2020年03月09日

春の小川

DSCN0019 水草園.jpg
水草が繁茂する水辺

修理が成った投網を受け取りに東近江へ。網の部分を付け替え新品同様になったが、代金も新品を買うのと変わらない程度にかかった。

それにしてもうららかな日だ。
漁網店からほど近い、川幅が広くなって池となっている場所に行く。
ここにはさまざまな水草が繁茂している。

DSCN9998-カワヂシャ.jpg
カワヂシャの花

紫色のカワヂシャのほか、白色のクレソンも咲き始めていた。

DSCN0021 アオサギ.jpg
アオサギもいる

近くの山からはウグイスや、その他きれいな小鳥の鳴き声。
背後の草むらからはアマガエルの鳴き声も。
もう春だ。

DSCN0009 エビ.jpg
川底をエビ歩く

水はごく浅くて、エビが這っているのが見える。
池ではなくて、川の中流部のため流れがあり、泥がたまらずに石底となっている部分もある。

DSCN0011 ハエ.jpg
ハエジャコ泳ぐ

こうした池を見ると、どこかに魚がいないだろうかと探してしまう。
なかなか見つからなかったが、下流寄りで、ハエジャコ発見。
泳ぐ姿は直線的で、いまひとつ面白みがない。だが、こんな魚でも、いるとうれしいものだ。

思えば筆者にとっての「水辺の憩」は、こうしてのんびりと水辺をみることが原点だったのではないか。

DSCN0028 満開の梅.jpg
満開の梅の木

帰りがけ、「メダカが細々と生きている水辺」を見に行く。
数年前に休耕田と小川を見つけ、時々訪れていたがどうなっただろうか。

DSCN0031 土の小川.jpg
土の小川

小規模な山から細々と水が出てくる。
花崗岩の山が風化した粘土質の土。
土の緩い流れや、池となった休耕田があってメダカのすみかとなっていたが、規模がごく小さく、下流はほ場整備で段差となってしまったので、生存があやぶまれていた。

DSCN0037 波紋.jpg
波紋

じゅぶじゅぶとなった土道を行くと浅いたまり池があって、波紋が立っている。
これはもしかしてメダカではないのか。

DSCN0040 オタマジャクシ.jpg
イモリのオタマジャクシ?

と思ったが、手前の水たまりを見ると、びっしりと黒く、イモリのオタマジャクシらしきものが群れていた。
思わずピントもぶれてしまう。
あの波紋はこれだったのか。

DSCN0038 たまり池.jpg
休耕田のたまり池

これだけの広さの池があればあるいは、と思って目を凝らしたが魚影見えず。
こうした浅い水たまりの環境では魚類よりも、成長したら陸に上がれる両生類のほうが優勢になるのかも、

もしかしたらいるのかもしれないが、生息は確認できなかった。どこかにはいるのかもしれない。イモリはいるのだが、なんとなくメダカがいるとうれしい。メダカがいててほしいと思いながら、その場を後にした。

posted by 進 敏朗 at 21:06| Comment(0) | 河辺の叙景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投網第3次修理

DSCN9991 漁網店.jpg
ぐっと来る「漁網店」看板

修理した網を受け取りに東近江の漁網店へ。
「ようけつかまはった(捕られた)な。これは直せませんわ」と、修理中に電話で漁網店のお母さんから連絡があり、網の部分全替えとなった。新品同様のぴかぴかとなったが、代金もまた、新品を買うのと同様のレベルとなった。

DSCN0050 新調した網.jpg
新品同様となった網

過去の記事を振り返ると2014年5月に購入したが、早くもシーズン終わりには袋の部分が「底抜け」して修理。10尺(約3メートル)だったものを8尺(約2.4メートル)に切り上げ、広がる面積が約3分の2に縮小。
さらに16年にも破れ目の修理を施した。購入6シーズン終了後の今回の修理は、3度目となるが、破れ目の繕いでは済まなかった。縫っても縫っても、つぎつぎと糸が切れ、ナイロン糸そのものが劣化しているから、これはあかんわ、ということになったのだった。
しかし、鎖の部分や、綱の部分は使えるので再利用。

思えばこの6シーズン、がむしゃらに川や琵琶湖岸で網を投げまくっていたが、水にくぐる回数が多いほど、劣化も早まるというものだろう。夏の陽射しの下、紫外線を浴びせまくったこともナイロンの劣化を進めただろうが、投網は夏がメーンなのでこれはやむを得ないだろう。

修理できた今回の網、網の長さが5年ぶりに、もとの10尺に戻った。これで編の広さが、昨シーズンまでの約1.5倍に!
これは次、琵琶湖や川に行ったら、どれだけ捕れるだろうと期待が膨らむが、網が広くなった分、障害物による引っ掛かりの可能性も高まるわけだから、破損にはこれまで以上に気を付けねばならない。

今後は、同じ魚を捕るにしても、網を長持ちさせることを念頭に、もっとスマートに、少ない手数で成果を出すことを考えていきたい。
posted by 進 敏朗 at 19:05| Comment(0) | 漁撈活動記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする