい気もする。

P1290575.JPG
琵琶湖と湖面に浮かぶ冬鳥たち


posted by 進 敏朗 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 水生動植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月27日

地温

P1250531 雪.jpg
積雪の池(25日撮影)

寒波が襲来、25日夕方から降雪があり、JRの山科などの駅では積雪によるポイント故障で電車が止まるなどし大変な影響が出た。つぎの晩には、滋賀から三重にかけての新名神高速道路で24時間以上の立往生が発生した。
25日朝は滋賀南部の町も、一面の銀世界だった。京都でも15センチの積雪があった。滋賀南部のほうがむしろ少なかったかもしれない。温暖化が進んだ近年では、ほとんど積雪のない年もあるが、10センチほどの雪なら、今でも2冬に1度くらいは積もるように感じられる。

P1260538.JPG
バケツに氷が張った

積雪もさることながら、特筆されるのは寒さであった。
1月の下旬から2月初旬にかけてが、統計的にも1年でもっとも低くなる時期だが、この時期に厳しい寒波が襲い、かつ京都や滋賀あたりの冷え込みが、全国的にも著しかったようだ。
気象庁によると26日の最低気温は、東近江で観測史上最低のマイナス12.3度を記録。
近江盆地の中央にある東近江は夏場に気温が上がりやすいことで知られるが、冷気にも襲われやすいとは知らなかった。
滋賀の中では冷え込むことで知られる高原の町、信楽ではマイナス12.6度。湖北の米原ではマイナス9.1度などとなっている。
鈴鹿山脈をはさんだ三重県の四日市では観測史上最低のマイナス8.9度。これは東海地方の海辺のまちであることを考えると、異例な寒さだ。鈴鹿山脈から異常な寒風が吹き下ろしたのか。
ちなみに南丹市園部でも観測史上最低のマイナス13度。
同じ朝の札幌の最低気温がマイナス10.2度。この朝の滋賀の冷え込みは北海道と同等の寒さになっていたのである。24日夜の鉄道停止や、その後の滋賀から三重にわたっての新名神の停止は、とくに鉄道では対応のまずさが目立ってしまい、あれだけ気象庁が注意を呼びかけていたにもかかわらず、と大批判を受けてしまったが、京滋の一帯が異例な積雪や冷気に包まれていたのではないだろうか。

P1260554-バケツの氷.jpg
厚い氷だ
水を張っておいたバケツの氷も、2センチくらいあって立派なものだった。
風や雪とともに凍っていったのか、でこぼこしている。

P1260562 融雪路.jpg
融雪の道

昼になって、日の当たる場所から徐々に雪が解けてきた。
庭を見ると、何か道のように雪が解けて地表がみえている。
実はこの下には、井戸水を池へと送るホースが埋められている。写真の右奥が池となっている。
井戸水は水温が15度くらいあるので、その熱で雪が解けたようだ。凍結しちゃまずいと思って、井戸水を流す量をいつもより多めにしておいたところ、地温が上昇して融雪装置の役割を果たしたようだった。

P1260564 雪解け池.jpg
雪解けの池

このようにして池の周囲はより早く雪解けが進んだ。
なんだか早春の趣がしている。
井戸水を使えば、地温を上げることもできると学んだ。これを畑に使えば、何か耕作を早めたりするのに使えるのかもしれない。水温15度とはいえ、このような寒い時期には明瞭に地温の差を生み出すのだった。
雪が積もったことで、地温の高さが目に見える形であらわれた。やはり地下水は温かいことが、こんな形で確認できたのはなんだかうれしい。
posted by 進 敏朗 at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | メダカ池記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月01日

新春自宅療養 水辺憂想

P1010508.JPG
メダカ池の冬

2023年はコロナ罹患自宅療養の中での幕開けとなった。
年明けに予定していた入院の1週間前、必要な手続きとして12月28日にPCR検査を受けたところ、翌29日の朝、病院から電話がかかってきて「あなた陽性ですよ」と知らされたのである。
えっうそ、と思ったのもつかの間、その日の夜には微熱や咳が出始めた。
つぎの30日には熱が38度台に達したがそこがピークで、症状としてはのどの痛み、せきが出る程度で体感的なしんどさはインフルエンザと同等だった。味覚はあり食べ物をおいしく食べられ、発症4日目の本日はこうやって机にも向かっている。玄関横にある隔離部屋から外に出て、敷地内のメダカ池の写真を撮ってもみた(冒頭の写真)。

このたびのコロナ発覚、本人は自覚症状がなく、たまたま手続きのためPCR検査を受けたところ、ちょうど潜伏期間であったという。こんなタイミングでPCRが受けられたのはむしろ運が良かったのか。 
日頃ぼーっとしているからコロナウイルスが降りかかるような場面で無防備なんだろうと言われても仕方がないが、ワクチン接種もこれまで4回、直近では11月に受けているし、マスクもしているし、生活の中でとるべき対策は取って来たのである。
ただ、結果として、濃厚接触者を増やしてしまったのは申し訳ない気持ちである。
予定していた入院も取り消しとなってしまい、設定しなおすしかなくなった。

このようなわけで療養生活のまま越年しコロナ正月を迎えた。
まあしかし、療養生活というのはひまである。
だいたいコロナになる前から年賀状も書く気が起きず、部屋に引きこもったような生活ぶりだった。
50代に達した人間が思いがちな、これまでの年月はなんだったのか的なことをいっぺん、この正月の療養生活を機に、考えてみようかという気にもなったがたいしたことは思いつかない。
でもひまなので、漫然と思いはめぐるのだった。
今年は2023年の正月、早いもので、大学を出て、就職してから30年もの年月がたってしまったのである。

30年、早いもんだなあ、と思ってしまうのは、自分の中ではあまり変化した自覚がないというか、子どもの頃や学生の頃のような、未知のもの、人との出会い、世界観の獲得、変化、衝撃、そういったものがこの30年というものあまりないような暮らしであった。
いっぽう、外の世界を見まわしてみると、やはり30年で大きく様変わりしている。
これまで同じ会社で30年働いてきたが、大きく変わったのはIT化であった。
AIも出現、世の中を見ると仕事というものが劇的に効率化されてきた。
だんだんと機材が高性能化し便利だなあ、というのを超えて、効率化したシステムが従来の社会を変えていく。これが現実のものとして迫って来た。
なくなるというか、もっと少なくなる業態もいろいろ出てくるだろう。
例えば全国に地方銀行がある。各都道府県の進学校のエリートの就職先だったのだが、ネットバンキングの時代になってくると、こんな全国各地にたくさん地方銀行がなくてもいいのではないかという話となってくる。
中では変化が急がれているだろう。銀行業以外のまちづくりへの投資とか、投資とか。しかし、これまでの銀行業に匹敵する収益の柱をつくるとなるとなかなか大変なように思われる。
採用の時は優秀な人を集めていると思うのだが、いざ新事業となるとスキルを持った人材がいない、ちゅうことになっていると想像できる。もちろん従来の業務だって大変で意義もあるのだけど、それでも会社の外の技術的な水準が上がっており、かつての地銀の優位性はそれほどでもなくなってしまった。それなのに、これまで通りの日々が続いていくものなのか。どうなのだろう。
そうは言っても私も30年来、地方銀行の口座を持っているし、各地で地方銀行がやっぱり従来どおり存在しているのは、地方には中高年、お年寄りが多く、お年寄りはライフスタイルを変えないからにほかならない。
このような感じで地方には、マジョリティーである中高年以上の世代を相手にした多くの業態が今も生き残ってきた。だが、ここらでよく考えとかないといけないのではないか。
私の親の世代は敗戦で貧しかった子供時代から、高度成長を遂げていった時代を見てきた。私は生まれた時はよかった時代の日本しか知らない。鳥取県でも人口は毎年増加しており、昭和末から舞台を移しての学生時代では、世の中バブルで、企業から学生へ、営業と称し、お金のかかるサービスの投下が並大抵のことではなく、いま振り返れば狂っていたとしか思えないが、当時は大体そういった感じで、田舎から出てきた身としてはこれが都会の、大人の文化かと納得してしまったがとんでもないことだった。私も世の中がゆるゆるだった時代の恩恵で就職できたようなものだが、広い意味でのバブル就職世代は今や50代半ばになり、会社や官庁で幹部になってきた。そういう世代があと数年で前線から去る。親世代もあと何年元気でいられるか分からない。漠然とした印象に過ぎないがその後は、さすが時代が変わるのではないかという気がする。

世界を見ても、2020年から続きいまだ出口が見えずついに私自身にも降りかかってしまったというコロナ禍、そして昨年はロシアによるウクライナ侵攻での石油ガス高騰や食料資材の高騰。アメリカではコロナ禍に端を発したインフレを押さえようと金利の上昇となり、日銀の大規模緩和も遠からず修正せざるを得なくなってきた。だからと言って金利を上げたら膨大な債務の返済が難しくなるから、行き詰まってまいやしないか。30年の長きにわたり停滞してきた日本経済だが、20年のコロナを元凶としたこの動きで、日本が衰退期に入ったのではとも思ってしまった。人口減少の影響は大きい。
そしてウクライナ侵攻、日本と中国、韓国。北朝鮮は言うに及ばず。台湾をめぐってもどうなるんだろう。平和どころか、対立が深まっている。
平和な世の中だったら、平凡に生きられたのであるが、きな臭さが増してきた。これまで泰平の世しか知らず、まったくパッとしなかったつるつるとした会社員のおっさんが、突然防備なしで風雨や荒波にさらされサバイブできるのか。そこまで言うのはいささか極端だけど、何にしてもこのたびのコロナ罹患みたいに、不意打ちにあうのがいちばんよろしくない。偶然、適切なタイミングで受けたPCR検査で発覚遅れを免れ、最悪の事態は防げたが(やはり運が良かった)、とにかく構えは何か講じておかなくてはと意識したのであった。

そういう状況の中でこのブログのテーマ「水」について見たりすることはどういう意味があるのか?
やっぱり自然のいいところは、そのまんまなところだね。
水辺を見るとホッとする。まあ、これに尽きるんじゃないか。

話を大きく広げた割には、そことはリンクしない結論で、「だけどさあ、」と割り込んで話の腰を折る人みたいになってしまった。
予想を微塵も超えない結果で、単なる思考放棄ではないかと突っ込まれても仕方のない感じになったが、大きな問題は解決策がすぐに見つからないからこそ難しい。
ところで、この30年の日本で、目に見えてよくなったと思っていることもあって、それは川がきれいになったこと。水辺に関しては、住民意識の向上や、下水などのインフラ整備が進んだ。これは社会が積み上げた教育や公共投資のたまものだ。
ここ滋賀県でもいっときはコンクリ三面張りや琵琶湖のヨシ帯伐採とか、水辺をめぐる環境破壊も問題にされたのだけど、ホタルが見られる場所が年々増えたりとか、どうってことのない用水路にいつも魚がいるとか、それなりに生物もいて、あとは昭和の生活用水や排水の垂れ流しも減って水がきれいになった。環境への配慮が曲がりなりにも意識されるようになったことは大歓迎だ。
とにかく日本では季節がめぐるのを見るのが楽しい。こんな季節が美しく移りゆく点においては、日本の風土は、世界でも稀有なものじゃないかしら。ほかの国にはあまり行ったことがないので知らないのだが。
なるべく何の変哲もない水辺をみて、自分がホッとするものをつかみだして記録していきたい。水辺こそ人生の楽しみ。なんてね。最近、記事の更新もいっときより減ったが、そんな気持ちで今年も行きたい。

ーと、療養の自宅隔離部屋で思った次第であった(本日、長男のコロナ陽性が発覚…)。




posted by 進 敏朗 at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする