2020年05月26日

ツチガエルの園

DSCN6056 鉢の縁.jpg
鉢の縁に出てきたツチガエル

鉢の中に、ツチガエルが2匹いて、近づくと水中から出て来て、連続ジャンプを駆使、隣接する菜園の中に逃げていく。
いつも鉢をのぞくたびに出てくるので、そこを住みかとしているようだ。メダカを飼うために、庭の中に埋めてある鉢だが、ツチガエルの宿になってしまった。

DSCN6039ツチガエル.jpg
大きいほうの1匹

ツチガエルは、ほぼ池を掘ったのと同時に出現した(2013年7月1日記事「ツチガエル」参照)。
最初は、丸い葉っぱに乗って絵になるなあ、などと眺めていたが、そのうち、鳴き声が気になるようになり、捕獲、除去を試みた(2015年8月5日「ツチガエル捕獲とオタマジャクシ」参照)。

しかし、カエルがいなくなるということはなかった。なぜか。
近くの神社とかにもカエルがいて、夜になるとあたり一帯から鳴き声が聞こえてくる。

好ましい環境を求めてあたりを移動しているとみられる。
そして池に住み着くと、鳴き声でオスがメスを呼び寄せる。
鳴き声は大きいから、遠くからでもやって来るだろう。こうしていつしか、池でカエルが繁殖するようになるのだった。

DSCN6041 足が出たオタマジ.jpg
水槽の中にいるオタマジャクシ。足がはえてきた

カエル、なぜか池だけでなく、地上から60センチの高さにある水槽の中にもいて1匹はもう足がはえている。
2匹が越冬したが、ツチガエルは、オタマジャクシの姿で越冬するのが特徴ということだった。

DSCN5972 池にも多数.jpg
池の中にも多数

池の中はもっとすごくて、2,3匹だけかと思ったら、目視で9匹確認。
これらがみな親になったら、名実ともにカエル園になってしまう。

メダカを放つために造った池や鉢、水槽だが、今やカエルが一大勢力になってきた。
池のまわりには庭や畑があり、ツチガエルの餌となるアリやダンゴムシは豊富にいる。
こうした場所は、魚類よりは両生類のほうが繁栄しやすいんではないか。
そこに気が付いた。
ツチカエルにとっては、楽園のような環境かもしれない。

蚊やナメクジも食べてくれると助かるが、そうなると人間にとっても役に立つ。







posted by 進 敏朗 at 00:00| Comment(0) | 漁撈活動記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする