2020年08月27日

コウホネを採る

DSCN6705 ミズアオイ群落.jpg
第4次メダカ池のミズアオイ

メダカ池でミズアオイが多数咲いている。
植え付けて4シーズン目で、年々増えて今季は群落という感じになってきた。
全国的に絶滅が危惧されているが、池では特に何も手を掛けなくても池底から発芽して花を咲かせる。
たくさん生える場所では当たり前に見えるような環境が、じつは得難いものであることを物語っているのかも。
ミズアオイの生えているメダカ池では地下水がわずかずつだが途切れずに注ぎ込み、農薬はいっさい入ってこない。それだけでだいぶ違うのかもしれない。

8月から9月にかけては、川で水草の花がよく見られる。
水路の水草観察。これは水辺に恵まれた滋賀県南部で味わえる楽しみだ。

DSC_0389 コウホネ群落.jpg
用水路のコウホネ

野洲市内の3面張り用水路でコウホネ(河骨)の群落がみられる。
きょう環境省のレッドデータで知ったが、コウホネは滋賀県でも準絶滅危惧種であるという。
在来植物だから滋賀では特に珍しくはないだろうと思っていたがそういうものでもないらしい。

DSC_0397 コウホネの群落.jpg
繁茂するコウホネ

しかし、訪れた用水路や近くの川では、数百メートルにわたってコウホネが繁茂していて、これを見る限りすぐには絶滅という事態にはなりそうにない感じだった。
用水路は、田んぼからの水を琵琶湖に流す排水路で、栄養分の多い水が流れている。
日照り続きというのにほ場整備の完成した田んぼには豊富に水が注がれ、排水路には水が勢いよく注がれている。

DSC_0402 水面と水中の葉.jpg
水面の葉と水中の葉

先日、草津の水生植物公園でコウホネの展示を見て、コウホネには水面に出ている葉っぱのほかに、水中の葉っぱもあって、水中の葉っぱは柔らかく波打ってひらひらしていることを知った。
用水路の上から眺めると、たしかに2種類の葉っぱがある。
黄色い花が咲いているのは、こんもりと葉っぱが繁っている所には少なく、水中葉のところに多い。
1秒間に数十センチの流れがあり、水中葉がひらひらと揺れている。

DSCN6738 コウホネの花.jpg
コウホネの花

コウホネの黄色い花は小さめだが目立って、存在感がある。
濃緑の葉ともマッチしている。
コウホネを、畳一畳分の広さもないわがメダカ池に植えようものなら、あっというまにあふれかえってしまうだろうと思っていたが、先日、水生植物公園での展示を見ていたところ、小さめの鉢に収まっていて、一株だけなら案外コンパクトに育てられるのだなと思い、これを採取してみることにした。

DSCN6736 コウホネ至近距離.jpg
水路に降りて撮影

それで用水路に降りて採取できそうな場所を探すが、たいていは、浅いといっても30センチくらいは水深があって、しかも、棒を差してみると数十センチほどめり込んだ。うっかり踏み込もうものなら、足がめり込んで抜けなくなってしまいそうだ。

流れの緩い川に厚くたまった泥は、そのままにしておくと川を浅くして洪水を引き起こしてしまうから、定期的に浚渫が必要だろう。三面張り水路で重機を使えば浚渫は難しくないだろう。
するとコウホネの生息地は狭まってしまうことになるだろう。

どこか泥と格闘せずに降りられる場所はないかと探し回ったところ、水深がさらに浅く、3面張り用水路で底面が「田」の形にコンクリートが組んである場所があり、足をめり込ませずに降りることができた。

DSCN6739 川から抜いた.jpg
コウホネを抜き取る

株を引っ張ると太い根っこが途中から切れる。
手で持てるほどの大きさで、これなら小さい鉢にも収まりそう。

DSCN6740 川の骨.jpg
名前の由来となった白い根っこ

白い根っこは、たしかに骨のようにも見える。
コウホネという響き、かわいらしさはないが、昔から日本で人と関わり合ってきたのだなと感じさせる。

DSCN6741収穫.jpg
バケツに入れ持ち帰る

3株を抜いて、これを川の水で洗い、持ち帰る。
いま池には買ったスイレンがあるが、これを植え替えてコウホネとミズアオイ、トチカガミ、ショウブの組み合わせにしようと。

コウホネ、あらためて生息場所を観察すると、生えていたのは水路の流れがある場所だった。果たして池で「池骨」(?)として生育することはできるのだろうか。
posted by 進 敏朗 at 00:53| Comment(0) | 水生動植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月18日

コウホネ展

DSCN6674 コウホネの花.jpg
コウホネの花

草津の水生植物園みずの森でコウホネ展をしているというので見に行った。
鉢に黄色い花が咲いている。プラスチック造花のような質感が、間近に見れて楽しい。

DSCN6675 ボリューム感.jpg
葉っぱのボリューム感

コウホネ(河骨)は、スイレン科の在来植物で、滋賀では三面張り用水路なんかに生えていることがある。
上の写真のように、花にくらべて、葉っぱのボリューム感が圧倒的に大きくて、これを池に植えようものなら、あっという間に一杯になってしまいそうだ。

DSCN6673 コウホネご飯.jpg
コウホネご飯

コウホネの根は、薬や、食べ物としても利用されたと説明があって、かつて明治時代の北海道の屯田兵は、食糧不足の際に、ご飯にコウホネの根をカットしたものを混ぜた「コウホネご飯」を食べていたそうだ。その模型が展示されていた。
現在、それが流行っていないところを見ると、あまりおいしくないのではないか。
でもどんな味・食感なのかと興味をひかれる。
展示はコウホネと日本人とのかかわりがいろいろ説明されて、家紋の一覧もあった。

DSCN6681 ヒメコウホネ鉢.jpg
ヒメコウホネの鉢

さきほどの屋外のコウホネの鉢のボリューム感を見て、わがメダカ池に植えるのは無理だなと思っていたが、屋内のヒメコウホネの鉢の展示を見ると、案外と小さくて、これだったら池にも植えられるのではと思った。現在は店で買って来たスイレンの鉢植えを池中に埋めているが、コウホネを植えているほうが、かっこいいような気がする。

DSCN6690 巨椋コウホネ.jpg
オグラコウホネ

オグラコウホネというコウホネがあった。
水草にくわしい係の方にたずねると、オグラコウホネは、その名の通り、京都の巨椋池(おぐらいけ)に自生していたことから名付けられたという。
今は巨椋池は埋め立てられ、オグラコウホネはそこでは見ることはできないが、近くの淀川のワンドなどで一部生えているという。
コウホネは、水面の葉と水中の葉の形が違っていて、このオグラコウホネは波打った水中の葉がもっさりと茂っている。
水生植物園では、コウホネを約20種類も育てているそうな。在来植物を大切にする姿勢に好感を持った。
そのあとコウホネの自生地について意見交換。


DSCN6693 フサタヌキモ.jpg
絶滅危惧種のフサタヌキモ

在来の水草の展示も数種類。
上から水を垂れ落として水の流れをつくった水槽で、フサタヌキモがくるくると回転している。展示方法が凝っていて、しばらく見入った。



posted by 進 敏朗 at 22:10| Comment(0) | 水生動植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イタチ園

DSCN6634 庭に何か動物が.jpg
庭に何か動物が

朝、子供が庭をみて「イタチがいる」という。
見ると雑草園と化した庭のなかで何やら動く茶色いものがいる。

DSCN6637 イタチだ.jpg
イタチだ

3匹もいる。イタチだ。
走る時に、ぴょんぴょんと跳ねるように動く。
庭に埋めている鉢(写真の左下)に顔を突っ込んで、水でも飲んでいるのか。
3匹も来たのは初めてで驚いた。
母イタチと子どもかもしれない。
イタチはしばらくの間、鉢や池のあたりで水に首を突っ込んだりしていたが、がらっと網戸を開けると逃げていった。

DSCN6659 鉢の中.jpg
メダカは無事

池のメダカが食われたかも、などと思ってあとで見てみると、メダカは無事でたくさんの稚魚がいる。
もしかするとカエルが食われたかもしれない。が、カエルは自然と寄り付いてすみかにしていたものなので、そこはあまり損害感はない。
野生の哺乳類も呼び寄せるようになって、ますます自然園となってきた。

DSCN6641 池の平和.jpg
こちらはメダカ池

猫とかは普通に行き来していたが、イタチものさばるようになってきて、ますます野性的な趣が増してきた。


posted by 進 敏朗 at 03:27| Comment(0) | 第2次メダカ池 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月16日

石田川と猿

DSCN6610 石田川.jpg
石田川の流れ(午後1時半ごろ)

湖西の川、友人S氏と石田川の清流に行く。
7月末の梅雨明けから2週間以上も日照り続きというのに、美しい水が豊富に流れる魅惑の渓流。
福井県境に源流があり、森が深いのだろう。
これは漁獲も期待できそうだ。


この日、京都の最高気温が37.8度。大津は36.3度の猛暑日。
しかし湖西の高島市今津では33.8度とそこまで高温にならない。琵琶湖岸で大津と海抜は変わらないけど、湖西の高島は涼しい。
背後に山があり、緑が多いせいだろうか。
現場はその今津から川をさかのぼった地点で、着いたのが午後1時すぎの暑いさかりだったが、しんどさを感じることもない。最高気温は30度そこそこだったのではないだろうか。
川は冷たいとまではいえないが、それでも野洲川中流のようなぬるさは感じない。
各所で、森から本流への流れ込みがある。その水はひんやりとして水温はおそらく20度そこそこといった感じで、気持ちがよかった。
本流よりも水面が高い、冷たい流れ込みの水たまりに鮎の群れが見られた。どれも細くて小さい。

DSCN6617 猿.jpg
猿も涼む

猿もいて、川べりの木の上で涼んでいたり、上の写真のように、川の中を歩いているやつもいる。
猿も川べりが涼しいのだろう。こないだもこの川で猿を見た。
自然豊かな石田川よ。

しかし、我々の目的は猿ではなく、鮎だった。
8月もなかば、滋賀県内の川や琵琶湖での投網が許される期間(漁協管理区域除く)があと数日となった。
清流で育った鮎が大きくなっているのではないかとの想定で、水の豊かな湖西にやってきた。
この清らかな流れなら、期待できるのではないかと思ったのだったが、案外と捕れるやつはそれほどの大きさはなくて、どれも魚体が細い。

DSCN6622 清流.jpg
水はきれいだ

鮎釣りのおじさんがおり、情報交換。おじさんの釣果は、大きいやつでも17センチという。
もっと早い時期にはより大きなのもいたとか。

DSCN6619 捕れた魚.jpg
細い鮎たち

川から上がったらもう4時半。夏至から2か月近くが過ぎ、だんだんと短くなる日が傾きかけている。
いい年の男2人が時間を忘れての川遊び。
ノンアルコールビールをS氏からいただき、着替えてぐっと飲み干す。
筆者は魚のサイズが不十分だとこぼしたが、友人Sは、水がきれいだったので良かったと言っていた。
たしかに、酷暑の京都で昼間をすごすのとは大違いの環境だ。

捕れた鮎はどれもほっそりしており最長寸が16センチ。
これだと、6月の犬上川で捕れた同寸のやつのほうが肉付きがよかった。
筆者の事前の想定では、鮎は川のコケを食べ、初秋の産卵期に向けて日に日に大きくなるので、8月の遅い時期ほど大きいやつが捕れるという図を思い描いていたが、じっさいに県内の各川で魚を捕ってみたところ6月下旬や7月のほうが魚体が立派で丸々としており、8月初旬の野洲川を除けば、むしろ細くて身が少ないような鮎しか捕れなかった。

これはどういう現象なのだろう。
石田川の流速が早いので、流れに負けないよう泳いでいるうちに、どれも魚体が細くなるのか。あるいは縄張りを勝ち取り立派に育ったやつは友釣りで捕りつくされてしまい、じゅうぶんに育てず劣位におかれた魚だけが川に残存していたのか。

もし前者の理由なら、川の流れが速めのところでは必然的に魚体は細くなってしまうが、後者の理由なら、どこか釣り人が立ち寄りにくいフロンティアもあるのかもしれない。ふたつの理由を考えたが、実際にはどうなのかわからない。経験が不足している。
未解決な答えを残しながら、今年の投網シーズンはもやもやと終わりを迎えようとしていた。
この疑問はつぎのシーズンに持ち越されることとなったが、そこまで根を詰めて解答を得ようとするかはわからない。
なにせ、憩いの川漁だから。。。


posted by 進 敏朗 at 00:00| Comment(0) | 漁撈活動記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月14日

海辺のお盆

DSCN6515 海のきらめき.jpg
海のきらめき(13日撮影)

12日の昼ごろから帰省した。
新型コロナ対策のため、帰省をどうするかよく話し合ってと知事も呼びかけている。どうしようかと思ったが、車で行き来し、実家には戻らず、空家となっている祖母の家のほうで、墓のことやお盆のもろもろのため、三日間だけこの家の主となって、ひとりで過ごすことにする。

DSCN6596 空家にも届いた.jpg
空家にも届いたマスク

魚屋で魚を買ってからたどり着いた。
祖母の家には母がおり、窓をあけて、距離をたもった上マスクをして話す。

DSCN6480 アジをさばく.jpg
小アジを開く

滞在日数は長くないし、お盆なので釣りはやらず、鮮魚店でアジを買った。
釣りのエサ代くらいのお金で買える。
スーパーで白イカの刺身も。イカは今年、やや高いみたい。
中くらいのは塩焼きに、小さいのは背開きにして干物をつくることにする。

DSCN6482 海鮮ごはん.jpg
晩ごはん

昔の民宿のような晩ご飯となった。
ここには、いぎすが写っていないが、海藻を原料にした寒天状の健康食品、いぎすもスライス。

🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊

DSCN6490 海.jpg
海の様子

明けて13日。
曇ったり晴れたり、瞬間的に雨もぱらつく。
怠惰に午前9時起床。
コーヒーと白バラ牛乳を飲んだ後、裏庭の草取りをする。すぐに汗と息切れと腰だるさで、11時半の町歌が鳴るまでに、目標の7割くらいを刈った。まあまあだ。
とにかく、ふだん誰も住んでいないので、お化け屋敷にならないように気を付けないといけない。

DSCN6485.JPG
砂上に花咲く(ハマナデシコ)

そこから海パンに着替え、テレビをつけたまま歩いて浜に行く。
海水浴場は閉鎖されていて、人はほとんどいない。海水浴場がやっていても、人は少ない浜だ。
筆者は毎年、泳いでいるのはブイの外。
まずは足をひたし、徐々に腰まで、肩までと浸かる。いちばん緊張する瞬間だ。
今年の浜は浅くて、歩いたまま沖の沈みテトラのところまで行けた。

DSCN6493 イシダイ幼魚の群.jpg
ダンダラ(イシダイ幼魚)がいる

海藻がはえたブロックの上には、地元でダンダラと呼ぶイシダイ幼魚が何匹かいる。

DSCN6525 イシダイと目が合.jpg
目が合う

好奇心が旺盛な魚で、こちらに近づいてくるやつがいる。
正面から見ると割と薄っぺらい。

DSCN6498 カゴカキダイ.jpg
カゴカキダイ

チョウチョウウオの仲間、カゴカキダイもいる。
鮮やかさで日本海の磯では浮いた存在に見えるが、昔からこいつはいた。
単独で行動する魚のようだ。

DSCN6503 正面からみたカゴ.jpg
正面からみたカゴカキダイ

正面から見ると、黄色と黒の模様がひし形になっている。
鬼太郎のちゃんちゃんこを思わせる配色。

DSCN6521 晴れた海の色.jpg
日が差した海の色

最初は曇っててなんだか重たい色だった海に日が差して、明るい感じになった。
潮は西から東に流れていて、海に入った地点からだいぶ東に上陸した。

DSCN6508 海の色.jpg
海の色

自分の足を撮るとこんな感じでガラスの色を思わせる。
海に体を浸す体験。琵琶湖もいいが、波、潮、砂、、と、海はやっぱり違った場所だ。

DSCN6534 チヌ.jpg
チヌ

こんどは突堤の先で泳いだ。
捨て石周りに20センチ級のチヌ。
水中眼鏡で見ると実物より大きく見えるが、となりのイシダイ幼魚の大きさからするとそんなものだろう。
波もあって、シュノーケルから入って来た海水を思わずごくり。
何回か潜水と浮上を繰り返して疲れたので、海から上がる。
浜から戻ったらまだ1時間ちょっとしかたっていない。
歩いてすぐ戻れるのだ。
玄関先のシャワーで砂を落としてから。家とブロック塀の狭い間を進み、勝手口から風呂場に直行だ。
開放的な昭和の住宅よ。

DSCN6537 お盆の夏空.jpg
青い海と赤い甍

昼寝してから、お盆行事に取りかかる。
まずは寺に行き、お供え物をする。父母がこの日までに供えていた花の水を換える。
高台の墓からは寺の三角屋根の向こうに青い海。

DSCN6541 団子の粉.jpg
おだんごづくり

そして家に戻り、おだんご作りをする。
買ってきただんごの粉(250グラム入り)を半分だけ使う。
あきれたことに、台所の棚を見ると過去3年分くらいのだんご粉が出てきた。いつも、その都度買うが、残った粉を捨てきれずに残していたのだ。

DSCN6544 なすときゅうり動.jpg
なすときゅうりで動物もつくる

家から持参したなすと、買ったきゅうりで動物をつくる。
なすは牛、きゅうりは馬で、先祖を迎えるときは速い馬、送る時はゆっくりした牛で、との思いを込めているのという。
このだんごづくりや動物づくり、昨年この場所で、京都から帰省していた叔母から習ったのだった。

DSCN6547 暮れゆく町.jpg
夕暮れの町

さあだいぶ日も暮れてきた。
そろそろ、迎え火をたくのによい時間帯だ。

DSCN6549 迎え火の準備.jpg
折った苧殻に火をつける

玄関先に、苧殻(おがら)を折ったものを重ね、これに火をつける。

DSCN6552 迎え火.jpg
迎え火

最初はなかなか燃えないが、温度が上昇してくると、一気に燃え広がった。
この火をみて、先祖が帰って来るのだという。
だからまあ、夕方までに海で泳いだりするのはセーフ、と思っている。

DSCN6590 夕暮れの海.jpg
浜の夕暮れ

浜に出て太陽が沈んでいくのを眺めた。
雲が赤く照らされて雄大な夕景。
先祖が帰って来たんだなと思わせるような。

🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊

DSCN6602 晴れ上がる大山.jpg
晴れ渡った大山

明けて15日、もう滞在の最終日。
大山が晴れ渡り、山の後ろ(南側)に雲が立ち上っている。
これは南風で、フェーン現象が起きているようだ。
こういう日の海は、風が強いがさざ波が立つだけで白波が立たない。

午前中はのんびりして、午後は洗濯や掃除、片付けに追われた。
店を回って、空家で使う新しいサンダルやスリッパ、ティッシュやキッチンペーパーなどを買う。
またいつ来ても、使える家にしときたい。

DSCN6603 干物完成.jpg
アジの干物取り込み

アジの干物は、最初作ったやつが塩辛かったので、つぎはみりんをまぜて作った。
(しかし帰って食べたら、ちょっと干しすぎだったか身がパサパサしていた)
まだまだ経験不足。これから上手になりたい。



たいたご飯が1日以上もたって残ってしまった。
それらは橋の上から、川のコイにあげて処理するのだった。アジアの水辺よ。

DSCN6606 水平線がはっきり.jpg
水平線がはっきり見える

風はけっこうあるのに白波が立たず、水平線がはっきり見える。
午後はゆっくりと過ぎていくが、やがて夕方近く、日が傾きかけ、出発の時間となる。
2泊の滞在は、あまりに短いものだった。
しぶしぶといった感じで、帰路につく。
だがまあ、今年の夏も、ここで過ごせてよかった。







posted by 進 敏朗 at 13:31| Comment(0) | 山陰往還記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする