2021年07月20日

スイレン再び開花

スイレンの花が水槽で咲いた。
このスイレンは昨年か、一昨年までメダカ池の中にあったものを移し替えた。
それまでは咲かない年が続いており、だいぶ年数がたったから、衰えたのかと思って、池から除去して水槽に移したところ、白い花を再び咲かせるようになった。夏の陽射しに、白い色が映える。
なぜ咲くようになったのかを考えると、メダカ池は、地下水を引いているので、水温が低くて咲かなかったのではないか。
それに対して水槽は、気温と同じくらいには水温が上がるので、池に生えていたときよりも、スイレンにとっては適温となったのではないだろうか。衰えていたわけではなかったのだ。
メダカ池で最近、稚魚の増え方が少ないのも、水温がやや低いせいもあるのかもしれない。
写真を撮ったはずなのだが、なぜか見つからない。

posted by 進 敏朗 at 00:00| Comment(0) | メダカ池記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする