2021年08月28日

招かざる生物

池を見たら、繁茂しているはずのトチアオイなどの水草がなくなっており、おかしいなと思い、嫌な予感がした。
先日池の中に小さなザリガニがおり、よく見ると、1匹ではなくたくさんいた。

お盆前後に数日間降り続いた大雨の際、水路を歩いて上がって来たのだろうか。
池の水を地下からくみ上げ、少量ずつ掛け流しとしていたが、この間、少々水量が多くて、ザリガニのいる用水路まで水がつながった状態が、長期間にわたって続いてしまったのかもしれない。溝には段差があるが、水かさが増えた時には、ザリガニはどうにかして上がってこれるようだ。
あるいは、やつらは雨の夜なんかは、陸上を歩いて移動しているのかもしれない。

ザリガニは水草を食べるのだ。
招かざる生物と言えば、ツチガエルもかなり繁殖して、この8月、にぎやかな脂ぎった鳴き声を大合唱していたが、隣家がわりと離れていることもあって、まだ許容できた。
カエルはダンゴムシや蚊だって食べてくれるのだ。
しかしザリガニはそうした益もないうえ、筆者は苦手であった。
小学生のころまでは捕獲して飼う等していたが、死んだ姿のグロテスクさが耐えられなくなった。
ザリガニを放逐すべく、メダカを掬ったうえで水抜きをするしかないだろう。
posted by 進 敏朗 at 00:00| Comment(0) | メダカ池記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする