2021年09月26日

水抜き、湛水

水を抜いた池.jpg
干上がらせた池

庭のメダカ池にザリガニが排水溝を伝って遡上、池底の泥におぞましき死骸横たわり、幼体多数発生、水草が食い荒らされるという、池始まって以来の惨状となった。
ザリガニを排除すべく、仕掛けやペットボトル等で掬っては捨てていたが、20匹や30匹、小さいのを取ったところで減る気配はない。
そこである程度少なくしたうえで、池の水をぜんぶ抜くことにする。
とにかく、冬までにやってしまわないと、やつらは泥に潜って越冬してしまう。
そうなると産卵し、もう繁殖を誰にも止めることはできない。ザリガニ池への遷移だ。
それだけは避けたい一心だった。
雨でザリガニが敷地内に侵入してくる市とは?
滋賀あるあるなのか?(笑)

池は井戸からの送水を止めると、水位が徐々に地下に浸透し、干上がるのだった。完全に漏水しない池を粘土だけでつくることを目指したが、それは結果的にうまくいかず、水は送水停止後3日目に干上がった。10センチあるかないかの水位が干上がるのに3日かかるのだからそれなりに漏水対策はできているといえようか。
その際、メダカは全部ほかの鉢に避難させる。

夏までは、オタマジャクシが多数見られたが、それらはカエルになり池から脱したのか、1匹も池底に見かけなかった。
まさかザリガニにみな食われたなんてことも?
やつらは夜行性だから、あるいはそんなことが…。
まさにエイリアン。
ザリガニに比べれば、オタマジャクシははるかに良質な生物だった。
見た目が少しグロいだけで、水草を食い荒らしたりしないし、カエルになればむしろ蚊やナメクジを食べてくれるかもしれない。
良質な生物、という概念はもちろん筆者の見方にほかならない。
生物に良質も悪質もないが、とにかくザリガニよりはましだ。

さて、池を干す過程でザリガニを1匹残らず排除することを自らに課した。
驚くべきことに、1畳分にも満たない深さ数センチの池の中に、大きいやつが6匹も見つかった。
最初はイカの餌をペットボトルに入れたりして排除した。
水を抜いてからも数匹捕り、もういないだろうと思っていたら次の日、干上がった石のすき間から出てきたやつも。
油断もすきもありはしない。
産卵で力尽きたり、脱皮時に共食いに遭う、などが原因とみられる死骸は累計3匹。置き土産に産卵もしたらしく、池で発生したとみられる数ミリから1センチ程度の小さいやつは100匹以上もいた。
おそろしい生息密度だ。
ザリガニを見るのが生理的に受け付けず、この間の排除作業の様子の写真を撮影していないのであった。

さて水を抜いたあと、2週間以上、水を張らずにそのままにしておく。
やつらが泥に潜っていないとも限らない。
とにかく、カサコソという音が泥底からしないか、あらゆる角度から注意深く観察した。
1匹でも残っていたら、それが数か月で成長してしまい、もとの木阿弥になってしまう。完全に、1匹残らず排除しなくてはならない。
2週間以上がたち、どこからも反応がないことを確認。
これ以上そのままにしとくと、泥が固まってきて、ひびが入ったらかえって漏水が大きくなるなど、マイナスかもしれないので、そろそろ池の再構築にとりかかる。

DSC_0200.jpg
側溝の出口に張った金網

まずは、ザリガニが入ってこないように、側溝への排水口に金網を張る。
側溝の底面より7センチも上に排水口の下端があるが、これでも大雨の際には側溝の水位が高まるかして、ザリガニが遡上してくるには十分な条件になるようだ。
やつらはセンサーが発達しており、排水の水質から餌の豊富な泥池があることを感知できるのだろう。1匹が迷い込んだのならともかく、あのように多数が遡上していた理由はそれしか考えられない。恐るべし。

この金網は、ホームセンターで買って来た、台所の排水口用のステンレス金網の枠(直径11センチ)を外し、ゴムの帯を付けたもの。
うまいぐあいにサイズが合った。ザリガニのハサミをもってしても金網は破れまい。
だが、ふにゃふにゃなのが難点か。防水テープで補強も検討。

つぎに、池底にたまった泥を除去。
泥は、庭を集水域として、雨になると濁水となって流れ込んだものが沈殿するので、泥が堆積するペースは速い。
2週間以上おいていたが、まだ乾燥はせずねっとりしている。取り除いて畑に積む。中からザリガニは出てこなかった。

再湛水.jpg
水を池に流す

そして湛水を開始。しばらくは濁りがあるので、この日はメダカを放さず、次の日までずっと、水が澄むまで流し続ける。
あまり放置するとボウフラ池になるので、適度なところでメダカや水草を放したい。

湛水1日後の池.jpg
湛水1日後。水が澄んできた








posted by 進 敏朗 at 10:12| Comment(0) | メダカ池記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月23日

線香立ての砂

DSCN8172.JPG
海の見える墓地

彼岸の中日、空家となっている祖母の家にて、彼岸の墓参をする。
前夜、午後8時前に京都府の洛西地域を出、深夜に着いた。
朝になり、1人で墓に行った時、母から言われていたことを忘れていたのを思い出す。
線香立ての砂が古くなったので、新しい砂を浜から取ってきてほしいとミッションを受けていたのだった。
徒歩で家に引き返し、ビニール袋を持って浜に出る。

DSCN8162.JPG

きょうは風が強くて、家からでも波の音が聞こえていた。

DSCN8164.JPG
細かな砂

護岸コンクリ壁の近くに吹きだまって、さらさらしていそうなところから手ですくい取って袋に入れる。
波打ち際から遠いやつのほうが粒が細かくてさらさらだ。

DSCN8169.JPG
入れなおした砂

さあこれをもって墓地に引き返し、線香立ての砂を入れ替えた。
さらさらになった。

DSCN8171.JPG
線香を立てる

線香も、さくさくと入り気持ちがいい。
海沿いなだけに、新鮮な砂の調達は容易なのだった(笑)

DSCN8176.JPG
墓の野菊

京都にいる母のいとこが、祖母宅をたずねてきた。
77歳になり、これまでは毎年5回、車で隣町の実家に戻っていたが、80歳になったらもうやめようかなあという。実家の建物は築50年くらいだが雨漏りがするのでつぶす予定と聞いた。
昭和時代はここらへんも人でにぎわっていたのを思い出す。
秋晴れの海辺の町はひっそりとしていた。

posted by 進 敏朗 at 00:00| Comment(0) | 山陰往還記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする